節約したい方は必見!お金をかけずにゴールデンウィークを楽しむ方法

  • 2016/3/28
お金をかけずにゴールデンウィークを楽しむ

せっかくのゴールデンウィーク、楽しみたいけどお金はかけたくない…という方もいるのではないでしょうか?節約したい方は必見!お金をかけずにゴールデンウィークを楽しむ方法を伝授します。

・読書
定番の「家での過ごし方」といえば、読書でしょう。書店でお気に入りの本を買っておくのもいいですし、公共図書館で本を借りれば全くお金がかかりません。連休に読みたい本は、あらかじめ予約しておくといいですね。長い時間をとれるので、シリーズを読破したり、気になっている作家さんの本を読み漁ったり、いつもと違うジャンルの本に挑戦してみたり、いろいろ楽しめそうです。

・畑やガーデニング
週末農業や家庭菜園、ガーデニングに取り組む方が増えています。家に緑があると、心が落ち着きますね。実は、5月に種まきをする野菜や花がたくさんあります。野菜でいうとピーマンやきゅうり、ミニトマト、枝豆、オクラなど、5月に植える野菜は初心者にも簡単なものが多いのでオススメです。花でいうと、コスモスやひまわり、朝顔などおなじみの花が並びます。気温も温かくなり、外で土いじりをするには適した気候になってきます。今年、新たな野菜や花にチャレンジしてみてはいかがでしょう?

・無料で楽しめるスポットに出かける
テーマパークや遊園地ではないですが、無料で楽しめるスポットもたくさんあります。ゴールデンウィークなどの祝日もやっている場所を探してみました。

最近人気の工場見学は、土日祝日にやっているところが意外と少ないです。行きたいところがあれば、あらかじめ調べておいたほうがいいでしょう。羽田空港でのJALの航空教室は、年末年始以外はやっているようです。普段は入れない、飛行機の格納庫も見学できます。また、グリコの工場見学ができるグリコピアも一部休館日と重なりますが、見学可能な日があります。こちらもネットでの予約が必要です。また、キリンの工場も見学できるところがあるので、各工場の開館カレンダーを確認してください。こちらでは、無料でビールやジュースの試飲もできるのでオススメです。

また、ゴールデンウィーク最終日であるこどもの日は、全国各地の動物園・公園・水族館などで子ども向けに無料開放を行っています。中には、大人も無料になる場所もあります。ぜひ周りの施設はどうなっているか調べてみてください。自治体の広報に情報が載る場合もあるので、要チェックですね。

さらに、全国に1079か所ある道の駅も、今やグルメやショッピングにとどまらず、1日楽しめるスポットとして人気が出ています。例えば、群馬県の「道の駅川場田園プラザ」では、陶芸やブルーベリーの摘み取り、ゴルフなどが体験でき、また、宿泊施設まで整っているという充実ぶりで、「関東好きな道の駅」5年連続第1位に輝いています。レストランなども充実しているので、1日中楽しめます。また、千葉県の「道の駅ちくら潮風王国」は、すぐそばが海岸になっており、干潮時には潮だまりで生き物観察をすることができ、子供たちに人気があります。広々とした芝生広場では、ドッグランもできます。館内は、海鮮料理を扱うお店が多く、海のそばならではの新鮮な魚介類を楽しむことができます。もちろん、家から弁当を持参して、広場で食べるのも気持ちがいいですね。

お金をかけずに楽しむ方法、意外とたくさんありますね。これを参考に、充実したゴールデンウィークを過ごしてほしいと思います。

関連記事

ライター体験レポート

  1. 40000
    ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. enchibote
    肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 花占いをするカップル
    様々な環境、それぞれの人生、多様な価値観、広がる希望、狭くなる関係・・・ 占いの世界から見える物語…
  2. Beautiful woman legs with shoes.Fashion styles 2
    オフィスで働いていると、黒・白・ベージュ・グレーなどのいわゆる無難な色合いの服装になりがち。確かに無…
  3. ダイエットフード
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  4. 脱毛
    誕生日にTBCのクーポンが送られてきたので気軽にワキの脱毛のお試しを受けました。私自身今通っているサ…
  5. fashion clothing on hangers at the show
    2015年の春夏の流行のキーワードはエフォートレスだそうです。 英語ではeffortless。 …

カテゴリー

ページ上部へ戻る