ゴールデンではない魚

  • 2015/4/30

五月晴れ美しくお出かけしたくなるゴールデンウィーク(お出かけしないといけないような気持ちになる、というのが正直な気持ちなのだけれど)。

そういえば先月のお花見は、まだまだ肌寒くって、桜は美しいのだけれども、花冷え、花曇り、となるほどよく言ったもので、お外での長居は少々堪える。

五月になるとさすがに気温も上がり、猫背のあの人も、いつもよりシャンとして見えてくる。
出不精の私も、これはどこかに行かなくちゃ!という強迫観念との闘いが始まる。

さて、重い腰を上げて、それでも人並みに、“旅先のお土産です”なんて言って、職場の待ち合いにさりげなく大胆に、美味しいとは言い難いクッキーなんかの詰め合わせを置いてみたいじゃないの。

まるでリア充を気取って、休暇の自慢話をしてみたいような、ばかばかしいような。

気になるのが渋滞情報よね。
数多ある渋滞予測のアプリのあれを見ても、こちらを開いても、結果は同じく真っ赤赤。

カレンダーに目をやると、知ってたつもりの現実に辟易する。そして安堵もする。
ゴールデンウィークが明けたら、次の連休はお盆まで、ないじゃない。

気持ちばかりと、海の日が休日になったとはいえ(余談だけれどこの先、海の日があるなら山の日、陸の日、田んぼの日、牧場の日、湖の日、川の日・・・とどこで収拾をつけるのかしら?)帰省や旅行に使うほどの連休とは言い難いのもほんとのところ。

旅行会社のパンフレットも、ゴールデンウィークの日程は場合によってはお正月料金並みに割り増し価格。

どこに行っても人の山。学術名、人だかり(うそ)。
賢い現代女性は考える。
休日に疲れることを選ぶのは正しい選択か。
という切実な現実を。

夏の休暇まで体力気力を温存するには、ゴールデンウィークこそ自分とそのお財布事情への、愛あるふるまいが肝心ではないか。

ほらほら、博多どんたくでは200万人を超える動員数ですって。

最近お肌だって荒れているわ。
五月よ五月。
よく耳にするじゃない。
五月は実は紫外線の強い時期です、なんて。

ほらごらん。
ウィークエンドドライバーが交通事故ですって。

親友のあの娘も、サービス業に就いたからにはまさか休暇はとれないじゃない。

そうよ、ゴールデンウィークこそ自分を磨く時間に充てちゃうことにしようじゃないの。
美容院の予約は・・いっぱいですって。ちぇっ、みんな暇してるのね。
そうだわ、しばらくなまけていた英会話の練習もいいわね。

ゴールデンウィークって英語なのかしら。
あら、違うのね。
あ、そうそう、金魚にご飯をあげなくちゃ。

金魚。
ゴールデンフィッシュなんて言うのかしら。
辞書辞書・・めんどうだわ。
グーグル翻訳の方が手っ取り早いね。

Golden・・あれ?でないわね。
金魚・・Gold fish!!

金魚にまで笑われた気がしたゴールデンウィーク。
そうして私は、毎年毎年ゴールデンウィークは外出しなければ症候群に勝利し、インドアで過ごしきる。

お隣さんには、屋根より低い鯉のぼり。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 夏のお悩み対策
    夏と言えば薄着の季節、女性としては、汗、臭い、日焼け、無駄毛、化粧崩れ…様々な季節特有の悩みがあるこ…
  2. 群馬県前橋市にある赤城クローネンベルクは、赤城山麓を背景にドイツの街並みを再現した体験型テーマパーク…
  3. のとじま水族館は、石川県七尾市能登島の「のとじま臨海公園」にあります。石川県唯一の水族館で、能登半島…
  4. 脱毛
    グレース銀座脱毛店に通っていました。 フェイシャルの脱毛ができるということと、「コラーゲンパック」…
  5. あわただしくすぎていく毎日の中で、落ち着いて、読書をする時間を確保するのは難しいのが現実。たとえば読…
  6. 春夏定番服
    春夏に大活躍のブランド、アイテムは色々ありますが、その中でもシンプルかつ気軽に日々のコーデのベースに…
  7. 東京、横浜には近代の文化遺産、歴史的建造物が数多くありますが、赤レンガの建物はそれほど残っていません…
  8. お金をかけずにゴールデンウィークを楽しむ
    せっかくのゴールデンウィーク、楽しみたいけどお金はかけたくない…という方もいるのではないでしょうか?…
  9. パンケーキ
    ○ふわふわ派?しっとり派? 根強い人気のパンケーキ。専門店も多くありますが、お家でも簡単に美味しい…
  10. 草食系男子に肉食系女子……昨今は控えめで弱々しい男子と男まさりの女子という構図が話題になり定着しつつ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る