イタリアの隠された魅力!’温泉’でセラピー&エステ!

  • 2016/10/17

イタリアの魅力と言うとまず思いつくのは、「食べ物」「ショッピング」「観光」と言ったあたりだと思います。しかし、イタリアは実は「温泉大国」でもあるんです。
イタリアには火山が多いので、国内には2000を超す温泉があるんですよ。
しかし日本の温泉とはその趣きも楽しみ方もちょっと違うんです。
今回は「イタリアの温泉」についてまとめてみます。

■イタリアの温泉、その楽しみ方は?
実はイタリアでの温泉のイメージはまずは「セラピー」、つまり「治療」なんです。日本でも「湯治」をされる方がいらっしゃいますが、どちらかと言えば中高年の方ですよね。
でもイタリアでは、アトピー、喘息、関節痛など様々な健康上の問題を抱える人が、医師に処方箋を出してもらった上で温泉にセラピーに行くんです。
医師の処方箋がないと出来ないセラピーがある、と言う事はそれだけ効果があると言う事なんですね。
このような治療目的で行く温泉だけではなく、家族がレジャー感覚で行く温泉(イメージ的には巨大温泉プール)、温泉のテーマパーク、そして「スパ」や「エステ」が売りの温泉など、実にバラエティー豊かなんです。
日本の温泉は「癒し」のイメージが強いのでちょっと趣きが違いますね。

■女性にオススメの温泉の楽しみ方
日本から観光でイタリアを訪れる女性にぜひオススメしたいのが、「スパ」や「エステ」が併設されている温泉です。
中には日本でも話題になっている「ファンゴパック」が受けれるところも沢山!
温泉地には、ホテルが沢山あり、だいたいどこのホテルにも「温泉水のプール」が併設されています。
そしてホテルによって様々なエステメニューが用意されています。
ファンゴパックなら、30ユーロ前後と言うのが一般的な価格でしょうか。
一つ注意点は、ファンゴエステを受ける前には、メディカルチェックが必要です。血圧を計ったり問診をしたりして、ファンゴエステを受ける事が出来るかをチェックした上で、その人の体質にあったファンゴ(泥)を調合してくれると言うわけです。
ですから、メディカルチェックにも20ユーロ~かかるのと、体質・体調によっては施術を受けられない可能性もあります。

■オススメの温泉地
イタリア最大の都市である「ミラノ」、イタリア観光に来てミラノに行かないと言う方は少ないのではないでしょうか?このミラノから電車で一時間くらいのところにある「パドヴァ(Padova)と言う街にある「アバノテルメ」は、世界的にも有名な美容のための温泉地です。
パトヴァの駅から車で30分くらいのところにあるので、タクシーで行くと良いと思います。
ホテルによって用意されているエステプランは異なりますが、ファンゴパックはどこも25ユーロ~、全身マッサージでも40ユーロ程度ととてもコスパが良いので、ぜひ試してみてくださいね。

いかがでしたか?美容大国でもあるイタリア、アナタもイタリアの温泉で美体験をぜひしてみてくださいね!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ダイエットフード
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  2. 最果て
    グローバル化がすすむ中で日本人に求められていることはなにか? といった議論はあちこちで耳にします。…
  3. 「日本は世界で一番の借金国」「日本の国民は一人当たり800万円の借金を背負っている」という表現を聞い…
  4. シフォンケーキとコーヒー
    オンザデッキ バーラウンジ(福岡) 福岡県福岡市博多区博多駅南1-9-18 1F http://…
  5. 群馬県前橋市にある赤城クローネンベルクは、赤城山麓を背景にドイツの街並みを再現した体験型テーマパーク…
  6. 子供のかんしゃく
    晴れても雨でも嵐でも 育児は続くよどこまでも 子どものかんしゃくには、尾木ママになるべし<その1>…
  7. 弁当
    自分でお弁当を作って、職場や学校に持っていくという弁当女子も多いですね。自分のお気に入りの具材を詰め…
  8. 色彩
    仕事のスキルアップにも、自分磨きにも、多くの現代女性は、すきま時間を工夫して勉強時間を作り出す名人で…
  9. 洋服を選ぶ女性
    自分のファッションを振り返ってみて「なんだか変わり映えしないな・・・。」なんて感じたりしていませんか…
  10. 大流行中のプラセンタ。 みなさんはどのようなものを愛用されていますか? プラセンタと一口に言…

カテゴリー

ページ上部へ戻る