マレーシア移住生活 「クアラルンプールの夜遊びスポット」

  • 2016/9/30

本日はクアラルンプールの夜遊びスポットについてお話したいと思います。

1.CHANGKAT (チャンカット)
nyan18
モノレールBukit Bintangの駅に降りて10分ほど歩くと辿り着くチャンカット。
ジャランアローという屋台街の下り道を降りたところに位置してます。
なんと200メートルも続く道にびっしりと飲み屋やレストランが入ってるのです。
パブからバー、クラブなど色んなお店がそろってます。
お店にもよりますが9時前に行けばハッピーアワーでより安く飲むことができます。
にゃんままは、チャンカットで甘~いカクテル一杯とアップルミントのシシャを頼み、まったりするのが好きです。
チャンカットは、週末になるとKLにこんなに外人がいたっけ?と思うぐらい人で溢れます。
マレーシアで呑むときのTipですが、お手洗いに行かれる時はグラスごと持ってた方が安全でしょう。
たまに見かけるのです。女性同士で飲みにきて、呑む最中気を失いある男性におんぶされその場を去る光景を。。
(参考:www.kuala-lumpur.ws)

2.SKY BAR(スカイバー)
nyan19
Kuala Lumpur City Centreの33Fに位置するスカイバー。
バーのど真ん中にはプールがあり、プールの右側にはツインタワーを眺められるゆったりのレッドソファーが用意されています。このソファー席はRM500以上のご注文で利用できます。
プールの左側には高めのテーブルとイスが用意されてます。
(参照:www.blissfulguro.com)

3. THE WHISKY BAR
nyan20
ウィスキー好きの方ならマストトライBar です。
薄暗いライトに落ち着いたインテリアで大人の空間という雰囲気のお店です。
品揃えも豊富でKLのウィスキーバーの中でもかなりレベルの高いお店。
お値段は日本と比べて割高ですが、マニアの方々は呑めるだけで満足だそうです。

4.Zouk Club
nyan21
KLで一番HOTだと言われるクラブ。
入口は プレミアムエントランス、VIPエントランス、APEX エントランス三つに分かれています。
ドレスコードはスマートカジュアルでOK.
ただし、スリッパ―サンダル、クロス、ベースボールキャップとビニーは禁止。
必ず、入場時は年齢が確認できるパスポートやICカードを持参下さい。
入場する曜日と時間帯によって入場料が違います。

5.Alexis Bistro & Wine Bar
nyan22
KLの大使館が集まる場所にある AmpangのJAZZ ライブ&バー
マレー語で聞くJAZZソングは想像以上に甘くてロマッチクなのです。
公演がある週末は人でほぼ満席、予約は必須です。
行かれる前にホームページでも公演情報が確認出来ます。
http://www.alexis.com.my/html/play_ampang.php
Alexis Bangsar,Sino The Upstairs,Alexis Ampang,Alexis BSC, Alexis Gardens 5か所あるので、お好みの支店にご予約を。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ジェルネイルってサロンでしてもらうと値段も高いし定期的に通う必要が出てきますよね。 だったらお手頃…
  2. 日々のストレスなどで自律神経を壊す人が増えています。特に女性心身のバランスをくずしやすいもの・・・今…
  3. 脱毛
    私は一般的に毛深いほうなので脱毛は欠かせません。今回PMKを選んだのは少し高くても上質なサービスを受…
  4. ノースリーブ、水着、を着たいけど二の腕のブツブツが気になって我慢してしまう…… そんな方に朗報です…
  5. お付き合いも長くなると、彼が近くにいることに慣れてしまってなかなか危機感を感じることが出来ず、相手を…
  6. 一人暮らしや主婦の方が意外と悩むのが、料理の基本。 特に一人暮らしの方などは、今までは家族が料理し…
  7. シャボン玉
    人それぞれ、様々な心模様があることを、貴方はどんな時に感じるでしょう。 これから自分の心に咲く花を…
  8. スピード感ある現代は、一日があっという間に過ぎてしましますね。 そんな時、食事をするために買物…
  9. 大人の人気も高い、世界一大きなネズミ「カピバラ」。そのかわいらしい姿に癒されますね。そんなカピバラに…
  10. スキはガーリーというよりボーイッシュなイメージがありますね。毎回さし色を作ったり、小物使いに気を配っ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る