彼がストーカー化してしまわない「よい別れ方」とは?

  • 2017/7/7

あなたは現在彼と別れようとしていませんか?でもちょっと待っていきなり別れを告げるのはなし!別れ方を間違えると彼がストーカー化してしまう可能性があります。
それを防ぐにはいい別れ方を学びましょう。今回は彼をストーカー化させない!いい別れ方をご紹介します。

1. 彼に猶予期間を与える別れ方

いきなり別れを告げるのはおすすめしません。女性の中ではすでに心の整理がついていて別れるしかない状態になっていても、相手の男性はそういった状況を理解できていない可能性が高いんです。
そんな状態でいきなりショックを与えることは、彼の中であなたへの憎しみが育ってしまう可能性を高めます。
彼がストーカー化するのを防ぐためには、いきなり別れを告げるのではなく少し距離を置いてお互いに考える時間が必要なのではないでしょうか?
時間をかけることで彼に冷静になってもらうことが出来るので、意外にあっさりと別れを受け入れてくれることがあります。
いい別れ方を実現するには時間が大切。彼をストーカー化させないように時間をかけましょう。

2. 別れた後も彼の話を聞く別れ方

別れを告げた後はあなた自身はすっきりとしていても、彼も同じ気持ちでいるとは限りません。昨今、様々なストーカー事件が多発していますが、原因の一つが一方的な拒絶にあります。
話し合いをすることもなく一方的に別れを告げられた男性の中には、フラストレーションがたまり愛情が憎しみに変わる人がいます。
これを防ぐためにはまず相手の話を聞いて、彼の中のもやもやがなくなるのを待つのが最適なんですよ。
話を聞いてもらえたということは、自分を一部でも受け入れてもらえている証しなんですよね。もちろん復縁するつもりがないことは、しっかりと告げる必要があります。
いい別れ方をするには、お互いに納得することが大切。彼をストーカー化させないためには、相手への思いやりも必要と言えますね。

3. あなた以上に好きな人を作る別れ方

これは少し卑怯ですが、彼をストーカー化させないうえで最も有効と言えます。やり方は少し難しいですが、あなた以上に好きになれる相手を探してあげるんです。
もちろんあまりにも分かりやすすぎると、彼を怒らせてしまう可能性があるのでそこは要注意。例えば彼と合いそうな女性と彼を交えて遊びに行くなどが自然と言えます。
新しく好きな人が見つかると、今の相手がかすんで見えるのは男女共通です。新しい恋愛相手が見つかった彼なら、あっさりと別れを受け入れてくれるでしょう。
注意点としては相手の女性が真面目な人であると失敗する可能性が高くなります。いわゆる略奪愛になってしまうので、そういったことに抵抗がない女性に限られますよ。
彼との別れ方が間違っていたばかりに、ストーカー被害にあう女性がたくさんいます。そういった事態を避けるためには、女性側もいい別れ方を熟知しておく必要がますね。今回ご紹介したいい別れ方を参考にしてくださると幸いです。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ゴールデンウィークと言えばレジャーや旅行など、普段はできないことをやろう!という人が多いでしょう。し…
  2. 夕暮れのワットポー
    毎年、人気の海外旅行先に挙げられるタイ。タイへ旅行する人にはリピーターや長期滞在者が多いのが特徴です…
  3. 何だか知らないうちに、あわただしく過ぎ行く毎日。あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と目の前の仕事、…
  4. 富士急ハイランドは、山梨県富士吉田にある遊園地です。絶叫系アトラクションが多いですが、子ども向けのア…
  5. 朝目覚める女性
    明日こそは早起きしよう!と思って眠りについても、いざ翌朝になって目覚ましが鳴ると「あと5分・・・」と…
  6. 雨の季節・・。 雨が降ると、気分までジメジメしてしまうのよね。 そんな時、雨でも元気にお出掛…
  7. スプーンにのった塩
    男性 11,4g 女性 9、6g この数字・・・・なにを表していると思いますか? 実は・…
  8. なりたい職業
    皆さんは、小さな頃どんな職業になりたいと言っていましたか? 身近にはあまりいないような、ドラマや漫…
  9. 脱毛
    ・銀座カラー千葉店を選んだ理由 脱毛をしたいと思ったきっかけは、自己処理が面倒だったためです。脇の…
  10. 焼きそば
    これからの大型連休、もうご予定はたてましたか?旅行に行かれる方も多いと思います。 今回は旅先で手軽…

カテゴリー

ページ上部へ戻る