グルメ受け間違いなし!オススメのフランスワイン

  • 2017/7/10

日本でも人気のワイン。
近年はますますワインファンが増えていますね。
ワインは世界中で作られていますが、やはり日本で人気のあるワインと言えば「フランスワイン」ではないでしょうか?
世界第2位のワイン生産量をフランス。
有名ワインも多いので「ワインと言えばフランス」と言う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はオススメのフランスワインを5種類ご紹介させていただきます。
お友達とテーブルを囲む機会にぜひ美味しいフランスワインで花を添えてくださいね!

①シャブリ(白)
まずご紹介するのは「シャブリ」です。
ブルゴーニュ地方のシャブリ地区で生産されるワインです。
辛口で爽やかな口当たりが魅力で、魚料理との相性も最高です。
意外に和食との相性も良く、魚介類がたっぷり入ったお鍋+キンと冷えたシャブリ、なんて組み合わせは最高ですよ!
銘柄によっては、樽のフルーティーな香りが特徴的なモノもあり、女性でも飲みやすいのでオススメですよ!

②カオール(赤)
「カオール」は、ロート県、ドルドーニュ地方の一部、カオールの町の周辺などで生産されているワインです。
このあたりのブドウ畑は、フランスで最も古いブドウ畑の一つなんですよ。
カオールは「黒ワイン」と呼ばれるほど、濃厚で芳醇な味わいで知られています。
肉料理やチーズとの相性がバツグン!
飲み物に「セクシー」と言う言い方をするのはおかしいかもしれませんが、このワインほどセクシーと言う言葉がピッタリなワインはありません。
クリスマスを恋人と過ごすと言う方にオススメかも!

③シャトーパラディ(ロゼ)
女性にファンの多い「ロゼ」
美味しいフランスのロゼが知りたい!と言う方にぜひおすすめしたいのが「シャトーパラディ」です。
シャトー・パラディの畑は、トレヴァレス山脈のデュランス台地に位置しており、しっかりした味わいの中にも、繊細で花を思わせるノートが感じられ、多くのワイン評論家に絶賛されているワインなんです。1本2000円前後と、コスパも良いのでぜひ試してみてくださいね!

④カベルネ・ソーヴィニヨン(赤)
ワインに特に詳しくない方でも一度は名前を聞いた事があるのではないでしょうか?
カベルネ・ソーヴィニヨンは、主にボルドー地方で栽培されている「黒ブドウの王様」と言われているブドウを使った赤ワインです。
果実本来の美味しさを感じたい!と言う方にはオススメです!
濃厚で飲み応えがあるのに、決して重くはないので、自然と杯を重ねてしまいます。
肉料理やチーズとの相性はぴったりですし、チョコレートと一緒に味わうのもオススメです。

⑤ロマネ・コンティ(赤)
言わずとも知れた「世界最高級」とも言われるワインの王様的存在の赤ワインです。
なぜ高級かと言うと、原料となるブドウが厳選されており、希少価値が高いからです。
「飲むより語らえる事の方が多いワイン」とも言われるほど!
そしてその名声を裏切らず、味わいも世界最高峰レベルなんです。
1本数十万円(DRCは安くても30万円~とも)なので、気軽にオススメは出来ませんが、一生に一度の特別な日・・・にはふさわしいかもしれません。

いかがでしたか?フランスワインのオススメ銘柄を5つご紹介させていただきました。
ワインは非常に奥が深い飲み物です。
ぜひいろんな銘柄を試して、自分のお気に入りの一本を見つけてくださいね!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. スイーツ
    ○見たら胸きゅん間違いなし! よそのお家にお邪魔する時に手土産を何にしようかと毎回悩みませんか?そ…
  2. アメリカ・サンフランシスコの大学に4年間留学した、20代女性へのインタビュー<後半>です。留学中、留…
  3. 女性なら誰でも、ストッキングを履く機会があると思います。ちょっとオシャレをしようと思った時、ワンポイ…
  4. せっかく買った服が一度洗ったら縮んでしまって…… お気に入りの服が数回着たら毛玉だらけに…… …
  5. ダイエットフード
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  6. ホテルでランチ
    連休はレジャースポットに遊びに行くのもいいですが、ホテルやレストランで優雅なランチタイムを過ごすのも…
  7. 大好きな彼と一緒に住める、とワクワクしている女性必見です。同棲するとやはり年中一緒にいるわけですから…
  8. 最近、肌の回復が遅い、高価なものを使っているのになかなか肌が 元気になってくれない・・・なんて思っ…
  9. 美術館
    京都と大阪の境目・大山崎を阪急電車で通ると、天下分け目の戦いで有名な天王山を見ることができます。 …
  10. 新たな金融政策が必要になった  アベノミクスの政策の一環として、新たな金融政策が行なわれました。こ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る