知ってた?自分に合った香水の選び方

  • 2017/1/18

みなさんは、何か香水をつけていますか?
香りと言うのは、ダイレクトに人間の脳に記憶として刻まれますよね。
ある香りを嗅ぐと、特定の人の顔が浮かぶなんて事はありませんか?

つまり、あなたのトレードマークになる事もあるのが香りなんです。
そこで今回は、自分に合った香水の選び方をご紹介していきたいと思います。

これまで何種類か香水をつけてみたけれと、これだ!と思うものには出会えていないと言う方は、もしかしたら選び方が間違っているのかも・・・。
ぜひ香水選びの参考にしてみてくださいね!

■香水選びは4つのポイントを押させて!
自分に合った香水になかなか巡り合えない、そんな方はぜひ次の3つのポイントを意識して選んでみてください。

①ボトルの可愛さや流行りで選ばない
可愛いルックスの香水、思わず買ってしまう事ってありませんか?
また、流行っているからと言う理由で香水を買って、失敗したなと感じる方も多いようです。

いくらボトルが可愛くても、肝心の香りが自分好みじゃないと意味がありませんし、流行っている香りと言うのは、万人受けする要素はあっても、アナタが気にいるか?と言うのはまた別問題です。

②1日つけてから購入
香水を購入する時には、みなさん「試香」はされる事と思います。
しかし、そこでいい香り!と思っても、その場で買うのはやめましょう。
なぜかと言うと、香水と言うのは、時間の経過とともに香りが変化していきますし、さらに個人の持っている体臭と混ざり合う事で微妙に変化していくからです。
誰かがつけていて、いいなと思った香りを買ったのに、自分がつけたらイマイチだったと言う経験をされた方は少なくないと思いますが、これは香水の特性によるものだったんですね。
なので、香水を買う時は必ず試香してから一日様子をみましょう。
つけてすぐの香りは好きでも、数時間後の香りは好みじゃないなんて事も十分に考えられます。

③自分の求めるイメージを明確に
香水と言うのは、ファションやメイクと同じです。なのでまずは「どんな自分になりたいか」を明確にイメージする事がとても大切です。
いくらいい香り!と思っても、あまりにもなりたい自分とイメージが違うと、買っても結局はつけないなんて事になりかねません。
可愛い感じを求めるなら、フルーツ系やフローラル系、アクティブな感じになりたいなら柑橘系、セクシーな感じなら、ムスク系、ちょっとスパイスが効いている香りがオススメです。

この3つのポイントを押せれば、かなりの確率で自分に合った香水を選ぶ事ができますよ!
さらに、ちょっと不安な方は、リスクヘッジとしてまずはミニボトルを購入してとりあえずつけてみると言うのもオススメです。

いかがでしたか?自分に合った香りに出会った時って、これだ!となんだか懐かしいような、もしくは電流に打たれたような、そんな気持ちになるものです。
逆に、いい香りだけどなんとなく居心地が悪い感じがするものは、やはり自分に合っておらず、数回つけておしまいになる事が多いんですよね。

自分に合った香りに出会うのは、もしかしたら簡単な事ではないかもしれません。なので、とにかくたくさんの香水を試香してみてください。
きっといつか「運命の香水」に出会う事が出来ると思いますよ!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. シリーズ4でワインについて調べましたが、他のお酒についても知っておこうと思い、調べてみました。 今…
  2. 特選お土産
    ゴールデンウィークは、観光や帰省で地方へ出かけることが多い時期です。休み明けに職場や学校でお土産を渡…
  3. 絵本を読む母と子
    食事への配慮はするけれど、まだ文字も読めない赤ちゃんに“心にも栄養を”と言われても、いまいちピンとこ…
  4. お腹の肉
    ■生大根ダイエットってなに? 「生大根ダイエット」とは、ズバリ「生の大根を食べるだけ」というダイエ…
  5. 様々な人間関係や仕事のことで悩んでいる貴女。毎日お疲れ様です。なかなか癒しを感じる機会もなくなってき…
  6. 何だか知らないうちに、あわただしく過ぎ行く毎日。あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と目の前の仕事、…
  7. 白って汚れるのが気になってしまったり、コーデをしようとしても上手くキマらなかったり。 ベーシックな…
  8. 世界的な歌姫、「ビヨンセ」が試して結果を出したと話題になっているという「マスタークレンズダイエット」…
  9. ダイエットフード
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  10. 朝目覚める女性
    明日こそは早起きしよう!と思って眠りについても、いざ翌朝になって目覚ましが鳴ると「あと5分・・・」と…

カテゴリー

ページ上部へ戻る