男性が恋から覚める瞬間

  • 2017/2/10

昨日まではラブラブだったハズなのに、今日はなんだか不機嫌。もしかしたら、何かやらかした? 相手がどうして怒っているかもわからないまま、関係が終わってしまった、なんて経験ありませんか?
女性と男性は違う生き物。だから、男性が急に恋から覚めてしまう瞬間に気づかなかったりもするんです。
もしもあなたが、この恋を最後の恋にしたい!と感じているなら「男性が恋から覚める瞬間」を周りの男性達から聞き出してみた事をリストアップしてみました。
いつまでもラブラブでいるためにも、ぜひ、参考にして下さいね!

関係に十分な時間を作らない時
女性にだって仕事があります。もちろん、趣味だってあるし、友達だっています。彼との時間だけを大切にすることは出来ません。それでも、男性は、二人の時間を最優先にしてくれている、という実感を欲しがっています。
実際には仕事が忙しくて、会う時間がなかなか取れないということもあると思います。そんな時に、「忙しいんだから仕方ない」とばっさり切り捨てるよりも、「私も会いたいけど、今日はどうしても時間が取れない」と、二人の時間を大切にしているニュアンスを伝えてあげることがとても大切なんです。

SEXが義務的だと感じる時
付き合っていれば、夜の時間もとても大切です。特に、男性にとっては、相手を自分のものだと認識する重要な時間なんです。そんな時に、あなたが、義務のように相手をしたり、集中できずにいると、男性は一瞬で覚めてしまうということがあるようです。
関係の継続には、身体の相性はとても重要です。二人で協力して、時間をより良く、充実させることで、男性の愛はさらに深まりますよ。

あなたがあまりにも批判的にな時
恋人と言っても他人です。性格も違うし、育ち方も違うので、ちょっとしたことが気になったり、イライラしたりすることがあるかもしれません。
そんなときに、強い口調で、相手を批判したりするのは、絶対にNGです。
男性は、とてもプライドが高い生き物なので、女性に卑下されて見られるのを嫌う傾向があります。相手を見下したような態度で、批判するのはやめましょう。
また、これは、ほかの人に対しても同じです。男性は、デート中に、あなたの口から、友人や通りすがりの人を批判するような言葉を聞くことは望んでいません。それはそのまま、自分も批判される対象になり得ると感じさせるからです。
それに、せっかくのデートが嫌な雰囲気になってしまいますよね。誰かを批判することは慎んで、彼との時間を楽しむことに集中しましょう!

あなたが彼の夢や野望をサポートしていない時
男性は、年齢に関係なく、夢を追いかけたいと思っています。小さなことかも知れません。到底かなえられないような壮大なことかもしれません。莫大なお金がかかるようなことかもしれません。
でも、それを、「無理だよ」と決めつけてしまうのはちょっと待ってください。男性は、夢の実現に向けて、あなたが力を貸してくれることを望んでいるのです。男性だって時間・お金のことを考えて、無理だとわかっていたとしても、「頑張って欲しい」と願って欲しいのです。
自分の夢や野望を受け入れてもらった時、彼にとってあなたは運命の相手としてふさわしくなるでしょう。

あなたが自分自身に注意を払うのを止める時
男性にとって女性とはとても神秘的な存在です。
関係が長くなって、一緒に暮らし始めれば、いつも綺麗に化粧をしたり、髪をセットしたりすることは難しいかもしれません。それでも、最低限の部分で、「女性」でいて欲しいと思っています。
たとえば、ムダ毛の処理。たとえば、眉毛。
ともすれば、おざなりになってしまうこともあるかもしれませんが、男性はそういうところで、恋から覚めてしまうのです。
忙しいからといってノーメークにぼさぼさの髪にしているようなことはないように心がけましょう。

あなたが彼の友人や家族の前で彼を雑に扱う時
前にも書きましたが、男性というのは、プライドの高い生き物です。なので、家族や友人の前で、あなたに雑に扱われると、とてもいやな気分になります。亭主関白でありたいわけではなくても、ある程度、尊敬されたいと思っているし、誰かの前では、決してそれを崩したくないのです。
二人でいる時は多少雑に扱ってもそんなに怒らなかったのに、家族や友達の前では、キレられた、というエピソードは沢山聞きます。
女性は一歩下がって、ではないですが、男性を立てたり、尊敬しているという態度をしめすことは、関係を良好に保つためにも、「結婚を意識する相手」として見てもらうためにも重要なことですよ!

男性のプライドを上手にくすぐりながら、関係が急に終わってしまうなんてことが無いように、気を付けましょう。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. トースト
    ○少しのアレンジで大変身! 朝食やブランチなどで食べることが多いトースト。玉子とベーコンを焼いてサ…
  2. 唇メイク
    ぷるるんをした唇って触りたくなりませんか? 魅力的な唇にする「唇メイク」は思わずチューしたくなりま…
  3. 今大流行中のプラセンタ。 美しくなるための方法は何でも知っておきたい実行したい・・・それが女性とい…
  4. 美容家のIKKOさん、綺麗ですよね~。 なんといっても、美に対するあの情熱と、あの努力!こころから尊…
  5. お付き合いも長くなると、彼が近くにいることに慣れてしまってなかなか危機感を感じることが出来ず、相手を…
  6. 「ダイエットはしたい」「スイーツはカロリーが高い」「自分で作れば低カロリー」「でも時間をかけてまで作…
  7. 日焼け対策
    日焼け対策していますか? 日焼け対策は「正しい」日焼け止めの選び方がポイントなんですよ。 あなた…
  8. お茶でコミニュケーション
    ☆価値観のお話☆ 人と自分を比べて大きく違うことのひとつに、価値観というものがありますね。 どう…
  9. 20代女子に観てもらいたい映画第三弾です その3 「プラダを着た悪魔」 2006年…
  10. 出雲大社
    東京の千代田区にある平将門首塚のタタリって、都市伝説として聞いたことありますよね。明治時代は大蔵省敷…

カテゴリー

ページ上部へ戻る