認識が全然違う? バレンタインデー!

  • 2017/1/27

もう直ぐバレンタインデーがやってきますね。アメリカではクリスマスホリデーが過ぎた辺りから、店頭には赤やピンクのバレンタインデーグッズが沢山並んでいます。日本のバレンタインデーは、女性から男性にチョコレートを贈り、自分の気持ちを伝える日ですよね。アメリカでもバレンタインデーは、一年を通して最もロマンチックな日なのですが、日本とはちょっと違う事をご存知でしょうか?

アメリカ流バレンタインデー

●「女性から男性へ」ではない
日本とは逆にアメリカでは男性から女性に思いを伝えたりプレゼントを贈るのが一般的ですが、男女関係なく、恋人間や夫婦間で愛を表現する大切なイベントとして捉えられています。男性からでも女性からでも、そこに愛があればいいのです。

●義理チョコはない
アメリカでのバレンタインデーは、あくまでも「愛」がテーマなので、義理チョコという概念はありません。バレンタインデー当日に、職場などに自分で焼いたブラウニーやクッキーなどを持ってくる女性はいますが、あくまでも「義理」ではなく「作ったので、良かったらどうぞ」というサラッとした感覚です。

●ホワイトデーはない
日本ではバレンタインデーと並んで一大イベントですが、アメリカにホワイトデーは存在しません。実はホワイトデーは日本で生まれた独自のイベントで、アメリカ人には頂いた物に対してお礼のプレゼントを贈るという考えや風習はないのです。

●学校のビッグイベント
アメリカの子供にとってもバレンタインデーはビッグイベントです。多くの小学校では、クラスメイトとカードやチョコレート、スナック類の交換が出来る楽しいイベントになっています。バレンタインデー時期になると、店頭には子供用のバレンタインデーカードや配りやすい様に小分けされたスナック類が沢山並びます。

アメリカ流バレンタインデーのプレゼント
バレンタインデーにはプレゼントを贈るだけでなく、恋人や夫婦でロマンチックなレストランで食事を楽しんだり、映画を観に行ったりする事も多いです。アメリカ人がバレンタインデーに外食やプレゼントに費やす金額はどの位だと思いますか?アメリカ国勢調査局によると、平均出費額は$146.84(約1万4千円)だそうで、アメリカ人がバレンタインデーを大切にしているという印象を受けますよね。

バレンタインデーのプレゼントは、定番のチョコレートだけではありません。アメリカ国勢調査結果に基づいて、アメリカ人男性が女性へのプレゼントに選ぶ3大人気商品を紹介したいと思います。

1位 ジュエリー
ネックレス、指輪、ピアスなどのジュエリーで、女性なら誰でも貰って嬉しいプレゼントですから納得ですよね。アメリカ人男性は一般的にロマンチックな演出が大好きなので、バレンタインデーに婚約指輪と一緒にプロポーズする人もいるんですよ。今頃、ドキドキしながらバレンタインデーを待っている女性もいるかもしれませんね。

2位 ビューティーグッズ
化粧品や香水などを渡す男性が多いそうです。化粧品は女性にとって必須アイテムですし、香水をつけているアメリカ人女性は多いので、おしゃれで実用的なアイテムとして人気があるのでしょうね。

3位 花
一番人気は、やはり薔薇の花束。花束を直接渡す方法よりも喜ばれるのが、こっそり恋人や奥さんの職場に花を届けるという方法です。日本人はちょっと恥ずかしいと感じるかもしれませんが、アメリカ人女性はこういったサプライズが大好き。これはバレンタインデーに限らず、誕生日にも使われるサプライズなんですよ。

何をプレゼントするにしても、欠かせないのが心のこもったカードです。アメリカはカード大国で、バレンタインデーに限らず、誕生日、結婚記念日、クリスマスなどのイベント時にカードを渡す習慣があります。

日本とアメリカの風習や文化の違いはあるけれど、バレンタインデーが愛を伝える日である事には変わりありません。ぜひ、愛溢れるロマンチックなバレンタインデーをお過ごし下さい。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 結婚の
    結婚適齢期を迎え、そろそろ結婚して子供がほしいな~なんて思っても相手がいないとそういうわけにもいきま…
  2. 今爆発的に人気の水素水。 その水素水ををお風呂で楽々吸収しましょう。 水素水の飲酒は腸からの…
  3. 東京という町が経済都市であるならば、京都は日本の文化都市。年間5162万人(2013年)外国人観光客…
  4. 脱毛体験
    私が銀座カラーで脱毛を申し込もうと思った理由は、初回限定コースにひじ下&ひざ下コースがあったからです…
  5. 連休は青春18きっぷでゆったり鉄道旅なんていかがでしょう?青春18きっぷは学生の貧乏旅行の味方、とい…
  6. なんだか、自分はいつも同じパターンで失敗しているとか、どうして同じような恋愛しかできないんだろうって…
  7. 万年筆。使ったことありますか? なんか仕事デキる社会人って感じしませんか? 何を隠そう、デキ…
  8. 女子会 お店
    恋も仕事もソツなくこなす東京のオトナ女子が集まる場所には、質の高い料理と美味しいお酒が必要不可欠です…
  9. オーソドックスな白いシャツ。洗いざらしの清潔感あふれる雰囲気は、いつの時代でも、どの年代の方にも似合…
  10. オフィスで働いていると、黒・白・ベージュ・グレーなどのいわゆる無難な色合いの服装になりがち。確かに無…

カテゴリー

ページ上部へ戻る