気になる髪のまとまりを持続させる方法

  • 2017/2/6

くせ毛や乾燥毛でまとまりにくい、量が多くて扱いづらい、そのような悩みを持つ女性は多いのではないでしょうか。切ったその時はいいけど伸びるとすぐまとまらなくなるといったこともあると思いますそのような方はどこに気をつければいいのかなど、美容師視点でのアドバイスをまとめてみました。

◎「洗い流さないトリートメント」を見直してみる
今や洗い流さないトリートメントはごく一般的に購入でき、使用している方はとても多いと思います。ですが、せっかく購入しても髪質に合っていないと効果が薄れてしまいます。自分の髪質に合ったものを選ぶようにしましょう。

例えば、カラーなどを繰り返しダメージが強く切れ毛や枝毛が多い方はオイルタイプのものがいいでしょう。ただ、オイルタイプのものでも、その種類によって効果が多少異なります。髪が広がりやすい方は保湿効果が高いもの、手ぐしが通りにくい方はサラサラになりやすくしてくれるタイプのものがいいでしょう。

髪の量がそこまで多くない方などが保湿効果の高いものを利用してしまうと逆に髪がべたつき、ボリュームが出にくくなってしまいます。また根元の方につけ過ぎても同じことになるので毛先を中心につけるようにしましょう。

くせ毛や乾燥毛の方は保湿効果の高いものがオススメです。しっとり感を持続させてくれるので、シャンプー後などはそのタイプを利用し、さらにしっかりドライヤーで乾かしてあげるとより効果的です。

ですが、乾燥毛の方の場合、オイルタイプでは少し時間が経つと蒸発し、すぐに乾燥してしまう場合もあります。ですので今までオイルタイプのものを使用していて効果に満足できなかったという方は保湿効果の高いクリームタイプのものを使用してみるのもいいでしょう。オイルタイプよりもしっとり感が持続ずる場合もあります。

◎美容室でのオーダー方法を見直してみる
実は髪のまとまりにはカット方法なども関係しています。例えば、髪の量が多くて悩んでいる方の場合、ただ量を減らせばいいというわけではありません。特に乾燥毛やくせ毛の方はスキバサミによってたくさん梳かれてしまうと、毛先の方がペラペラになってしまい切ったその時はよくても伸びるとまとまりにくくなってしまいます。

ですので、「軽くはしたいけどスキすぎるとまとまりにくくなるのである程度重さは残して欲しい」と伝えるといいでしょう。その髪質やオーダーにあった切り方をしてくれるはずです。もちろん髪の量を減らす上である程度梳くことも必要なこともありますが、梳かずに軽くすることも可能です。髪の悩みはカットの前のカウンセリングでしっかり伝えるとまとまりのいい髪に仕上がる可能性がぐっと上がります。

◎ハンドブローを心がける
髪を乾かす際、まとまりを持続させるには気をつけたほうがいい点が幾つかあります。ブラシを使ってしっかりブローするのが効果的ではありますが、なかなか時間もなかったり、自分で全てブローするのは難しい方もいると思います。なので是非ハンドブローだけでも意識してみましょう。

ほとんどの人は「生えグセ」というのがあります。これはぱっと見はストレートヘアでも根元に生えグセがある方もいます。ですので髪を乾かす際、必ずまず根元を乾かしたほうがいいでしょう。毛先だけ乾かしても時間が経つと根本の生えグセが原因でまとまりが悪くなります。

また、髪が広がりやすい方は髪を後ろから前に引っ張るように乾かすと効果的です。この際しっかり引っ張り、テンションをかけてあげることでクセも伸び、ツヤも出ます。そして後ろから前に引っ張ることでボリュームを抑えることができます。乾かし方一つでも大きな違いが出ますので意識してみるといいでしょう。

髪のまとまりを持続させるには、カットと日頃のケアが最も重要です。悩んでいることは美容師さんにしっかり相談し、自分でもできることはできる限りケアを怠らないようにしていくといいでしょう。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 脱毛
    レイビス仙台で脱毛をしてきました。レイビスの良さは20時まで入店できるので仕事の帰りでも安心して通え…
  2. お付き合いも長くなると、彼が近くにいることに慣れてしまってなかなか危機感を感じることが出来ず、相手を…
  3. ファミレス
    老若男女問わず利用する安価でおいしいと評判の「ファミリー・レストラン」通称「ファミレス」は私たちの便…
  4. San Francisco
    日本を離れて海外に住みたい女性が増えているという現実を皆さんはご存知でしょうか?「サンフランシスコの…
  5. 「日本は世界で一番の借金国」「日本の国民は一人当たり800万円の借金を背負っている」という表現を聞い…
  6. 大流行中のプラセンタ。 みなさんはどのようなものを愛用されていますか? プラセンタと一口に言…
  7. 唇メイク
    ぷるるんをした唇って触りたくなりませんか? 魅力的な唇にする「唇メイク」は思わずチューしたくなりま…
  8. パワースポット
    女性から見た男性が描く、「恋愛運」をアップさせるパワースポットであなたの恋愛運も飛躍的に上がる!かも…
  9. イタリア
    20代の頃とは違って30代からは少し大人の旅行をしてみませんか?大人の旅行と言っても色々とありますが…
  10. 前回に引き続き、お酒について調べてみよう! ということで、今回はその洋酒編です。 洋酒はかなり種類…

カテゴリー

ページ上部へ戻る