人気のアプリ「Tinder」を使ってみた

  • 2017/2/20

さっそくですが皆さんはTinderというアプリ、ご存知でしょうか?
もう使ってみた!使っている!という方はどれくらいいらっしゃるんでしょう…?

私と同じく「なんじゃそりゃ?」という方のために簡単に説明しますと、Tinderはアメリカを中心に流行っているらしいアプリで、多分「出会い系」に分類されるんだと思います。出会い系と聞くと身構えてしまう私ですが、多くの出会い系が「相手の素性と、自分の個人情報とかに気を付ければだいたい大丈夫」である(と思われる)ように、Tinderも常識的な使い方をすれば大丈夫なものだと思います。

え~実は私の周りでも流行りまして、私も一瞬使ってみました(笑)
今回はその感想を。あくまで感想なので、推薦も否定もしません。やってみたいと思ってる方のご参考になればいいなと思います。

Tinderの操作はとっても簡単。アプリをダウンロードしたら、Facebookアカウントでログインしまして、写真(最大6枚)と自己紹介などを簡単に書き、マッチングしたい相手の性別や居住地域(自分のいる地点から半径○kmなど)を設定します。

これだけ。

私は個人的に「Facebookアカウントと連動させて~~」というシステムはあまり利用したくないのでちょっと戸惑いましたが、友達にやれやれと催促されたので意を決しました。

なお「年収○円以上」とか「職業は医者!」とかいう条件設定はありません。ていうかできません(笑)
Tinderでは、相手の写真を見て、好きか嫌いかどちらかを選ぶという非常に直感的な、ほぼ見た目重視のマッチングしかできません。
なので、「本気で結婚相手や恋愛相手を探している人には向かない」と言えると思います。
結婚相手に顔しか求めないという人は別として。

設定したら、Tinderが勝手に写真を見せてくれるので、好き or 嫌いを判定します。
バツマークをタップしたら、「Nope(却下)」。
ハートは「Like(好き)」。
星は、「Super Like(超好き)」。
「Nope」したら、次の人の写真が表示されます。こちらが「Like」を送った相手が自分にも「Like」を送ってくれると、マッチング成立し、メッセージのやりとりができるようになります。マッチング成立するまでは、お互いのことは特に知らされません。「Super Like」は相手に通知されますが、無償版は1日1回のみ。また、もしSuper Likeを受け取った場合は、その人の写真が表示されるのですが、LikeかNopeかを選ばないと他の人を見ることができません。

好き嫌い選択の操作はタップでもできますが、本来はスワイプで行うもので、操作性の簡単さがこのアプリの売りだと思います。
…ですが、これが慣れるまでちょ~厄介!
ちょっと写真の下の方が見たい…などというつもりで、うっかりスクロールしたら「Super Like」を送ってしまったり…。一回やらかしました…。
うぁ~~キャンセルしたい!と思ったら、そこは有料だったので、もうほっときました。結局何にもなかったけど(それはそれで。笑)

このお気軽さは、見知らぬ人同士でもすれ違いざまにニッコリ笑い合って会話が始まっちゃう、オープンでフレンドリーなアメリカ文化だからこそ流行っているような気がしますが、Tinderは日本でも流行っているのでしょうか?

私の抱いた感想はと言いますと、1日で飽きました。しかも勧誘してきた友人の方が飽きるの早かったです(笑)

尚この友人は、19歳女子というきゃぴきゃぴ盛りのアメリカ人で、近頃特に「彼氏が欲しい」という話題で盛り上がっているので、Tinderもダウンロード後すごくはしゃいで使っていました。最終的には7人とマッチングして6人と実際の番号も交換したらしいですが…。次の日には「飽きた」と言ってアカウント消していました(笑)
いわく「最初の24時間は超楽しいけど、写真見てスワイプするだけだから飽きる」だそう。
会話が続いていた男の子と会おうという話にまでなったそうですが、やはりそこは怖いらしくて、やめたみたいです。

他のサイトでも「暇つぶしにはいい」と書かれていましたが、実際、暇つぶしか一時的な擬似トキメキを得る以外に、あまりメリットないかも…と、暇も余裕も度胸もない私は思ったのでした。

イケメンカタログとでも思って(表示されるのがイケメンとは限らないですが)遊び感覚で使ってみるのは、楽しいかもしれません。近隣にこんな人がいるんだなぁと思って見るのもおもしろいかも。ただ、推薦も否定もしないと書きましたが、真剣に交際相手を探していらっしゃる方にだけは、このアプリはあんまりオススメできないですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. テレビアニメを見る
    014年の夏に全米デビューした『ドラえもん』。ディズニーXD子供向けチャンネルで放送されている英語版…
  2. 東京、横浜には近代の文化遺産、歴史的建造物が数多くありますが、赤レンガの建物はそれほど残っていません…
  3. お付き合いも長くなると、彼が近くにいることに慣れてしまってなかなか危機感を感じることが出来ず、相手を…
  4. 「日本は世界で一番の借金国」「日本の国民は一人当たり800万円の借金を背負っている」という表現を聞い…
  5. 洋服を選ぶ女性
    自分のファッションを振り返ってみて「なんだか変わり映えしないな・・・。」なんて感じたりしていませんか…
  6. 横浜
    住みたい街ランキング上位に毎年、君臨する横浜。 街のいたる場所に海外との歴史の深さを感じさせる日本…
  7. 突然ですが、外見のお手入れはどこまで力を入れていますか?10代、20代前半には気にしていなかった見た…
  8. 京都の路面電車
    毎日の生活が忙しく、リラックスする時間を確保することができないあなた。 ゴールデンウィークの長期休…
  9. 勉強する
    職業訓練は就職を約束するものではないのだけどね。 習得した技能を生かすことのできる就職先を、見つけ…
  10. 20代女子に観てもらいたい映画第三弾です その3 「プラダを着た悪魔」 2006年…

カテゴリー

ページ上部へ戻る