ニューヨーカー必須、オシャレで便利なバックパックブランド

  • 2017/3/29

バックパック。リュックサック、ナップサック、デイパックという呼び方もあり、本当はなんて言ったらいいの?なんて思うことはありませんか?アメリカではバックパックが通称。お店で“リュックを探しているのですが。”と聞いても通じないので呼び方を覚えておきましょう。さて、バックパックが大好きなアメリカ人。アウトドアはもちろんのこと、ビジネスにもアフターファイブにも、そしてママバッグとしても多くの人が活用しています。

忙しいニューヨーカーたち。コーヒー片手に、もう片方では携帯電話で話しながら道を歩く人の姿をよく目にします。そんな場合でもバックパックなら両手が使えて便利。しかも肩や腰が痛くなりにくい。そして都会的でファッショナブル。そんな理由で使用している女性がとても多いのです。

ファッションが大好きなアメリカ人女性。珍しいバッグや小物を持っていると、知らない人にでも“これ、どこで買ったの?”と愛嬌たっぷりに聞いてきます。人のお洒落にもとても感心を持っていて、個性的なファッションを常に探しているようです。

アメリカ人とひとくくりに言っても、ここは大きな国。田舎や都会、場所によってファッションも違ってきます。例えばニューヨークではシンプル且つ機能的なバッグが圧倒的な人気です。色やデザインも服にマッチしていればお洒落な仕上がりに。そこで今回はニューヨーカー女性に愛されているバックパックのブランドを5つ紹介致します!ぜひファッションの参考にしてみて下さい。ニューヨーク観光に行く予定の方は、ぜひ店舗を覗いてみて下さいね。

①Brooklyn Industires(ブルックリン・インダストリーズ)
アーティストだったレクシー・ファンとそのパートナーが1988年に創立。メッセンジャーバッグのデザインから始まり、今では大人から子供までの洋服、バッグ、アクセサリーを扱うお店。現在マンハッタンに5店舗、ブルックリン9店舗、シカゴやポートランドにもお店がオープンしました。日本ではオンラインのみ扱っています。ここのバッグの素晴らしいところは、一生涯の保証が付いていること。破れたり壊れたりした際、お店に持参するか送付すれば修理してくれるそうです。
公式サイト(英語)はこちら。http://www.brooklynindustries.com



②Herschel Supply Co(ハーシェルサプライ)
カナダはバンクーバー発のバッグブランド。こちらも2009年にスタートしたばかりで比較的歴史が浅いです。ジェイミーとリンドン兄弟によって設立。ボストンバッグやトートバッグ、財布などの小物が充実しています。ビンテージ感漂うクラシックなデザインで種類も豊富。そのラインナップは選ぶのに困ってしまうほど!ニューヨークでも誕生当初から注目されていて、特にバックパックは高校生から大人まで大人気です。子供サイズもとても可愛い。
公式サイト(英語)はこちら。http://www.herschelsupply.com

③LLBean(エルエルビーン)
日本でも知らない人はいないほど有名なブランドですね。発祥の地はメイン州ポートランド。1912年創立の歴史あるアウトドア・ブランドです。洋服、バッグ、アウトドア用品、小物を取り扱う。ここのバッグはトートバッグが有名ですが、ニューヨーカーはここでもバックパック。丈夫で機能性があり、何度洗濯しても傷みません。ウォータープルーフなのが嬉しいですね。日本に店舗もありますが、アメリカからお取り寄せもできます。小学生、中学生の通学バックとしても評判が良く、お土産や贈り物にいかがですか?
公式サイトはこちら。http://www.llbean.co.jp/shop/c

④Patagonia(パタゴニア)
こちらもアウトドア用衣料用品の他、バッグや靴が有名。ノースフェイスやコロンビアなどと同じくらい知名度の高いブランド。アウトドア好きの方の評価が他のブランドに比べると高いです。 無農薬のオーガニックコットンや非塩素処理のウール製品を扱うなど、環境に配慮する商品として知られています。女性用のバックパックは色彩が綺麗で、しかもリサイクル・ポリエステルを使用した商品でエコ、そして耐久性に優れています。
公式サイトはこちら。http://www.patagonia.jp/shop/mens

⑤Fjallraven(フェールラーベン)
スウェーデン王室御用たちのアウトドアブランド。日本でもテレビドラマの影響で、カンケンバッグが瞬く間に有名になりましたね。そのカンケンバッグはこのブランドの象徴的アイテムですが、カンケンとは“持ち運ぶ”という意味があるそうです。ニューヨークでも20代〜30代の女性を中心に大人気。お手頃の価格とそのデザインや色彩が魅力です。 日本国内にも店舗が幾つかあり、日本では黒、水色、ピンクが人気だそうです。
公式サイトはこちら。 http://fjallraven.jp

ニューヨーカーが好きなバックパックのブランドを5つ紹介しましたが、いかがでしたか?彼女たちはシャネルやグッチなどのハイエンドの高級ブランドバッグに偏りません。普段は機能的なバックパック。パーティーに行く時は着飾ってクラッチなどのお洒落な小さなバッグを持つ。TPOの使い分けがとても上手なのです。 貴方もニューヨーカーのようなお洒落を目指しませんか?お気に入りのバックパックが見つかるといいですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 脱毛
    誕生日にTBCのクーポンが送られてきたので気軽にワキの脱毛のお試しを受けました。私自身今通っているサ…
  2. 運命
    みなさんは「運命の人」を信じますか? 私は運命論者でもなく、あまりそういったことに興味がなかっ…
  3. 特選お土産
    ゴールデンウィークは、観光や帰省で地方へ出かけることが多い時期です。休み明けに職場や学校でお土産を渡…
  4. 名古屋のモーニングセット
    旅行先で訪れたいカフェ、今回は名古屋編です。 ちょっと狭い地域でピンポイントにリストアップしてみま…
  5. 北海道の見所
    北海道は札幌雪祭りなどの影響からか冬のイメージが強いですが、実はゴールデンウィークでも見どころ満載な…
  6. 人間関係はどこにいっても大変です。だけど、逃げてばかりいられないのが人間の辛い現実です。風水は身の回…
  7. レストランで「ワインでも飲もうか」という流れになり、ワインリストを手渡されたとして。 美味しくて料…
  8. 冷凍技術の進化のおかげで最近の冷凍食品のクオリティはますます上がっています。 これを上手く活用しな…
  9. 養老保険とは?  生命保険のひとつに養老保険というものがあります。生命保険とは契約期間中に被保険者…
  10. のとじま水族館は、石川県七尾市能登島の「のとじま臨海公園」にあります。石川県唯一の水族館で、能登半島…

カテゴリー

ページ上部へ戻る