彼が本当に私を大好きなのか知りたい時

  • 2017/4/21

恋人が私を本当に愛しているのか疑問が沸いてくる瞬間があります。今ちょうど恋人になったけど減った連絡や長期間の恋愛でお互いの感情が鈍感になった場合、彼の心を確認したくなりがちです。しかしこんな時、相手の心を確認したくて嫉妬心を誘発したり、別れ話をする極端な方法はお互いの信頼を崩してしまうことになります。それで今回は恋人の愛に確信を持つことができる方法を紹介します。

その1.言葉より行動が重要
誰より幸せにしてあげたいという彼の感動的な言葉。そしてそれを実践しようとする姿が見えたら、その人をぜったいのがしてはいけません。 こうした行動は彼は愛するあなたのために最善を尽くして努力しているという証拠であります! 例えば、連絡がなくて残念といった時、彼が「その部分についてはかくかくに努力するよ。」とあなたを理解して心をとかしてくれたら彼は自分の言葉を直接行動に移ろうとすることです。 だから彼に感謝の気持ちを伝え、自分もそれに応えるために努力する必要があります。

その2.公開恋愛
愛する恋人ができたなら、わくわくする感情であちこちに恋愛の始まりを知らせたくなるのが人の心理です。彼があなたとの恋愛を堂々と知らせたのも、あなたを愛しているという証拠であります。その反面、周辺すべての人に恋人を隠そうとすれば「この人は私を本当に愛しているのかな?」という疑いが沸いてくるはずです。また、ソロのふりをしたり、密かに合コンに出た場合、彼の対する信頼が崩れることになりますが、周辺状況に口実をつくったり恋愛の事実を隠すなど、愛する恋人に傷を与える行動をすればこのような人と長い時間を共有する必要はないでしょう。ですので自分の恋人がもし公開するのを避けていたならちゃんと話し合ってみるのが大事です。

その3.一緒にいたいという情熱
時間が経てば恋愛初期のように、毎日会ったり朝が明けるまで続く通話を真面目にするには力がかかるかもしれません。しかし、だからといって彼の愛が冷めたわけではありません。会う回数よりは自分と一緒にしたいのかその心が重要です! どこにいても良い所を知った時、おいしい店を知った時、あなたと一緒に行きたいと思う彼の姿を見ることができたら、それは彼が本当にあなたを愛しているという証拠です。だから連絡が少ないと悩むよりは彼がどれほど自分と一緒にいたがり、自分を考えてくれるかについて考えて見ることがもっと重要です。

その4.熱い視線
誰かを愛する時、一番先に表に出るのは相手を見つめる目の輝きです。 一瞬でももっと会いたくなったり、相手の魅力にはまってしまった瞬間、あなたを見つめる目の輝きはひそかにキラキラしているはずです。だから、あなたから目を離さない彼の目をよく見るようにしてください。その熱いまなざしがいるなら、敢えて愛を述べなくても彼の心を知ることができます。自分が彼を見つめる目のような目つきで彼が自分を見つめるならそれはもう確認する必要がないほど完璧な愛です。

その5.些細なことも忘れない
普段通りのちょっとした些細な一言を忘れずに覚えていてくれるどんな食べ物にアレルギーがあるという言葉を忘れないでその食べ物を除けてくれたり、行きたかったけど忙しくて忘れていた展示会期間をチェックしてデートコースに入れておくなど、些細な一言にも耳を傾けてくれる彼は、あなたを心から愛していると言っても過言ではありません。このように自分自身も本人が言ったことを忘れてしまうほど昔に言った言葉であるにもかかわらず、相手が覚えてくれているのならそれほど嬉しいことはないです。そんな彼の思いと相応にあなたも彼の些細な一言をちゃんと覚えるように努力しましょう。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ゴールデンウィーク
    ウキウキ・わくわくするのが長期連休ですよね?特に社会人になるとなかなか長期でお休みなんてのは、少ない…
  2. オフィスで働いていると、黒・白・ベージュ・グレーなどのいわゆる無難な色合いの服装になりがち。確かに無…
  3. 御朱印帳
    “御朱印”という言葉、聞いたことありますか? パワースポット巡りが流行ったのとあわせて、“御朱印集…
  4. 子供の頃、家族で潮干狩りに行って、めちゃくちゃ楽しかった!という記憶がある方も多いはず。 お子さん…
  5. ダイエットや健康に気を付けてエクササイズをするのはオススメですが、毎日1時間も2時間もかけてすること…
  6. 洋服選び
    女性が「初夏に着たい!」といえば、柄のものが先ず浮かびますよねー!! 今回はデザインやテキスタイル…
  7. 腹痛
    一か月に一度、女性が悩まさる生理痛は女性にとって憂鬱なものです。ですが、どんなに憂鬱でも女性にとって…
  8. 東京という町が経済都市であるならば、京都は日本の文化都市。年間5162万人(2013年)外国人観光客…
  9. UV対策
    「UVケア」と聞くと、お顔や肌の日焼け止めをイメージされるかもしれませんが、実は頭皮や髪の毛はお肌の…
  10. 近頃は、結婚式の形もいろいろと変化し、昔のように盛大に豪華にあげるといったことも少なくなってきました…

カテゴリー

ページ上部へ戻る