彼氏が欲しいけど恋愛ベタな女性へのアドバイス

  • 2017/4/17

最初から否定的なことを言いたくはありませんが、多くの人たちが共感する言葉があります。それは恋愛は大方成功的でないということ。恋愛ベタのせいで不本意ながら相手に傷を与えたり、数年後も耳を塞いだり布団を蹴っ飛ばしたくなるほどの「黒歴史」を残したりもするのですが、そうした状況を最大限に避けるために、今回は賢明に恋愛する方法について紹介します。基本的な事ではありますが、忘れていたりするものです。

その1.全てのプライベートを分かち合う必要はない
一番よく犯すミスはどれくらい近づけばいいのかを判断できないということです。 恋人だからって自分と自分の人生をすべて明らかに話す必要はありません。関係というものは誠実さと正直さが非常に重要ですが、それとは関連がなかったり敢えて知る必要がない、関係に役立たない内容ならそのまま秘密にして置いた方がいいです。 是が非でも緊張しすぎたあまり、自分の短所まで素直に言ってしまっては関係が深まる前にむしろ終わってしまう可能性があるので注意する必要があります。

その2.趣味を共有する
この大切な恋愛をうまく維持したいならお互いの趣味を共有した方がいいです。相手が好きなものや私が好きなことを一緒にやってみて、二人とも好きなことがあればたびたび一緒にその趣味を楽しむのがいいです。それだけでなく、二人で最初から新しい趣味を作って見るのも良い方法の一つです。そうするとその関係は、愛する恋人に止まっているだけでなくお互いに楽しく時間を過ごすことができる良い友達の間に発展することができるはずです。

その3.自分の感情を表現する
元から愛情表現をよく言う人ではなかったと? それは言い訳になりません。 恋愛を始めたならそしてその人を愛してるなら、意識的にでも「ありがとう」、「好きだ」、「愛してる」という言葉をたびたびでも言ってください。「この気持ち知ってるだろう」と思っているのは本人の好きなように利己的に考えているだけです。人なら素直に自分の心は表現することに気づくべきですし、そうするからこそ相手も自分の心を十分に分かることができます。だから恋をするときに恥ずかしくても素直な愛情表現をしようと努力してください。

その4.わざわざ嫉妬心を誘発するのは禁物
相手が自分のことをもっと好きになって欲しいとか、そして自分自身がどれ程大切なのか知って欲しいという気持ちは誰でも持っています。しかし、だからといって内心が明らかな嫉妬心の誘発用言動はしないでください。いたずらに他の異性との関係をアピールしてしまうと相手はあなたをもっと愛することになるのではなく、心が複雑になり結局はあきれると同時にあなたのそんな態度に失望してしまうでしょう。時々不安になる気持ちは十分わかりますが、こんな時こそ相手の立場になって配慮してくれる心が大事です。

その5.自分自身を愛すること
これはすべての恋愛で当てはまることです。多くの人たちが恋愛感情に陥って、相手だけを考えて、相手だけを思い、相手だけを優先するようになります。しかし、このような態度は自分の存在を小さくなるようにしてしまい、自分の人生が恋愛の流れに大きく左右されるようにしてしまいます。良い恋愛、健康な恋愛をするためにはまず自分が自らを愛して尊重することができなければなりません。本人から自らを愛し始めると、恋人もあなたをもっと愛しい存在として感じるはずです。ですので恋人を愛する気持ちの大きさの分だけ自分も愛してみようと努力してみてください!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 香水
    いい香りは自分の気持ちを幸福にさせ周囲の人をも魅了する力があります。 香水の世界を楽しみましょう!…
  2. 手をつなぐカップル
    気になるあの人との初デート。何を着て行こう、何を話そうなんてドキドキするものですよね。そんな楽しみな…
  3. 手ぬぐい
    一枚持つと、普通のハンカチでは物足りなくなる「手ぬぐい」。 使うほどに手触りも吸水量もよくなるし、…
  4. なりたい職業
    皆さんは、小さな頃どんな職業になりたいと言っていましたか? 身近にはあまりいないような、ドラマや漫…
  5. 美味しく健康的な食事を作るのに大切なことは新鮮な食材を使うことです。 今回は食材ごとに鮮度の見分け…
  6. サラダニソワーズ
    これからの季節にピッタリ、ツナ缶を利用した簡単でおいしいフランスのサラダレシピ だんだん温かく…
  7. 突然ですが、あなたの普段使いのバッグ、重いですか?それとも軽いですか? 実は、私のバッグは先…
  8. シンク
    毎日、私たちの健康の源となる食事が作られる場所は一番衛生的でなければいけません。 ですが食材を…
  9. 美容家のIKKOさん、綺麗ですよね~。 なんといっても、美に対するあの情熱と、あの努力!こころから尊…
  10. iPadをはじめ、タブレットを持っている人も多くなりましたよね。 私もnexus7を愛用しています…

カテゴリー

ページ上部へ戻る