彼氏が欲しいけど恋愛ベタな女性へのアドバイス

  • 2017/4/17

最初から否定的なことを言いたくはありませんが、多くの人たちが共感する言葉があります。それは恋愛は大方成功的でないということ。恋愛ベタのせいで不本意ながら相手に傷を与えたり、数年後も耳を塞いだり布団を蹴っ飛ばしたくなるほどの「黒歴史」を残したりもするのですが、そうした状況を最大限に避けるために、今回は賢明に恋愛する方法について紹介します。基本的な事ではありますが、忘れていたりするものです。

その1.全てのプライベートを分かち合う必要はない
一番よく犯すミスはどれくらい近づけばいいのかを判断できないということです。 恋人だからって自分と自分の人生をすべて明らかに話す必要はありません。関係というものは誠実さと正直さが非常に重要ですが、それとは関連がなかったり敢えて知る必要がない、関係に役立たない内容ならそのまま秘密にして置いた方がいいです。 是が非でも緊張しすぎたあまり、自分の短所まで素直に言ってしまっては関係が深まる前にむしろ終わってしまう可能性があるので注意する必要があります。

その2.趣味を共有する
この大切な恋愛をうまく維持したいならお互いの趣味を共有した方がいいです。相手が好きなものや私が好きなことを一緒にやってみて、二人とも好きなことがあればたびたび一緒にその趣味を楽しむのがいいです。それだけでなく、二人で最初から新しい趣味を作って見るのも良い方法の一つです。そうするとその関係は、愛する恋人に止まっているだけでなくお互いに楽しく時間を過ごすことができる良い友達の間に発展することができるはずです。

その3.自分の感情を表現する
元から愛情表現をよく言う人ではなかったと? それは言い訳になりません。 恋愛を始めたならそしてその人を愛してるなら、意識的にでも「ありがとう」、「好きだ」、「愛してる」という言葉をたびたびでも言ってください。「この気持ち知ってるだろう」と思っているのは本人の好きなように利己的に考えているだけです。人なら素直に自分の心は表現することに気づくべきですし、そうするからこそ相手も自分の心を十分に分かることができます。だから恋をするときに恥ずかしくても素直な愛情表現をしようと努力してください。

その4.わざわざ嫉妬心を誘発するのは禁物
相手が自分のことをもっと好きになって欲しいとか、そして自分自身がどれ程大切なのか知って欲しいという気持ちは誰でも持っています。しかし、だからといって内心が明らかな嫉妬心の誘発用言動はしないでください。いたずらに他の異性との関係をアピールしてしまうと相手はあなたをもっと愛することになるのではなく、心が複雑になり結局はあきれると同時にあなたのそんな態度に失望してしまうでしょう。時々不安になる気持ちは十分わかりますが、こんな時こそ相手の立場になって配慮してくれる心が大事です。

その5.自分自身を愛すること
これはすべての恋愛で当てはまることです。多くの人たちが恋愛感情に陥って、相手だけを考えて、相手だけを思い、相手だけを優先するようになります。しかし、このような態度は自分の存在を小さくなるようにしてしまい、自分の人生が恋愛の流れに大きく左右されるようにしてしまいます。良い恋愛、健康な恋愛をするためにはまず自分が自らを愛して尊重することができなければなりません。本人から自らを愛し始めると、恋人もあなたをもっと愛しい存在として感じるはずです。ですので恋人を愛する気持ちの大きさの分だけ自分も愛してみようと努力してみてください!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 出雲大社
    東京の千代田区にある平将門首塚のタタリって、都市伝説として聞いたことありますよね。明治時代は大蔵省敷…
  2. 京都・寺町通にある「プティ・タ・プティ」というお店。 建物は伝統的な京町家、でもウインドウを覗けば…
  3. マッピング
    ディズニーランドでも、投影されて話題になった、プロジェクトマッピング!! パソコンで作成したCG・…
  4. 前回に引き続き、お酒について調べてみよう! ということで、今回はその洋酒編です。 洋酒はかなり種類…
  5. プールサイドで日焼けする女性
    夏は、海に山に、テーマパークや海外にと、いろんなイベントが目白押しですよね。 強い日差しの中、長時…
  6. 人が多いのが苦手という方にオススメの穴場スポット
    ゴールデンウィークといえば、渋滞や人混みは避けては通れない問題ですね。しかし、例年そこまで混雑しない…
  7. 色彩
    仕事のスキルアップにも、自分磨きにも、多くの現代女性は、すきま時間を工夫して勉強時間を作り出す名人で…
  8. 和食
    いろいろネットやメディアでグルメ情報が飛び交っている中、食べ物に関する関心が人々の間で増えているのも…
  9. 近頃は、結婚式の形もいろいろと変化し、昔のように盛大に豪華にあげるといったことも少なくなってきました…
  10. 日帰り旅行
    さーて、今週末は、祝日も重なって3連休。せっかくの休みだし、行ったことがないところに行ってみたいな。…

カテゴリー

ページ上部へ戻る