恋愛をしない、面倒くさがる人の特徴

  • 2017/5/17

一人でいることに慣れてしまった人もたまに恋愛をする人たちを見れば幸せそうだなと思うときもあるし、たまにはうらやましく感じたりもします。しかし、いざ恋愛をしてみようかなと思うとその過程がただ面倒に感じられるあなた。恋愛を面倒に感じている人たちは思ったより多いんですが、誤解はしないでください。恋愛を嫌がる人たちは問題があるのではありません。ただ状況や性向がそうであるだけですが、それならそのような性向とはいったい何でしょうか。

その1.連絡を取るのが面倒くさい
友達であれ恋人であれ、さらには家族との連絡も面倒がっている人がいます。携帯電話をいつもそばに置いているのでなく、遠くのどこかにほうっておいて他の仕事をする人たちには、連絡にこだわらなければならない状況そのものが好きではありません。しかし、頻繁な連絡は恋愛の必須だといえますよね。 だから連絡することが面倒な人は恋愛を面倒だと思うしかありません。このような人が恋愛をするためには連絡の頻度についてあまり気にしていない人と付き合う方法しかないでしょう。

その2.インドアタイプの人
「お家が最高だ」、「布団の外は危険だ」をモットーとして生きていく人たちは他人を会うのがやや煩わしくて、家で一人で過ごすのが好きです。「家で一人で過ごしたら退屈じゃない?」という質問をよく聞かれますが、彼らにとってはむしろ家の中でやれることが無尽蔵です。部屋で一人で映画を見たり、本を読んだり、好きな趣味活動を考えるだけでも楽しくなる彼らにとって恋愛は遠い話。もし、恋愛をしたいなら似たような性向の人に出会ったり、インドアとアウトドアを両立している人が良いでしょう。

その3.人と会うのがあまり好きではない
人そのものが好きな外交的な人もいますが、多くの人たちに会うことをあまり好まない内向的な人もいます。彼らは親しい人である何人かとの関係だけを維持することでも対人関係で満足感を感じており、あまり親しくはなかったり性格が合わない他人に注ぐエネルギーはもったいないと思います。むしろそのエネルギーを自分のために使おうとする彼らに未来の恋人に会うことは容易に起こらないでしょう。自分のためにエネルギーを使うのもいいですが、たまには他人にもそのエネルギーを使ってみるのはいかがですか。

その4.現実的で考え深い
普通考えが多ければ心配が多くなるものです。まだ始まってもいないのにその前に終わりを考えるようになって、メリットよりデメリットの方を事前に察してしまう彼らに恋愛の始まりは難しくならざるを得ません。いつの間にか疲れてこのような恋愛をするよりは安定的な現在の状況を固守するという判断を下すはずです。でも、本当に好きな相手がいて、彼と恋愛をしたいのに単純に考えることが多くて恋愛を断念しようとするなら、過度な心配はやめて変化を試みて見るのはどうですか?むしろ自分が一人でした悩んでいたものとは違って、全く違う方向に展開される可能性も十分に多いのであまり心配しないでください。

その5.恋愛以外にも大事なことが多い
恋愛をしようとすれば出来なくもないけれど、一旦目の前に重要なことが多い状況では、恋愛はぜいたくであり面倒な事だと感じられるしかないです。勉強、仕事、自己啓発など。すでに自分の人生は十分に忙しくて、この仕事を通じて十分な達成感と意味を感じる彼らにとって恋愛はあまり重要ではないです。それでももし恋愛がしたいなら、やはり似たような環境でいる人か、自己啓発をしながら出会うようになった人々との関係を真剣に深めていく方法しかないでしょう。やはり一石二鳥というものはなかなか難しいものです。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 極上お宿プラン
    彼氏、彼女と長期連休には泊まってどこかに行きたいですよね?年始から数えて初めての長期連休は大概ゴール…
  2. オシャレ 夏のグルメ
    いよいよ夏に突入!楽しいこといっぱいの夏がやってきますね。 夏の楽しみの1つとして、やっぱり外で飲…
  3. テレビアニメを見る
    014年の夏に全米デビューした『ドラえもん』。ディズニーXD子供向けチャンネルで放送されている英語版…
  4. 人が多いのが苦手という方にオススメの穴場スポット
    ゴールデンウィークといえば、渋滞や人混みは避けては通れない問題ですね。しかし、例年そこまで混雑しない…
  5. 物をうまく収納するには、それぞれの方位に適した物をしまうことで運気が上昇するという、ラッキー収納が風…
  6. 群馬県前橋市にある赤城クローネンベルクは、赤城山麓を背景にドイツの街並みを再現した体験型テーマパーク…
  7. 脱毛体験
    私が銀座カラーで脱毛を申し込もうと思った理由は、初回限定コースにひじ下&ひざ下コースがあったからです…
  8. 分け目をかえるたびに、たまに、光り方がちがう毛が混じっていることが。個人差がありますが、早い方だと、…
  9. ワンシーズンかぎりで履きつぶす、遊び心まんさいの流行の靴は素敵です。  けれど、おとなの女性なら、…
  10. 瀬戸内海に浮かぶ小さな島「直島」をご存知でしょうか。香川県の北に位置するこの島は、現代アートの島とし…

カテゴリー

ページ上部へ戻る