彼、夫を大切に扱う恋愛のテクニックとは?

  • 2017/5/22

世の中で最も自分と近い人。親や兄弟よりも私をよく知っているようだし、私に起こったことは隅々までよく知っており、たまに私よりも私をよく知っているような人が即ち彼、夫です。このように近い人と幸せなことばかりしていたらどんなにいいのでしょうけれども、近いだけに簡単に衝突したりもします。 しかし、このようなトラブルはとにかく否定的なものではないです。賢明に臨むなら、むしろトラブルを回避することよりも対立するのが長期的に関係にもっといいんですが、今回は賢明に関係を導いていくことができる方法について紹介します。

その1.とにかく大声を出さない
喧嘩に感情的な口調を収め始めると、実際に争うことになった理由はますます薄れるいくことになります。そのために実際に何が起こったかを明確にして他のところに漏れて行かないようにすることが重要ですが,もしあなたが声を上げられなくても相手が次第に激高して声を高めら、感情的に対立するよりも引き続き声を上げないように努力しなければなりません。相手が興奮する態度に歩調を合わせてしまえば誰かが先にというのもなく両方が次第に果てしなく怒るようになるからです。こんな時こそ、お互いが相手の敵ではない事実を忘れず、最大限のマナーを守りながら意見を対立することが重要です。

その2.自分のミスを認める
もし自分自身の立場で考えたときに自分がミスを犯していないということに確信を持っているとしても、わざとではなかったとしても自分がミスを犯したかも知れないという可能性を開いておくようにしてください。特に相手が怒った場合にはさらにそうする必要がありますが、人は絶対に理由もなく怒ったりしません。だから相手が言う言葉にきっともう少しでも真実が盛り込まれているだろうという考えで相手の言葉を傾聴する態度がみせることが大事です。誰もがそうであるように相手話しているのに自分の考えが正しいという態度を示せば、どんな人であろうともう会話したくなくなるはずです。

その3.簡単な問題を説明する
恋人との喧嘩で一番最初の段階で構成されなければならない部分でもあるんですが、問題があるときは何が問題なのかを複雑ではなく簡単に説明することが重要です。相手が全然分からない場合に残念だという理由で口をつぐんでは問題が何なのかを自分で推測してもらいたいというのはあまり良い態度ではありません。「君が~すれば私は~するから問題が生じる」っていうふうに状況を説明して、相手の答えを聞くことが争いの基礎です。相手が恋人という理由だけで過度に甘えることよりは彼、夫であるまえに成人男女という認識を持って落ち着いて会話していく必要があります。

その4.喧嘩ではない問題解決が目標
喧嘩で勝ち負けなどはありません。争いを一つの勝負のように考え始めたら、お互いに対する愛情と尊重は消えて、自尊心争いだけが残るようになりがちです。どちらも「ごめんね」という言葉を先に言わないようになるだろうし、その二人の間には激しい駆け引きだけが続くのです。こういうときは恋人は愛をもとに結ばれた関係であることを想起して、この争いの根本的な目的は勝つのではなく、問題を解決することということを忘れてはいけません。

その5.汚い言葉は使わない
汚い言葉を含め卑俗語を使いながら恋人と喧嘩をすることは実際に起こったことを少し大げさにさせて極大化することになります。また、卑俗語はむしろ実際に言おうとする内容を明確に作ることができませんけど、相手の立場では卑俗語が混ざった言葉をずっと聞いていると、実際にあなたがいうことばの本質や妥当性を理解するようになるよりはその卑俗語のみ耳に聞こえるようになり、状況はさらに悪化するようになります。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. スマートフォンを操作する人たち
    LINEはすでに、友人やカップルの間では欠かすことのできないメッセージツールになりつつあります。LI…
  2. 極上お宿プラン
    彼氏、彼女と長期連休には泊まってどこかに行きたいですよね?年始から数えて初めての長期連休は大概ゴール…
  3. 英語学習
    ここ何年かでグローバル化が進んできた日本、英語が活躍してきているのが手に取るようにわかります。さらに…
  4. 伊勢神宮
    地球上には様々なパワースポットと呼ばれる場所があります。パワースポットに行くと心が浄化されたり、元気…
  5. インドアさんの過ごし方
    毎年の長期連休は、ゴールデンウィークがあげられますが、みんながアウトドア派かというと否ですし、お金が…
  6. ファッションには季節のトレンドを取り入れているのに、メイクはいつもと変わらない・・・そんなことはあり…
  7. 東山動植物園は愛知県名古屋市にあります。市営の動植物公園で「名古屋市東山公園 動植物園」が正式名称で…
  8. あべのハルカス
    東京に続く日本の大都市「大阪」。大阪と言えばたこ焼きにお好み焼きとおいしいものがたくさんです♪ そ…
  9. リフレクソロジー
    仕事や子育てなどで、心身ともにすりへってきたな~と感じている方は多いと思います。 そんな時、旅…
  10. GWにお金をかけず有意義に楽しむ方法
    ゴールデンウィークの醍醐味は、女性なら買い物が定番ですよね?でも、男性にとっては、お金が無いとどうに…

カテゴリー

ページ上部へ戻る