意外と多い紫外線、注意すべきなのは6月から

  • 2017/5/26

紫外線というと7月8月を思い浮かべがちですが、実際に多くの紫外線が出てくるのは6月になります。日焼け止めなどもこの季節から導入することで効果をより発揮しやすくなります。
6月中の対策は7月になった際の肌の再生能力などにも影響を出してくるので、化粧下地などに日焼け止めを取り入れていくのもこの時期からがおススメになります。

日焼けというと肌を最初に思い浮かべますが、髪や服なども日焼けをします。
特に服などは夏場は薄い生地などがおおく、素材も熱などに弱いものが中心になります。
この日焼けを止めるものとして、衣類用の日焼け止めスプレーなどがあります。

衣類用の日焼け止めは、衣類へのダメージはもちろんですが体温などを少しだけてくれうるものなどもあるので、小さな子供さんの衣類などに使用することで体感温度を下げることもできます。衣類の温度そのものを下げるものなどもあるので、体温調整の苦手な人などは使用することで熱中症などを回避することにも繋がります。
衣類の日焼けを防ぐことで衣類自体の持ちもよくなり、洗濯などで傷むことも軽減してくるのでコストの面でも大きな負担軽減になります。

<髪用の日焼け止めを活用する>
髪の毛の日焼け止めなども、この時期は大きく活用できるものです。オフィスなどで窓の近くの人などは髪の日焼けを受けることが多く、きちんとヘアケアをしていてもダメージを感じるという場合が多くあります。

ヘア用の日焼け止めは安価のものも多く、髪や首筋などに吹きかけることで紫外線を分散させる効果があります。髪の日焼けなどは進行させることでカラーリングやパーマなどにも大きな影響を及ぼしてしまうので、6~7月の間だけでも日焼け止めスプレーを使用することでダメージを緩和させてお手入れを楽にすることもできます。

<ストッキングにも効果のある日焼け止めスプレー>
ストッキングやネットタイツなどを使用していて日焼けしてしまったという経験を持つ人は多いのではないでしょうか?ネットタイツなどは皮膚にしっかりと痕が残ってしまい、その後のファッションにも大きな影響を出してしまうことも少なくはありません。
ネットタイツの上からも使用することのできるスプレータイプなどはこのような日焼け跡を作らずに済むのでシーズン中は準備しておきたいものになります。
太ももや足などは広範囲へ日焼け止めクリームを塗る必要性が出てきます。スカートなどに触れることで日焼け止めが薄くなることなども多く、塗りむらなども出やすい場所になります。スプレータイプはこれらのムラの部分もカバーできる面からも、脚などを見せる季節などには便利な存在になります。

衣類用の日焼け止めスプレーはあまり知らない人も多いですが、一本持っておくと夏場はもちろんですが年間通して強い味方になってくれる存在になります。
最近ではamazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでも取扱商品が増えており、市場も拡大の一途をたどっています。
衣類はもちろんですが、皮膚などに対しても体感温度の調節などのできるものがあり、マルチに使用できるものなども出てきている状態です。

衣類やネットタイツなどでいままで境目が日焼けしてしまうことが多い人にはマストアイテムと言ってもいいかもしれません。
6月、7月の紫外線対策でその後の肌や服の状態は大きく変わります。夜などもスプレータイプを使用することでビアガーデンなどのライトの熱から衣類を守りやすくなり、時間を問わずに使用できる面もおすすめポイントといってもいいのではないでしょうか?
紫外線は夜間も全くないという状態にはならないので、ミニサイズの衣類用の日焼け止めスプレーなどを携帯しておくことでマルチにカバーできるようになることなども、p冴えておくべき部分と言ってもいいかもしれません。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. スマートフォンを操作する人たち
    LINEはすでに、友人やカップルの間では欠かすことのできないメッセージツールになりつつあります。LI…
  2. 20代女子に観てもらいたい映画第三弾です その3 「プラダを着た悪魔」 2006年…
  3. 生理中と生理前後は女性にとって辛い時期…人によっては生理痛もひどくて日々の生活に支障が出るほどに。そ…
  4. 子供のかんしゃく
    晴れても雨でも嵐でも 育児は続くよどこまでも 子どものかんしゃくには、尾木ママになるべし<その1>…
  5. ダイエットフード
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  6. スイートポテト
    サツマイモは栄養価もありおやつに向いていますよ。 甘くておいしい。おなかにも優しいので子どもにもい…
  7. お茶でコミニュケーション
    ☆価値観のお話☆ 人と自分を比べて大きく違うことのひとつに、価値観というものがありますね。 どう…
  8. 子供の頃、家族で潮干狩りに行って、めちゃくちゃ楽しかった!という記憶がある方も多いはず。 お子さん…
  9. イタリア
    20代の頃とは違って30代からは少し大人の旅行をしてみませんか?大人の旅行と言っても色々とありますが…
  10. パワースポット
    女性から見た男性が描く、「恋愛運」をアップさせるパワースポットであなたの恋愛運も飛躍的に上がる!かも…

カテゴリー

ページ上部へ戻る