オトナかわいい昭和レトロファッションを楽しもう!

  • 2017/8/10

懐かしい感じがするけれど、新鮮味も感じられるレトロファッション。海外でも、テイラー・スウィフトがしているような、清楚でレトロかわいいファッションが流行っていますね。
日本では、終戦後の若い女性に美しい世界と希望を与え続けた, 中原淳一さんの描くイラストに強く影響を受けたファッションが流行し、その後、海外のトレンドも取り入れながら、独自のファッション文化を築いてきました。今見ても新鮮で、気品のある昭和レトロなファッションを、普段のおしゃれに少し加えて楽しんでみませんか。

ボウタイのブラウス
レーヨンなどの少しとろみがある生地、袖は膨みを持たせたカッティング。フェミニンなボウタイは、どんなボトムスにもマッチします。
清楚で、現在でもオフィスでもプライベートでも違和感なく活躍します。


出典:https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c555706423

落下傘スカート

出典:http://blog.livedoor.jp/mukashi_no/archives/45749745.html

60年代に大流行した落下傘スカート。
キュッと締まったウェストに、タックを沢山寄せた広がるスカートの中には、厚いペチコートを履いて、より膨らみを持たせました。
以降も何度か流行していますが、ウェストの細さが強調された美しいデザインですね。
トップスにTシャツ、足元はフラットなシューズを合わせると、アメリカンフィフティーズファッションでお馴染みですが、日本の同時期には、ピンヒールを合わせてより優雅ないでたちですので、オトナの女性にもお勧めです。

サックドレス

出典:http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784811808208

落下傘スカートが大流行したちょっと後に、ウェストをルーズにして筒型の袋のような形のワンピースが登場しました。細身の体型には、ピッチリしたものより、こういったルーズな形の方が、より体の線が美しく見えますね。70年代になると、ミニスカートが流行ったため、サックドレスの丈も短く変化します。長めの丈のサックドレスは無地の生地を使用しているのに対して、ミニサックドレスは、大柄でキッチュな模様の生地を使っていることが多いようです。

ワンピース
昭和に大流行したワンピース。この時代のワンピースは、襟がついていて、共布のベルトがウェストのアクセントとなり、スカート丈が膝下からふくらはぎ程度の長さのものが一般的です。
ふくらはぎ丈というのは足が太く見えがちなので今は余り見かけませんが、この丈にすると、グンと昭和テイストが高まります。
この時代の生地は、今と比べて割りと派手めで模様も多種多彩ですが、それは着物の文化の影響をまだ強く受けていたからかもしれませんね。

昭和レトロ専門の古着屋さんやネットオークションで、こういったワンピースなどは手に入りますが、家でも割りと簡単に縫い上げられますので、裁縫のお好きな方なら、是非一度お試し下さい。
お子さんと共布でお揃いのワンピースを作るのが、当時の流行でした。


出典:https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u117488066

ボヘミアンファッション
元々は、チェコのボヘミア地方にいるジプシー民族の要素を取り入れたファッションで、ヒッピー文化流行の後に生まれたものです。
今では、必ずしもジプシー民族の衣装ではなく、色々な民族衣装の文化を取り入れた自然回帰的なファッションが、ボヘミアンファッションとして根付いています。
刺繍の入った白い綿ブラウスにロングスカート、足元は大きな石をつけたフラットなサンダルといったスタイルは、夏にはお馴染みのファッションですね。


出典:https://www.dresswe.com/ja/item/10713913.html


出典:http://celebstyle.jp/chitose/fashion/6785/

お洒落でかわいいレトロファッションを色々とご紹介してきましたが、いかがでしたか。昭和の長い時代、色々な流行がありました。
その中で自分の好きなものを見つけて、コーディネートの一部をレトロテイストにしてみたり、昭和っぽいキッチュな柄で思い切りレトロな気分を満喫してみてはいかがですか。
ご自分の好みに合うものを取り入れて、毎日のコーディネートの幅を広げて色々楽しんでみてくださいね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 海外の有名女性芸能人の中で注目されて、日本にもその効果が話題になった「ココナッツオイル」 キレイに…
  2. 夏のお悩み対策
    夏と言えば薄着の季節、女性としては、汗、臭い、日焼け、無駄毛、化粧崩れ…様々な季節特有の悩みがあるこ…
  3. モテる女性
    男性は好きになると歳の差をあまり気にせず関係なく結婚したいと思ったりします。 結婚するなら若いほう…
  4. ゴールデンウィーク
    ウキウキ・わくわくするのが長期連休ですよね?特に社会人になるとなかなか長期でお休みなんてのは、少ない…
  5. ジェルネイルってサロンでしてもらうと値段も高いし定期的に通う必要が出てきますよね。 だったらお手頃…
  6. 腹痛
    一か月に一度、女性が悩まさる生理痛は女性にとって憂鬱なものです。ですが、どんなに憂鬱でも女性にとって…
  7. スプーンにのった塩
    男性 11,4g 女性 9、6g この数字・・・・なにを表していると思いますか? 実は・…
  8. 特選お土産
    ゴールデンウィークは、観光や帰省で地方へ出かけることが多い時期です。休み明けに職場や学校でお土産を渡…
  9. 花占いをするカップル
    様々な環境、それぞれの人生、多様な価値観、広がる希望、狭くなる関係・・・ 占いの世界から見える物語…
  10. 脱毛
    ・銀座カラー千葉店を選んだ理由 脱毛をしたいと思ったきっかけは、自己処理が面倒だったためです。脇の…

カテゴリー

ページ上部へ戻る