スカートはアリ? ナシ? 失敗しないBBQファッションの選び方

  • 2015/6/16

気軽に楽しめるアウトドアとして人気が高いBBQ。家族で、友達同士で、職場の同僚となど、何かとBBQパーティーにお呼ばれすることも多いですよね。そんな時に悩んでしまうのが、BBQに参加する時のファッション。「もう大人だし、あまりカジュアルすぎるのも失礼にあたるかな?」なんて着ていく洋服に悩んでしまいますね。そこで、BBQを楽しみつつおしゃれも楽しめるポイントを紹介します。

・ファッションのポイントは「動きやすさ」を重視
BBQファッションのポイントは、ずばり「動きやすさ」。BBQパーティーって雑誌やテレビで紹介されている内容では、バーベキューコンロで食材を美味しく焼いて食べよう!ってイメージが強いですよね。簡単に参加出来るアウトドアパーティーのイメージが強いですが、実際にはコンロの準備や食材の仕込み、さらに食べた後の片付けなど、体を動かす頻度も高くなります。なので、動きやすい服装が1番!デニムなどのパンツスタイルにパーカー、シャツなどでアレンジを加えるのも良いですね。デニムやチノ素材のスカートで参加する場合には、スパッツやトレンカを着用し、インナーが見えない配慮も大事です。

・BBQファッションでNGポイントは?
「これはちょっと・・・」と周囲から思われる服は、ダントツで”場違いな服”です。BBQの時に、ふんわりとしたシフォン素材のスカートやフリルなどの装飾品が多い服は、火の近くに行くと危険です。BBQファッションに求められるのは、動きやすさと安全性。なので、汚れても問題のないカジュアルスタイルの方がBBQの時は無難ですね。意外と陥りがちなNGポイントに、洋服の色が挙げられます。ホワイト系や淡い色合いの洋服を着ていると、ついつい「汚れるから座ってて」と言ってしまうもの。だけど、BBQって意外と準備や片付けに時間がかかってしまい、1人だけお客様状態で座っているのも気まずいですよね。他にも、ヒールの高い靴もNG。BBQには不向きですね。

・BBQは想像以上に熱い!
OKファッションとNGポイントをお伝えしました。ここで、BBQパーティーベテランの私から、皆様にオススメ情報があります。季節を問わず、BBQコンロの近くって想像以上に熱い!春・夏はもちろん、冬のBBQもコンロの近くでは汗ばんでしまうことも。そこで便利なのが、タオル生地もしくは綿100%素材で作られたストール。このストールが1枚首に巻いていると、汗を吸い取ってくれるしオシャレにも見える優れもの。男性はよくフェイスタオルを首から下げている人が多いですが、女性は少し気が引けてしまいますよね。汗を吸い取り洗濯も簡単に出来る素材のストールは、BBQの時にオススメです。

・安全性を考慮してオシャレを楽しもう
BBQスタイルもさまざまですが、炭に火を起こしてコンロで楽しむスタイルは共通だと思います。直火の近くで野菜や肉・魚を調理するので、汚れても良く動きやすい服を第一に。パーカーにパンツのようなスポーティーなファッションも、カジュアルでオススメです。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 女性が見る映画というと、ラブストーリーなどが多いと思いますが、時にはアクション映画を見るのも気分がス…
  2. お給料前など、ちょっと節約したいときに活躍してくれるレシピを集めてみました。比較的安い素材でボリュー…
  3. 嫌われる女性
    皆さんは今気になっている男性はいらっしゃいますか? そして、その男性とそろそろデートする、もし…
  4. 空気女子
    もう日本では小悪魔という言葉が定着し、どんな男性も惑わせてしまうと有名で小悪魔についてや小悪魔になる…
  5. 納豆
    皆さんは朝食といえば何を食べますか? トースト? 目玉焼き? 白米? 味噌汁? まあいろいろ…
  6. 大好きな人との結婚。結婚式の準備に新居の相談、何もかもが楽しい時期ですよね。特に結婚式は自分が主役に…
  7. シフォンケーキとコーヒー
    オンザデッキ バーラウンジ(福岡) 福岡県福岡市博多区博多駅南1-9-18 1F http://…
  8. もう彼と同棲を始めて数年経ち、気がついたら自然に結婚の話しが出ていたという方もいらっしゃるでしょうか…
  9. 雑穀
    今海外セレブに大人気の美容グルメ「ウィートグラス」と「アマランサス」って知っていますか?初めてきいた…
  10. コーヒー
    女の子って、カフェ好きですよね。 何を隠そう、私もカフェが好きで一人で入り浸ることもあります。 …

カテゴリー

ページ上部へ戻る