「いいかげんにして!」散らかし夫にイライラしない処方箋

  • 2015/6/23

夫が部屋を散らかす&片付けないことは妻にとって頭の痛い事態です。夫のいない間のきれいな部屋も夫が帰宅したとたんに、脱ぎっぱなしの靴下や食べかけのお菓子などで散らかっていく・・・。とはいえ、子供と違って、夫をこれから教育していくのは至難の業。ですがイライラしていても精神衛生上よくありません。夫を教育するのは時間がかかりますので、ひとまずそんな夫と対峙するときイライラしないでいられる処方箋を考えてみましょう。

【1.長所にも目を向けよう。】
散らかし夫は、散らかすということ以外は意外といろいろなことができたりしませんか。毎日毎日夫が部屋を散らかすと、ついつい妻の側は「散らかすダメ夫」というところに気持ちがフォーカスしがちですが、できるところにも目を向けるようにしたいところです。家庭における夫の得意分野はなんでしょう。電気系統や家具の組み立てなど、あなたの苦手なことが、逆に夫が得意だったりするものです。

【2.散らかすのは細かいこと言わない証?】
散らかし夫はおおらかで、妻の家事の仕方に文句をつけない人が多い傾向にあります。もちろん片付けるのは妻の役目だとして、部屋を散らかし、妻の家事のやりかたや結果にケチをつけるという例外もあるでしょう。しかし、おおらかなタイプの散らかし夫は、いくら妻の掃除の頻度が1カ月に1度だろうが、洗濯の頻度が1週間に1度だろうが、冷凍ご飯をだそうが、コンビニで買ってきたおかずを出そうが、気が付きません。つまりおおらかタイプの散らかし夫には、「妻の家事にいちいち文句を言わない」というメリットがあるのです。疲れているときに散らかされるのも腹が立ちますが、妻がときには家事を思う存分さぼることができるのです。

【3.自分で散らかす夫を選んだのでは?】
つきあいたての頃、夫のおうちに行き、片付いてない部屋を見て「もおーっ!私がいないとだめなんだからぁ」と世話女房ぶって片付けた経験はありませんでしたか。夫はそのときあなたに対して「この女性は結婚したらいろいろと世話を焼いてくれるよい奥さんになるかもしれない」と期待したかもしれません。あなたの思うつぼです。つまり、あなたには夫につけいる隙が必要だったのではないでしょうか。逆に、彼の部屋に遊びに行った時、整然としてホコリひとつ落ちていないくらい掃除がゆきとどいた部屋を見せつけられたらどうでしょう。「このレベルを結婚後にも要求されたら、たまったもんではない」と、彼との結婚に躊躇したかもしれませんよね。ちょっとくらいだらしない男性の方が結婚相手として適しているようです。つまりは、程度の差こそあれ散らかす夫を選んだのは自分だということです。

【さいごに】
散らかし夫にイライラしないでいられる処方箋を考えてみました。見方を変えると、散らかし夫にもメリットはあるようです。ですが、ずっと散らかし夫のままではイヤというのなら、やはり教育が必要です。今回の処方箋を胸にイライラせずに気長に夫に付き合ってもらえれば幸いです。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. シンク
    毎日、私たちの健康の源となる食事が作られる場所は一番衛生的でなければいけません。 ですが食材を…
  2. 20代では真剣に考えないのが、生命保険や医療保険だと思います。 確かに入院するような病気もしないで…
  3. 家で映画を見るカップル
    雨を題材にした映画は数多あります。 忘れ難い余韻を残す、雨、の映画たち。 アクティブな毎日を…
  4. 化粧水をあれこれ試すも、「なんだかピリピリする・・・」「なかなか潤わない・・・」「皮膚になじみにくい…
  5. 暑さに負けず、流行にのって夏のおしゃれを楽しもう!- 楽しい夏がやってきましたね。 服装も、夏に…
  6. 保湿・保水
    20代に比べて、30代になると肌は乾燥しがちになり肌のターンオーバーも遅くなっていきます。20代の頃…
  7. ウェディングドレスを着た女性
    20代、30代になると、結婚の話が出てくる人も多いかと思います。結婚式で重要なのはドレスやロケーショ…
  8. 熊本県阿蘇では、雄大な自然に触れられるアミューズメントを満喫できます。新緑の美しい季節、動物達と触れ…
  9. サンダル
    さあ!サンダルの季節ですねー! 履きたいブランドがいっぱいです。毎年、そのときの気分やお気に入りの…
  10. もう彼と同棲を始めて数年経ち、気がついたら自然に結婚の話しが出ていたという方もいらっしゃるでしょうか…

カテゴリー

ページ上部へ戻る