結局どちらがお得?永遠のテーマ【賃貸vs自宅】①自宅購入メリット

  • 2016/2/12

人生で一番お金がかかるもの、住宅費。社会に出たばかりの頃は、自分が家を持つなんて考えもしなかったけど、転職・結婚・転勤・親族の介護など、いろいろな人生の節目やイベントのつど、「そろそろあたしも家を持つのかな・・・」なんて考えちゃいますよね!でも、手軽にチョイスできる賃貸と比べ、住宅をもつのは勇気がいるし、何より景気の先行きが不透明…。人口も減るっていうから、買ったはいいけど値段が暴落するのは絶対に避けたいし。でも、このまま賃貸を続けるのも、なんだかもったいない気もしちゃう…選択肢が多すぎて、迷ってしまいますよね。・・・で、結局、どっちがお得なんだろう?賃貸と自宅購入。

◆結論はない。でも、押さえるべきポイントはある
過去から何度も繰り返されてきたこの論争ですが、はっきり言って答えはありません。置かれた環境や状況は人それぞれ違いすぎるため、答えようがないというところです。でも、検討する上で押さえるべき共通のポイントは確かにあります。今回は、「自宅購入する際のメリット」を列記していきます!

【住宅購入が有利なポイント】
①住宅ローンは、期間限定
定年までに完済がキホン。一方で毎月の支払可能額を考えると、おのずと「住宅ローンを組める限界の年齢」がはじき出されるはず。そう、ローンはいつでも始められるものではないのです…。
②無駄銭にならない
生活費で一番高額な住宅費が捨て銭にならず、ちゃんと「自分の物」にするために使われる。これ、結構ポイントですよね!
③いま、住宅ローンは空前の割安利率
住宅ローンはいま本当に安い!変動利率だったら1%切る利率で組める銀行が複数ある状況です(2015年1月現在)。
④住宅購入時の税制優遇措置が熱い!
最大10年で500万税額控除って相当太っ腹ですよね!(生命保険料などの控除と異なり、税額控除は『税金が500万円帰ってくる』という意味です)
⑤マンション・戸建とも、狙いを絞ればリセールバリューも読める!
政府が中古物件の売買市場の本格展開を進めている最中なので、「今既にリセールバリューがある地域・物件」ならば、今後も中古市場に売りに出した時もいい値段で売れるかも?

◆最後は自分の気持ち次第
このように、住宅購入にも多数メリットがあります。でも一番大事なのは自分の気持ち。
「思い切って買ってしまうのが怖い」タイミングなら、まずは賃貸で様子を見るのもひとつです。
えいっ!って思いきれるような本当にいい物件に出会えるとイイですね!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. アンダーヘアを確認する女性
    こんにちは、ライターのディランです。 だんだん暖かくなって薄着の季節がやってくると気になるのがムダ…
  2. 女性なら誰でも、ストッキングを履く機会があると思います。ちょっとオシャレをしようと思った時、ワンポイ…
  3. 入浴剤
    毎日の入浴を少しでも楽しい時間にするためにお気に入りの入浴剤を使うのは、心躍りますよね!! 今回は…
  4. 脱毛
    ベルタ仙台店で脱毛をしてきました。お願いしたのは手の甲の脱毛になります。期間は2015年の10月から…
  5. 大好きな人との結婚。結婚式の準備に新居の相談、何もかもが楽しい時期ですよね。特に結婚式は自分が主役に…

カテゴリー

ページ上部へ戻る