「美術モデル」のアルバイトについて

  • 2017/2/13

美術館に行くと、「裸婦」をモチーフにした作品がたくさんあります。なめらかな肌と、しなやかな肢体は、女性側の視点で見ても美しいものです。けれども、作者の説明は詳しくのっていても、「モデル」に関する情報は、ほとんどないのが現状。ところが、ちまたには「美術モデル」と呼ばれる女性たちが実際に活躍しています。過去に彼女達について取材する事があったのですが、その、その事についてサラッと述べたいと思います。

絵画教室や、芸術系の大学では、技術向上のために「人体モデル」を使ったデッサンを行います。モデルは台の上で、じっと動かずにポーズをとりつづけます。現場によってもいろいろですが、二十分間一ポーズとして、一日六ポーズから十二ポーズが一単位。日給は、一万五千円から二万円が相場だそうです。
「モデル」という名前につられて「優雅な仕事」なのかと勘違いされる方が多いのですが、実際は、かなりの過酷な肉体労働です。ずっと、片方の足にだけ体重をかけていたり、腰をひねった体勢で静止すると、体に相当な負担がかかるのは、仕方ないことなのですが。でもキツイ仕事です。

まれに、求人情報誌や、ハローワークで募集することもありますが、誤解されやすい職種なので、知人に紹介されてモデルになるケースが多いようです。
というのも、たまには「着衣あり」の仕事もないわけではありませんが、ほとんど「着衣なし」と呼ばれる全裸ばかり。洋服のモデルは、生徒さんが順番でしている教室が多いそう。
第三者に話すと驚かれますが、モデルは、男性をそういう気持ちにさせるために、服を脱いでいるのではありません。そして、意外と年齢も幅広く、五十代後半のモデルもいました。
彼女は、新劇の劇団に所属していた二十代から、ずっと続けていて、現在は主婦。ふたりの子供は、すでに自立しており、今は「おこずかい稼ぎ」のため、週に二度、作家さんのアトリエに通っています。

服を着たままなら、「銀ぶちめがねの地味な奥様」ですが、いったんポーズをとると、プロの貌に。
全身の手入れが行き届いていて、「世の中に、これだけきれいな人もいるものなのか」とため息をつきたくなります。つま先から、頭のてっぺんまで、くまなく視線にさらされているため、体型にも肌にも、ほどよい緊張感をたもつことができるのでしょう。

美術モデルの仕事場は、メインは、学校やカルチャースクールですが、講師や、主催者側からお呼びがかかれば、特定の作家のお抱えモデルになることも。すると、収入も日給や、一ポーズ何円だけではなく、みずからがモデルになった作品が売れるたびに、お祝儀をいただける場合もあり、あるベテランのモデルさんは、「とても励みになるし、やりがいがある」と語ってくれました。

一枚の「裸婦」の裏側には、真剣にモデルをつとめた女性のドラマがあるのですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 大好きな彼と一緒に住める、とワクワクしている女性必見です。同棲するとやはり年中一緒にいるわけですから…
  2. 洋服選び
    女性が「初夏に着たい!」といえば、柄のものが先ず浮かびますよねー!! 今回はデザインやテキスタイル…
  3. 体型カバー
    ちいさい胸、ぽっこりお腹、くびれのない胴回り、垂れ広がったお尻、太い足…女性の悩みはつきないですよね…
  4. のとじま水族館は、石川県七尾市能登島の「のとじま臨海公園」にあります。石川県唯一の水族館で、能登半島…
  5. 新たな金融政策が必要になった  アベノミクスの政策の一環として、新たな金融政策が行なわれました。こ…
  6. ドクダミは森林公園などに遊びに行った時などに、道端に生えていたりしますし、自宅の庭にも自生していたり…
  7. 疲労
    最近、仕事や家事の疲れがたまって、休日には、リフレッシュのためにいろんなところにお出かけしたいのに、…
  8. 美味しく健康的な食事を作るのに大切なことは新鮮な食材を使うことです。 今回は食材ごとに鮮度の見分け…
  9. 糖質という言葉よく耳にしますよね。 糖質制限ダイエットと言うけれど、そもそも糖質っていったいなんで…
  10. 外出先で、かわいい子犬や子猫を見かけたり、犬をお散歩している人を見ると、ペットを飼ってみようかな………

カテゴリー

ページ上部へ戻る