アルバイト体験記「巫女」「ミステリー・ショッパー」

  • 2016/11/11

ひと月にあと、一万円多かったら。もしくは、副業するつもりはないけれど、連休の間だけ働けないかしら。そんなふうに感じることはありませんか。
正直なところ、時代も良いとは言えないですし、将来に対して不安はつのるばかり。
じつは、筆者も二十代のころは、ずっと転職を繰り返してきました。また、その間に、単発の仕事もたくさん体験しました。おそらく履歴書を1000枚は書いたとおもいます。その中で、忘れられない二つのアルバイトをとりあげました。

 「巫女」(日給五000円)
友人の紹介で、年末・年始と週末だけ神社の「助勤巫女」として奉仕しました。(常勤は本勤巫女と呼ばれます)
助勤とはいえ、本当に、あの白装束と緋袴をまとい、お守りを授与したり、結婚式で、鈴を持ち「うらやすの舞」を奉納するのです。
ただ、見た目とは裏腹に体力仕事。野外で働くことが多く、寒く、くちびるは、ワセリンを何重に塗ってもひび割れるし、手足はあかぎれと、しもやけで腫れあがります。それでも、コスプレ願望が満たされ、お供えの「酒」や「野菜」などのお土産もいただけて、貴重な体験になったとおもいます。

 「ミステリー・ショッパー」(日給八000円)
求人誌で知った「感想文作成ライター」に応募すると、ふられた仕事がこの「ミステリー・ショッパー」でした。
まず、スーパーやデパートに、一般の客を装って行きます。そして、店内の商品を見ているふりをしながら、販売員の笑顔やお辞儀の仕方、言葉づかいなどの接客全般を、片っ端からチェックしていきます。そして、気がついたことをレポートにまとめて提出しました。
はじめは、緊張しますが、回数をこなすたびに、何だか映画『007』のボンドガールになったようで、達成感がありました。大きな声でおしゃべりをしている店員の名札を、それとなく確認してメモを取ったり、あえて難しい質問をしたり、うしろめたい気持ちがある反面、「獲物をつかまえた」ハンターの心理に近いものを感じるのです。
さらに副産物として、その後、自分がサービス業に就くと、わかるんですよね。この「スパイ」が送り込まれてくると見破れるものです。
だから、あえて、若い刺客に、ひるまず逆に目をあわせて、しっかり笑顔で威嚇しておきました。

働かなくても、生活に不自由しなければ、本当は、それが一番幸せなのかもしれません。けれども、働くことで得られたのは「お金」だけではないのかもしれません。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 付き合い始めの頃の彼はとってもかっこよくてオシャレだったのに今はデートも自宅かスウェットで近所を歩く…
  2. 一度は海外旅行、たとえば英語圏の国へ行って帰ってくると、「今度は英会話をもっと勉強してから行きたい」…
  3. 納豆
    皆さんは朝食といえば何を食べますか? トースト? 目玉焼き? 白米? 味噌汁? まあいろいろ…
  4. 手をつなぐ男女
    大好きな人としたはずの結婚。最初は少しでも一緒にいたいと思ったはずの相手のことが、気づけば少しでも家…
  5. 子供のかんしゃく
    晴れても雨でも嵐でも 育児は続くよどこまでも 子どものかんしゃくには、尾木ママになるべし<その1>…

カテゴリー

ページ上部へ戻る