運動がわりに「発声練習」を習慣に

  • 2016/11/14

「健康」と「美容」のために実践したい三本柱といえば、「食事」「運動」「睡眠」ですよね。

ところが、忙しい現代人にとって、この三つをあらためるのは並大抵のことではありません。ただ、唯一、みずからの意思で実行できることは、「運動」でしょう。

とはいえ、スポーツクラブに入会して、週に一度だけ汗を流すのでは、むしろ逆効果。食欲がすすみ、かえって体重が増えたり、脂っこい食事をして、コレステロールが溜まったり、あまり良い結果にはならないものです。

その上、これまで長い期間、まとまったスポーツをしていないにもかかわらず、急激に体を動くと、必要以上に心拍数が上がり心臓に負担がかかることに。

ここで、よく唱えられるのが「歩くこと」。ですが、毎日、目的地より一駅手前で電車を降りて、徒歩に切り替えるのは、時間がもったいないと思いませんか。では、運動量を増やすために、気軽に取りくめて、長続きをするものはないのでしょうか。

そんな方は、「発声練習」の習慣をつけてみてはいかがでしょうか。声を出すのは、全身運動ですし、顔の筋肉を大きく動かすので「たるみ」予防にも最適。家族や、近所の手前なかなか家で大きな声を出すのは抵抗がある、という場合は、大判のバスタオルを八つ折にして、口元に当てると結構な防音効果がありますよ。
 
はじめは、「ア・イ・ウ・エ・オ」からはじまる、日本語の五十音を、ゆっくり、はっきり唱えるのがおすすめ。簡単ですが、声を出すのは、どんな感覚なのか、という勘がつかめてきます。そして、たとえば、「カ行」は得意でも、「ラ行」は苦手といった、みずからの話し方の特徴がわかってきます。ここで、力んで大きな声を出す必要はありません。そして、無理矢理、高い声、可愛い声を作らないでください。

普段から営業や、電話に出るときに無意識に声を変えているため、はたして、地声がどのトーンなのかわからないという方は、五秒から十秒ほど「アー」と、何も考えずに声を出してください。このときの声の高さが、己にとって一番自然な音です。

あくまで、自分が自然に話すときの声の高さで充分です。アニメーションのキャラクターボイスを真似をしたり、不自然な発声を繰り返すと、咽喉に負担がかかりますから。

息が上がるほどの激しいトレーニングをしなくても、「声出し」をするだけでも、軽いスポーツと同じくらいの運動量になります。続けていると、声にハリとツヤが生まれるのも嬉しいところです。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 連休は家でゆっくり過ごしたい
    旅行や帰省、行楽地へ出かける人たちで、ゴールデンウィークは各地で混雑しています。人混みが苦手な方や、…
  2. (著作者:Yoshikazu TAKADA) 冬から春に変わりつつある季節の変わり目には、衣替えと…
  3. 震災や災害時の必需品
    4月14日に突如襲ったマグニチュード7.0クラスの地震「熊本地震」これは女性にとって特に地元の方々は…
  4. 養老保険とは?  生命保険のひとつに養老保険というものがあります。生命保険とは契約期間中に被保険者…
  5. 脱毛
    レイビス仙台で脱毛をしてきました。レイビスの良さは20時まで入店できるので仕事の帰りでも安心して通え…
  6. iPadをはじめ、タブレットを持っている人も多くなりましたよね。 私もnexus7を愛用しています…
  7. 結婚
    どんな願いもかないます?! 日本の神さまとパワースポット ―そろそろ結婚を考えたい。 ―今つ…
  8. マレーシア
    今回はマレーシアで暮らすのにどれぐらいの生活費がかかるのか具体的な例をあげて見ていきたいと思います。…
  9. 6月の英語名JUNEとは、ローマ神話の主神ジュピターの妻ジュノーのこと。彼女は結婚の守護神であること…
  10. ノースサファリサッポロは北海道札幌市内にあるサファリパークです。「動物との触れ合い」をテーマにしてお…

カテゴリー

ページ上部へ戻る