運動がわりに「発声練習」を習慣に

  • 2016/11/14

「健康」と「美容」のために実践したい三本柱といえば、「食事」「運動」「睡眠」ですよね。

ところが、忙しい現代人にとって、この三つをあらためるのは並大抵のことではありません。ただ、唯一、みずからの意思で実行できることは、「運動」でしょう。

とはいえ、スポーツクラブに入会して、週に一度だけ汗を流すのでは、むしろ逆効果。食欲がすすみ、かえって体重が増えたり、脂っこい食事をして、コレステロールが溜まったり、あまり良い結果にはならないものです。

その上、これまで長い期間、まとまったスポーツをしていないにもかかわらず、急激に体を動くと、必要以上に心拍数が上がり心臓に負担がかかることに。

ここで、よく唱えられるのが「歩くこと」。ですが、毎日、目的地より一駅手前で電車を降りて、徒歩に切り替えるのは、時間がもったいないと思いませんか。では、運動量を増やすために、気軽に取りくめて、長続きをするものはないのでしょうか。

そんな方は、「発声練習」の習慣をつけてみてはいかがでしょうか。声を出すのは、全身運動ですし、顔の筋肉を大きく動かすので「たるみ」予防にも最適。家族や、近所の手前なかなか家で大きな声を出すのは抵抗がある、という場合は、大判のバスタオルを八つ折にして、口元に当てると結構な防音効果がありますよ。
 
はじめは、「ア・イ・ウ・エ・オ」からはじまる、日本語の五十音を、ゆっくり、はっきり唱えるのがおすすめ。簡単ですが、声を出すのは、どんな感覚なのか、という勘がつかめてきます。そして、たとえば、「カ行」は得意でも、「ラ行」は苦手といった、みずからの話し方の特徴がわかってきます。ここで、力んで大きな声を出す必要はありません。そして、無理矢理、高い声、可愛い声を作らないでください。

普段から営業や、電話に出るときに無意識に声を変えているため、はたして、地声がどのトーンなのかわからないという方は、五秒から十秒ほど「アー」と、何も考えずに声を出してください。このときの声の高さが、己にとって一番自然な音です。

あくまで、自分が自然に話すときの声の高さで充分です。アニメーションのキャラクターボイスを真似をしたり、不自然な発声を繰り返すと、咽喉に負担がかかりますから。

息が上がるほどの激しいトレーニングをしなくても、「声出し」をするだけでも、軽いスポーツと同じくらいの運動量になります。続けていると、声にハリとツヤが生まれるのも嬉しいところです。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 生理中と生理前後は女性にとって辛い時期…人によっては生理痛もひどくて日々の生活に支障が出るほどに。そ…
  2. 例えば引っ越しなどの時に女性がベッドを選びたいという時には、この際風水の考え方も参考にしてみるのもい…
  3. 神社
    どんな願いもかないます?! 日本の神さまとパワースポット 涙を流してすっきりとしたら、次は笑顔…
  4. どちらもコーヒーにミルクを、たっぷり入れて飲むものだと思うのだけど、 いまいち違いが分からない・・…
  5. 「日本は世界で一番の借金国」「日本の国民は一人当たり800万円の借金を背負っている」という表現を聞い…
  6. 映画って楽しいですよね。 映画館の大画面で迫力満点の映像を楽しむのもいいし、お家で、リラックスしな…
  7. 日本に一時帰国するたびに、日本の素晴らしさを再認識します。そしていつも感銘を受けるのは、サランラップ…
  8. ジェルネイル
    ネイルといえば、最近ではジェルネイルが定番となりつつあります。 ネイルサロンはもちろん、セルフネイ…
  9. 名古屋のモーニングセット
    旅行先で訪れたいカフェ、今回は名古屋編です。 ちょっと狭い地域でピンポイントにリストアップしてみま…
  10. 養老保険とは?  生命保険のひとつに養老保険というものがあります。生命保険とは契約期間中に被保険者…

カテゴリー

ページ上部へ戻る