写真うつりがよくなるためには

  • 2016/12/12

過ぎさった時代を懐かしむとき、頭のなかで流れる映像は、あざやかなまま。

けれども、その画像は本当の記憶をあらわしているのではなく、一瞬の時間の切り抜き。つまり、写真をみて過去のおもいでに浸っているのです。

だからこそカメラを向けられると、精一杯愛らしい顔を作り、未来の自分に最高の一枚を託したいものです。

とはいうものの、いまいち撮影されるのが苦手という方は少なくありません。

鏡で確認する姿にくらべて、写真の表情はどうもパッとしないと悩んでいることも。

どうすれば写真うつりが良くなるのでしょうか。ほんのわずかな「タイミング」と「表情」で仕上がりは全然ちがった結果になるのです。

①自然な表情は、振り向き際

「はい、チーズ」

このタイミングで最高の顔を作るのは、本当は難しいこと。口角を不自然に上げると、きごちない笑顔になってしまいます。

カメラのレンズを見つめるのではなく、シャッターを押す直前まで、後ろや横に向いておき「はい、チーズ」の声で、カメラマンのほうに振り向きます。

たったこれだけで、不自然なこわばりがとれてやさしい表情になります。

②きき目と逆の目を見開く

目を細めると、黒目と白目の境目がわからなくなりそうで、写真撮影の際は、つい瞳を見開きたくなります。

けれども、ただ、目を大きくするだけでは額に皺がよって、ただの驚き顔にみえてしまうかもしれません。

ここで、すぐに使えるコツをお教えいたしましょう。

それは両目をひろげるのではなく、片目だけで見るイメージにすると、目元が整います。それも、きき目ではない目を意識するとよいでしょう。

そこで、きき目の見分け方ですが、まず、片方ずつ目を瞑ってみて下さい。それまでとまったく視野が変わらない側と、両方の目に映る風景がわずかにずれる側があるはずです。きき目とは、両目と同じ景色が見える側の目のことです。

というわけで、カメラの前では視界がことなる側の目で物を見るような気持ちになると、ナチュラルな表情に。この法則を覚えておくと、シャッタータイミングだけではなく、「面接」や「デート」などここぞというシーンにためしてみても。

③照明を見てから

目が疲れているわけでもないのに、なぜか写真になると瞳が充血してみえるときがあります。

暗い場所から、いきなり明るいところに出るとすぐにピントを合わせられないように、フラッシュが反射して目が赤く見えるだけなのですが、「錯覚」がそのまま残るのは嫌ですよね。これは簡単にふせぐことができるのでご安心を。

撮影の前に、照明や窓越しの陽射しを眺めて目を「光」に慣らしておくと、赤っぽくならず、ありのままの色が出ますから。

このように、ほんのわずかなポイントをおさえるだけで、まったくちがった仕上がりになります。

「一瞬」の時間が「永遠」に保存される「写真」だからこそ、ここ一番の顔を残したいものですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. パワースポット
    女性から見た男性が描く、「恋愛運」をアップさせるパワースポットであなたの恋愛運も飛躍的に上がる!かも…
  2. サラート
    今回はムスリムのお祈り(サラート)と断食(ラマダン)についてお話したいと思います。 ムスリムの…
  3. お腹の肉をつまむ女性
    2010年ごろより注目を集めだした「糖質制限ダイエット」。糖質制限ダイエットの方法は、1日の糖質量を…
  4. 家で映画を見るカップル
    雨を題材にした映画は数多あります。 忘れ難い余韻を残す、雨、の映画たち。 アクティブな毎日を…
  5. 英語学習
    ここ何年かでグローバル化が進んできた日本、英語が活躍してきているのが手に取るようにわかります。さらに…
  6. 結婚式
    皆さんもご存知かと思いますが、男性が付き合いたい「理想の彼女」と結婚したくなる「理想の彼女」では全然…
  7. ノースリーブ、水着、を着たいけど二の腕のブツブツが気になって我慢してしまう…… そんな方に朗報です…
  8. 女子会 お店
    恋も仕事もソツなくこなす東京のオトナ女子が集まる場所には、質の高い料理と美味しいお酒が必要不可欠です…
  9. ワキの臭いが気になる女性
    夏になり、気温が高くなってくると、汗をかく機会が増えてきますよね。 特に最近は節電などで、オフィス…
  10. サラダニソワーズ
    これからの季節にピッタリ、ツナ缶を利用した簡単でおいしいフランスのサラダレシピ だんだん温かく…

カテゴリー

ページ上部へ戻る