家族でも!カップルでも!関東のオススメ動物園

  • 2017/4/24
パンダ

○大人でも楽しい動物園
動物園と聞くとどうしても子供や家族連れが行くと言うイメージがありませんか?しかし今の動物園は展示方法などにも凝っていて、大人が行っても十分楽しめるのです!子供の頃に行ったことのある動物園でも、大人になってから行くとまた違った楽しみを発見できます。そこで今回は関東にある動物園をご紹介します。

○よこはま動物園ズーラシア
http://www2.zoorasia.org/
開園時間:9:30~16:30(入園は16:00まで)
休園日:火曜日(祝日の場合は翌日休園)
入園料:大人600円・中人(高校生)300円・小人(小・中学生)200円・小学生未満無料

世界一周旅行が出来る動物園です!こちらの動物園は何よりその展示の凝りっぷりがすごいのです!アジアの熱帯林・亜寒帯の森・オセアニアの草原など8つのゾーンに分かれており、各ゾーンでは動物だけではなく植物・人の文化を織り交ぜた展示がされています。1つの動物園で世界一周旅行気分を味わえてとってもお得!そして多彩なイベントも行われており、お出かけ前にはぜひチェックしてみてください。

○上野動物園
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/
開園時間:9:30~17:00(入園・入園券の販売は16時まで)
休園日:月曜日(祝日・振替休日・都民の日の場合は翌日が休園日)
入園料:一般600円・65歳以上300円・中学生200円(小学生以下・都内在住・在学の中学生は無料)

東京の都市部でありながら自然と動物を楽しめる動物園です!上野動物園と言ったらパンダ!現在はジャイアントパンダのリーリー(オス)とシンシン(メス)が飼育されています。また意外と知られていないのが歴史的建造物があると言うことです。国重要文化財の旧寛永寺五重塔や、日本最初の猿山などがあります。

○多摩動物公園
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/
開園時間:9:30~17:00(入園・入園券の販売は16時まで)
休園日:水曜日(祝日・振替休日・都民の日の場合は翌日が休園日)
入園料:一般600円・65歳以上300円・中学生200円(小学生以下・都内在住・在学の中学生は無料)

ライオンを間近で観察できるライオンバスが人気の動物園です!ライオンバスは別途大人360円、3歳~中学生・65歳以上は100円かかりますが、払ってでも見る価値はあります!広々としたライオンエリアには20頭ほどの群れがいて、その中をバスでぐるりと周ります。1964年に開始されたこの展示方法は今では多くありますが、多摩動物園が世界の先駆けだったそうです。その他にも群れを作る動物は頭数が多く飼育されていて、リアルな生活を見ることが出来ます。

○市原ぞうの国
http://www.zounokuni.com/
開園時間:9:00~17:00(入園最終受付は3~10月は16:30、11~2月は16:00)
休園日:木曜日(祝日及び春・夏・冬休み期間を除く)
入園料:大人1800円・小学生900円・幼児(3歳以上)500円・2歳以下無料

見所は象!でも実はカピバラやトラなどが暮らす動物園です。名前だけ聞くと象がいっぱいいるだけ?と思うかもしれませんが、実は100種400匹もの動物が飼育・展示されています。もちろん象も多く飼育されていて、毎日開催されるぞうさんショーは必見です!

○東武動物公園
http://www.tobuzoo.com/
開園時間:10:00~16:30(季節などによって変更有)
休園日:6月1日~30日は月曜・1月~2月・12月は月曜・火曜
入園料:大人(中学生以上)1700円・子供(3歳以上)700円・シニア(60歳以上)1000円
※遊園地・プールなどは別途料金がかかります。

動物園の他にも遊園地やプールなど1日中楽しめる施設です!こちらの特徴として動物園を含む複合レジャー施設になっていることです。動物園ではホワイトタイガーが飼育されていますが、全世界でも250頭ほどしかいない希少種なのでぜひ観察してみましょう!

関東で有名な5つの動物園をご紹介しましたが、いかがでしたか?お天気の良い日にお弁当を持ってのんびり動物園散策はいかがでしょうか。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 大人の人気も高い、世界一大きなネズミ「カピバラ」。そのかわいらしい姿に癒されますね。そんなカピバラに…
  2. 一人暮らしや主婦の方が意外と悩むのが、料理の基本。 特に一人暮らしの方などは、今までは家族が料理し…
  3. 群馬県前橋市にある赤城クローネンベルクは、赤城山麓を背景にドイツの街並みを再現した体験型テーマパーク…
  4. 万年筆。使ったことありますか? なんか仕事デキる社会人って感じしませんか? 何を隠そう、デキ…
  5. 中国の中で、最も魅力的な都市のひとつ上海。日本からの直行便も増え、海外旅行としても気軽に行ける都市に…
  6. ワンランク上のバーベキュー
    寒い冬が終わればアウトドアシーズンの到来です。春先の4月末から夏場の8月末にかけてはやっぱりバーベキ…
  7. 海外の有名女性芸能人の中で注目されて、日本にもその効果が話題になった「ココナッツオイル」 キレイに…
  8. あべのハルカス
    東京に続く日本の大都市「大阪」。大阪と言えばたこ焼きにお好み焼きとおいしいものがたくさんです♪ そ…
  9. カフェしながら読書
    休みの日はのんびりと、本を片手にカフェで時間を過ごす…すごく素敵な時間ですよね。 でも、通常の…
  10. 今ではスタンダードになった炭酸美容。まだ、スキンケアでもシャンプーでも値段が高くて試せないと言う話を…

カテゴリー

ページ上部へ戻る