お洒落女子必見!! 美しいパーマを長持ちさせる秘訣!!

  • 2016/10/3
パーマヘア

パーマは女の子らしさをアピールできる可愛い髪型です。
ですが……実際はパーマを思い通りにきめるのは難しいですよね!??
髪が傷んでパサパサになってしまったり、パーマが長持ちしなかったり……
今回はそんな悩みを抱えたお洒落女子必見!!

【美しいパーマを長持ちさせる秘訣】
ドーンと教えちゃいます!!

 

パーマをキープするケア方法

【水分を補充する】
パーマは髪を傷めてしまい、通常の髪型よりも水分量が失われやすいです。なので、パーマを作るために水で濡らすだけでなく、トリートメント力の高いパーマ戻しの整髪料を使用するとパーマが作りやすいです。パーマを作るために、揉みこみましょう。

【パーマをかけた状態をなるべく多く保つ】
パーマ後はキューティクルが開いた状態になっているため、せっかくパーマ液で変えた髪の毛も構造が緩くなりやすいです。なので、髪の毛に癖をつけるためにも多くの時間、パーマを維持させましょう。
パーマ

【櫛でとかさない】
歯の細かい櫛で髪の毛をとかしてしまうと、せっかくかけたパーマがとれてしまいます。手櫛で整えるくらいにしましょう。

 

シャンプー&トリートメントケア

【パーマをかけたその日はシャンプーをしない】
パーマをつけたその日は髪の毛の中にまだパーマ液が入っていて、パーマの記憶の形状の働きをしてくれています。なので洗ってしまうと液が流れてパーマが取れやすくなります。2,3日は髪の毛を洗わないでいると持ちがよくなります。

【パーマ専用のシャンプーを使う】
普通のシャンプーよりも断然、パーマの持ちがよくなります。

【弱酸性のシャンプーを使う】
パーマ専用以外であれば、弱酸性のシャンプーがおすすめです。アルカリ性のパーマ液によってキューティクルが閉じきっていない髪に、更にアルカリ系のシャンプーを使用してしまうと、髪にはかなりのダメージを与えてしまいます。髪が傷んでしまったり、パーマがとれやすくなってしまうのです。キューティクルが開いてしまった髪を元に戻すためには弱酸性のシャンプーがおすすめです。

【パーマを定着させる時期は、トリートメントはNG】
トリートメントは髪の内部にまで入り込むので、パーマを形状する働きを持つパーマー剤には邪魔になってしまいます。パーマを定着させている時期には控えましょう。ちなみにリンスは大丈夫です。

 

ドライヤーのかけ方

【ドライヤーで乾かす時もパーマを作るために揉みこみながら乾かす】
下からふわふわ持ち上げるように乾かすと、パーマが出来やすいし癖がついてくれます。

【パーマを作る時は乾かし過ぎない】
パーマは髪の毛に水分がないと上手く出ません。
乾かし過ぎないようにしましょう。

一押しのおすすめ

【形状記憶パーマをかける】
その名の通り通常のパーマよりも長持ちをします。そして、髪がパーマの形状を覚えてくれているので簡単にユルフワカールを作れるのです。

 

髪質によってはパーマが一週間ももたない人がいます。
そんな人にも形状記憶パーマはおすすめです!!
是非、試して実感してみてください!!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ファッションには季節のトレンドを取り入れているのに、メイクはいつもと変わらない・・・そんなことはあり…
  2. 特定の地域が抱える緊張  最近ニュースで「地政学リスク」という言葉を目にすることが増えました。特に…
  3. 「ダイエットはしたい」「スイーツはカロリーが高い」「自分で作れば低カロリー」「でも時間をかけてまで作…
  4. 伊勢神宮
    地球上には様々なパワースポットと呼ばれる場所があります。パワースポットに行くと心が浄化されたり、元気…
  5. 脱毛
    私は、ジェイエステの顔脱毛を申し込みました。 ジェイエステが他の大手脱毛サロンと異なるところは、フ…
  6. 喉越しさっぱりのところてん。 低カロリー食材として昔から有名ですが、この食材はダイエットにも効果が…
  7. 外出先で、かわいい子犬や子猫を見かけたり、犬をお散歩している人を見ると、ペットを飼ってみようかな………
  8. GWにお金をかけず有意義に楽しむ方法
    ゴールデンウィークの醍醐味は、女性なら買い物が定番ですよね?でも、男性にとっては、お金が無いとどうに…
  9. ウォーキング
    これからの季節、気になるのはお腹のお肉!夏に海やプールを楽しむためにも無駄なお肉を落としておきたいも…
  10. 夏のお悩み対策
    夏と言えば薄着の季節、女性としては、汗、臭い、日焼け、無駄毛、化粧崩れ…様々な季節特有の悩みがあるこ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る