体に良い「食い合わせ」もあるのです

  • 2016/1/7
ぜんざい

「スイカとてんぷらを一緒に食べるとおなかをこわす」「うめぼしと、うなぎを同時に摂るのは良くない」こどもの頃に、おそらくこんな話を聞いたことがあるのではないでしょうか。いわゆる「食い合わせ」ですね。スイカもてんぷらも単品でいただくぶんには、決して害があるものではありません。けれども、時間をあけずに両方を胃袋におさめてしまうと、体に悪いという考え方。

「ただの言い伝えでしょ」「迷信じゃないの」そう反論したくなる気持ちもわかります。ところが、食べ物には、本来の栄養素のほかにも、組み合わせ方によって、本来よりも吸収が良くなったり、もしくは、まったくの逆効果になったりするものがありました。つまり、本来なら控えたいはずの「甘いもの」や「あぶらっこいもの」も、付け合せしだいで、ダイエットやお肌の敵にまわさなくてもすむのです。その一例がこちらです。

〈ぜんざいには、〈きなこ〉をかける〉
甘いけれども、ちょっとだけ塩気がきいた、ぜんざいやお汁粉は、まさに別腹。餅や、白玉団子とも相性が良く、病みつきになりそう。ただし、見た目の通り「糖分」も「炭水化物」も、かなり多め。空腹時にかきこむと、一気に血糖値も上がり、結果として、体重が増加するだけでなく、疲労を感じたり、くすみの原因にもなりかねません。ですが、〈きなこ〉をふりかけるのがおすすめです。きなこをはじめ、〈大豆製品〉には、〈ビタミンB1〉が豊富にふくまれています。そのため、糖質を効率よくエネルギーに変えることができるのです。まさか、お汁粉に豆腐を入れるわけにはいきませんが、豆乳なら「ミルクぜんざい」という言葉があるくらいなので、おいしくいただけますよ。

そして、もうひとつ、ビタミンB1をの吸収を促進させる方法を紹介しましょう。

〈豚肉には、〈ネギ〉を〉
このビタミンは、大豆だけでなく、豚肉にも多く入っているのです。もともと、植物性よりも、動物性食品は、栄養の吸収が良いのが特徴。そのままでも充分、栄養は摂れるのですが、ここで、ネギをふりかけると、さらに代謝が上がります。とんかつの上に、青ネギをかけたり、豚肉のしょうがあえにネギを散らすと、彩りもきれいですし、体も喜びます。

ふしぎですが、健康に良い「食い合わせ」は、舌にも心にも嬉しい組み合わせばかり。カロリー計算のため、電卓をたたきながら、眉間に皺を寄せるより、楽しい気分で、おいしいものを頂きながら生きていきたいものですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 伊勢神宮
    地球上には様々なパワースポットと呼ばれる場所があります。パワースポットに行くと心が浄化されたり、元気…
  2. 温泉地の極上のお宿
    いつもは仕事で忙しく、なかなか一緒にいられないカップルのみなさん!ゴールデンウィークは休みを合わせて…
  3. 特選お土産
    ゴールデンウィークは、観光や帰省で地方へ出かけることが多い時期です。休み明けに職場や学校でお土産を渡…
  4. シンプルなコーデほど難しい。 オシャレが好きな女の子達にとってシンプルにオシャレを楽しむということ…
  5. 群馬県前橋市にある赤城クローネンベルクは、赤城山麓を背景にドイツの街並みを再現した体験型テーマパーク…
  6. お茶でコミニュケーション
    ☆価値観のお話☆ 人と自分を比べて大きく違うことのひとつに、価値観というものがありますね。 どう…
  7. 地球へのダメージを代償に、科学技術の進歩とその恩恵を受けた20世紀。 自然は闘う相手でもありました…
  8. ここのところ連続でトレンドに取り上げられている「ギンガムチェック」。 でも確かに、かわいい!で…
  9. アロマオイル
    皆さん日常的にアロマオイルを焚いたりして、ストレス解消に役立ててないですか? じつは、そのアロマオ…
  10. サラート
    今回はムスリムのお祈り(サラート)と断食(ラマダン)についてお話したいと思います。 ムスリムの…

カテゴリー

ページ上部へ戻る