赤ちゃんを「可愛い」と思えないとき その4

  • 2016/9/23

■君の気持ちがわからない

仕事と育児の一番大きな違い。それは、「言葉が通じない」ことではないでしょうか。なんだ、そんなことかという声が聞こえてきそうですが、言葉が通じるかどうかは根本的なものを左右しませんか?もし、あなたが「今日からこの人を24時間体制で世話するのがあなたの仕事です」と、全く言葉の通じない相手を紹介されたらどう思うでしょうか。

相手は何かを言っている。でも意味は全くわからない。何か不満がありそうだけど、どこかが痛いのかもしれない。いやいや、お腹がすいた?…ご飯を用意しても食べないな。もっと怒ってるな。口に合わなかったのかな。それともお腹なんて空いてなくて、暑いだけとか?眠くなったから、布団を用意しろってこと?すごく責められてる気もしてきた。せめて身振り手振りだけでもしてくれたら分かるのに、この人怒るだけで何もしてくれないよ!

うんざりしませんか?仕事では、どんなに理不尽なことであっても、相手の話す内容はわかります。意味不明なことを言っているとしても、それが意味不明だということはわかります。でも、赤ちゃんが相手の場合、それが意味不明な単なる叫びなのか本当に助けを求めているのか、ということすらわかりません。ひたすら、「こういうことかな?こうしたいのかな?」、と考えを巡らせるしかないのです。これが24時間。気が遠くなります。

コミュニケーションをとれないことが、こんなに辛いものだと私は知りませんでした。そして、話の通じない相手の側に一人でいるストレスは、相当なものでした。経験を積んでいれば、もう少し赤ちゃんの要求が分かったのかもしれません。赤ちゃんが泣いても気に病むことはないと分かっていれば、気も楽だったでしょう。でも、初めての育児ではそうもいきません。眠れないことも、家事ができないこともストレスでしたが、私にとって一番のストレスは赤ちゃんと意思疎通ができないことでした。だからこそ、子どもが指さしなどするようになり意思表示がはっきりするようになった頃から、胸が締め付けられるような重苦しい気持ちは消えていったのでしょう。

■あなたが苦しい原因はなんですか?

育児が辛くなる理由は、人それぞれです。意思疎通どうこうより、ともかく睡眠時間がないのが辛い、という人もいれば、自由な時間がないのがともかくストレス、という人もいるでしょう。出産前まできれいに片付いていた家が、散らかりっぱなしなのが耐えられないという人、それより腰痛と腱鞘炎がひどくて抱っこが苦痛でしかない人、乳首が切れて授乳するたびに涙が出るほど痛いのが耐えられないという人、母乳育児なので食事とアルコールを制限していたら我慢の限界に達したという人。ストレスの理由は様々でしょう。でも、共通して言えるのは、もしその辛さが「赤ちゃんを可愛く思えない」レベルに達しているなら、何かしらのケアや対応が必要だということです。

次に続くの二つの記事では、赤ちゃんの育児に疲れたお母さんをケアする方法を考えます。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 人間関係はどこにいっても大変です。だけど、逃げてばかりいられないのが人間の辛い現実です。風水は身の回…
  2. ホテルでランチ
    連休はレジャースポットに遊びに行くのもいいですが、ホテルやレストランで優雅なランチタイムを過ごすのも…
  3. 夏野菜の美容効果
    夏は強い日差しを浴び、栄養満点、美容効果抜群の野菜がたくさんあります。 毎日の料理に上手に取り入れ…
  4. 柄物コーデ
    春夏は「柄物」が着たくなりますよね!!普段シックに決めている人も花柄やチェック、水玉、幾何学模様…な…
  5. 結婚の
    長い長い結婚生活。やはり夫との関係で心配なのはマンネリ化ですよね。もちろん、付き合い始めの時と比べて…
  6. 保湿・保水
    20代に比べて、30代になると肌は乾燥しがちになり肌のターンオーバーも遅くなっていきます。20代の頃…
  7. 20代では真剣に考えないのが、生命保険や医療保険だと思います。 確かに入院するような病気もしないで…
  8. 絵本を読む母と子
    食事への配慮はするけれど、まだ文字も読めない赤ちゃんに“心にも栄養を”と言われても、いまいちピンとこ…
  9. 北海道の見所
    北海道は札幌雪祭りなどの影響からか冬のイメージが強いですが、実はゴールデンウィークでも見どころ満載な…
  10. 入浴剤
    太古の時代からゆたかな「水」に恵まれている日本。 清潔好きで知られる日本人にとって、毎日お風呂…

カテゴリー

ページ上部へ戻る