日本人女性が作った「刺繍の猫シャツ」シャツがネットで大人気

2016-10-11

o-cat-570

日本人刺繍作家クボタヒロコさんの、何ともかわいらしい作品がネットで人気だ。
その作品は、シャツの胸元に、本物と見まがうばかりの猫を刺繍したものだ。ポケットから猫が顔を出している様子を見事に表現している。
クボタさんがシャツに猫を刺繍するようになったのは、息子のためだった。身体が小さくて既製品が合わないので洋服を手作りしていたところ、猫のアップリケがほしいとせがまれたのだ(クボタさんのサイトによれば、もともと「家族の服を縫ったり編んだりするのが大好きで、そこに小さなワンポイントのアップリケなど」を刺繍していたという。サイトでは、ほかの刺繍作品も販売されている)。

「息子のパソコンには、かわいらしい猫の写真がたくさん保存してあるのです」とクボタさんは説明する。息子にもらった猫の写真をもとに、初めてシャツに刺繍をし、その出来ばえに満足したクボタさんは、自身のFlickrページに画像を投稿してみた。すると、インターネット上で瞬く間に広まり、猫マニアたちから注文がなだれ込んだのだ。
シャツはその後、楽しい手作り作品でいっぱいの専門ECサイト「Etsy」で、250ドルから300ドルの価格で販売された。手元にあったものは完売したという。

今でもオーダーメードの注文を受け付けてはいるが、ブログによれば、予約は来年の6月までいっぱいだという。また、そのせいで、ファッションに猫を取り入れることの好きな息子(現在20歳)のための制作時間は、あまりとれなくなってしまったようだ。「それに息子は、自分の身長が低いことがアメリカにまで知れ渡ったと文句を言っています」。

クボタさんに、ネット上の猫ブームと、突然の成功についてどう思うか、尋ねてみた。「犬好きの人は、パソコンの前に座るより、犬を連れて散歩に出かけたがるタイプなのかもしれないですね…シャツに犬を刺繍してほしいという注文も来るのですが、大きなレトリバーをポケットに入れるのは無理だと思うんです」とてもロジカルな答えだ。

o-yawn-570

(the huffingtonpost)

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 「あっ、新作のカタログが届いた」とルンルン気分でポストへ足を向けてみると、やっぱり私の予想通り…なじ…
  2. 「ダイエットはしたい」「スイーツはカロリーが高い」「自分で作れば低カロリー」「でも時間をかけてまで作…
  3. 夏のしい外線対策はばっちり!と思っていて見逃しているのがリップケアではないでしょうか? 2年くらい…
  4. オーソドックスな白いシャツ。洗いざらしの清潔感あふれる雰囲気は、いつの時代でも、どの年代の方にも似合…
  5. 国際結婚
    国際恋愛にあこがれたことはありませんか。外国人男性には日本人男性にない魅力があったりします。国際結婚…

カテゴリー

ページ上部へ戻る