夜の大阪・新世界さびしく? 通天閣、来年まで消灯

2016-9-2

AS20160902001013_commL

夜の大阪・新世界で、通天閣(高さ103メートル)の明かりが消えた。1日から始まった5年ぶりの改修工事に伴う消灯で、再点灯は来年2月になりそうだ。いまの通天閣は2代目で、今年は1956年10月の再建から60年の節目。改修を担う日立製作所は「60周年を意識した改修で、より美しく大阪の街を照らしていきたい」としている。

再建翌年に日立製作所がネオン広告を掲げ、日没後からライトアップされてきた。改修工事は数年ごとで、今回が13回目。前回2011年はネオン管の多くをLEDに取り換えた。

同社によると、今回は照明の色の変更などを検討。通天閣は工事中も営業するが、屋外展望台「天望パラダイス」は今月5~30日は閉鎖する。

(朝日新聞デジタル 長谷川健)

ライター体験レポート

  1. 40000
    ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. enchibote
    肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 腹痛
    一か月に一度、女性が悩まさる生理痛は女性にとって憂鬱なものです。ですが、どんなに憂鬱でも女性にとって…
  2. 脱毛
    私は、ジェイエステの顔脱毛を申し込みました。 ジェイエステが他の大手脱毛サロンと異なるところは、フ…
  3. 脱毛
    グレース銀座脱毛店に通っていました。 フェイシャルの脱毛ができるということと、「コラーゲンパック」…
  4. 頭痛
    普段から、頭痛もちで、痛み止めのお薬が手放せない!という人いませんか? でも、なるべくなら頭痛…
  5. 優雅なランチ
    ゴールデンウィークなどの長期連休は、普段とは違うお食事を楽しみたいですよね? 外食で、ファミレスや…

カテゴリー

ページ上部へ戻る