「とと姉ちゃん」全話平均22・8% 「花アン」超え今世紀3位の快挙

2016-10-3

20161003-00000083-spnannex-000-8-view

女優の高畑充希(24)がヒロインを務めたNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(月~土曜前8・00)の最終回が1日に放送され、全156回を通じた期間平均視聴率は22・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが3日、分かった。今世紀の朝ドラとしては前作「あさが来た」の23・5%、2002年前期「さくら」の23・3%に続き、3位となった。

14年前期「花子とアン」と01年後期「ほんまもん」の22・6%を上回った。

最終回の平均視聴率は21・8%。初回22・6%と好スタート。週間平均は全26週で20%の大台を突破した。番組最高は第117話(8月17日)の25・9%。

昭和初期から高度経済成長期を背景に、亡き父親に代わり、一家の大黒柱として母親と2人の妹を守る「とと(=父)姉ちゃん」こと小橋常子(高畑)が戦後の東京で女性向け雑誌を創刊する姿を描いた。モデルは雑誌「暮しの手帖」を創刊した大橋鎭子(しずこ)。歌手・宇多田ヒカル(33)が主題歌「花束を君に」を書き下ろし、約5年ぶりに音楽活動を復帰したことでも話題になった。

最終回は物語の序盤で亡くなった西島秀俊(45)が演じる父親の竹蔵が再登場。54歳になった高畑演じる常子が夢の中で父の竹蔵と再会し「あなたの暮し出版」の中を案内。常子は竹蔵にほめられて涙するという内容だった。

主題歌が流れる中で幕が閉じるとインターネット上は「泣けた。有働さんもきっと号泣している」「素敵な半年をありがとう」と感動のコメントのほか「ついに終わってしまった」「脱力感」などと放送終了を惜しむ声が集まり、ロス現象が起こった。

(スポニチアネックス)

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 手をつなぐ男女
    大好きな人としたはずの結婚。最初は少しでも一緒にいたいと思ったはずの相手のことが、気づけば少しでも家…
  2. 東山動植物園は愛知県名古屋市にあります。市営の動植物公園で「名古屋市東山公園 動植物園」が正式名称で…
  3. 洗濯物
    全編はこちらhttp://ca-y-est.com/?p=5840 5)ピンハンガー類を、その…
  4. ムスリム
    今回はムスリム女性についてお話したいと思います。 まず、マレーシアの人口対比の説明から。 マ…
  5. 朝起きて、今日も仕事だ~と気分がのらなかったり、友達や恋人、家族の問題であたまを悩ませていたり。社会…

カテゴリー

ページ上部へ戻る