織田裕二主演「IQ246」初回視聴率は13.1% 土屋太鳳の番宣が話題

2016-10-17

21bd8_929_spnldpc-20161017-0094-0-cm

俳優の織田裕二(48)が主演を務めるTBS日曜劇場「IQ246~華麗なる事件簿~」(日曜後9・00)が16日、20分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は13・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが17日、分かった。

貴族である法門寺家の末裔(まつえい)であるIQ246の天才、法門寺沙羅駆(ほうもんじ・しゃらく)が膨大な知識と鋭い観察眼を武器に難事件を解決する1話完結型の本格ミステリー。

織田が同局の連続ドラマに主演するのは9年ぶり。沙羅駆を警護する刑事を土屋太鳳(21)、執事をディーン・フジオカ(36)、法医学専門医監察医を中谷美紀(40)が演じる。

同作PRのため織田、土屋らが出演した同局の「オールスター感謝祭」(8日後6・25)で、土屋が名物コーナー「赤坂ミニマラソン」に出場し、8位入賞の激走。フラフラになりながら「IQ246を見てください」とドラマをアピールすると、司会の今田耕司(50)が「こんな命がけの番宣あります?」と感動の涙を流したほか「太鳳ちゃんに感動した」「一気にファンになった」などの声がインターネット上に上がるなど大きな反響を呼んでいた。

初回は、神奈川・北鎌倉にある法門寺家の89代目当主・沙羅駆(織田)は同家の長男に遺伝するという知能指数(IQ)246の頭脳を持ち、平凡な毎日に退屈していた。ある日、警視庁捜査1課から刑事・奏子(土屋太鳳)が沙羅駆の護衛を命じられ、法門寺家にやって来る…という展開だった。

(スポニチアネックス)

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 老後に必要なのは1500万〜3000万円  みなさんは、現在お金を貯蓄しているでしょうか。若いうち…
  2. マレーシア
    今回はマレーシアで暮らすのにどれぐらいの生活費がかかるのか具体的な例をあげて見ていきたいと思います。…
  3. 手をつなぐカップル
    気になるあの人との初デート。何を着て行こう、何を話そうなんてドキドキするものですよね。そんな楽しみな…
  4. スイーツ
    ○ダイエット…でも食べたい! ストレスが溜まったときや疲れたときには甘いもの。でもダイエットもある…
  5. 色彩
    仕事のスキルアップにも、自分磨きにも、多くの現代女性は、すきま時間を工夫して勉強時間を作り出す名人で…

カテゴリー

ページ上部へ戻る