山田涼介主演「カインとアベル」8・8% 月9初回最低更新

2016-10-18

山田涼介

Hey!Say!JUMPの山田涼介(23)がフジテレビ“月9”初主演を務める「カインとアベル」(月曜後9・00)が17日に15分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は8・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが18日、分かった。

昨年7月期「恋仲」の9・8%を下回り、数々のヒット作を生み出した看板ドラマ枠「月9」の初回最低を更新した。

最近の月9初回視聴率は今年7月期「好きな人がいること」=10・1%、4月期「ラヴソング」=10・6%、1月期「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」=11・6%、昨年10月期「5→9~私に恋したお坊さん~」=12・9%、昨年7月期「恋仲」=9・8%。

最近の月9は視聴率低迷。今年1月期「いつかこの恋を…」は期間平均(全10話)=9・7%、今年4月期「ラヴソング」は期間平均(全10話)=8・5%。2クール連続して月9期間平均ワーストを塗り替えた。

今作は兄(桐谷健太)と比較され、何をやっても認めてもらえない主人公の優(山田)が、仕事や恋に悩むヒューマンラブストーリー。旧約聖書の兄弟の物語「カインとアベル」が原案で、ジェームズ・ディーン主演の米名作映画「エデンの東」の基になったことでも知られる。

山田の同局ドラマ出演は、2008年6月に放送された単発作品「古畑中学生」以来。脚本は「東京DOGS」「マルモのおきて」などを手掛けた阿相クミコ氏。演出は「神様、もう少しだけ」「電車男」「のだめカンタービレ」などで知られる武内英樹氏ほか。

初回は、優(山田)は父・貴行(高嶋政伸)が社長、兄・隆一(桐谷健太)が副社長を務める会社で働いている。その創立50周年記念パーティーが行われている中、抜け出した優は、1人でシャンパンを飲もうと栓を開けた。すると、通り掛かった梓(倉科カナ)のドレスに飛んでしまい、優は慌てて謝る…という展開だった。

月9としてはラブストーリーを前面に押し出さず、骨太なテイスト。SNS上には「山田君の演技が今までと違い、大人」などの声も相次ぎ、今後の巻き返しが期待される。

(スポニチアネックス)

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 女性であれば一度はダイエットをしてみた人は少なくないと思います。今は様々なダイエット法がありますよね…
  2. AB型
    血液型によって性格が違うこと知っていましたか? 今回は【AB型人間血液型説明書】のご紹介を致します…
  3. コーヒー
    女の子って、カフェ好きですよね。 何を隠そう、私もカフェが好きで一人で入り浸ることもあります。 …
  4. 連休は家でゆっくり過ごしたい
    旅行や帰省、行楽地へ出かける人たちで、ゴールデンウィークは各地で混雑しています。人混みが苦手な方や、…
  5. 結婚式
    20代~30代にとって、結婚式は身近な話題ですね。自分が式を挙げることもあれば、呼ばれることも多くな…

カテゴリー

ページ上部へ戻る