人間失格号 太宰治生誕の地で出発進行 青森・五所川原

2016-10-24

7-1

太宰治生誕の地、青森県五所川原市金木町などを走る津軽鉄道は22日、太宰らをイメージしたキャラクターが登場する人気アニメ「文豪ストレイドッグス」のイラストで車内をいっぱいにした限定列車「人間失格号」の運行を始めた。
このアニメは、太宰のほか、芥川龍之介やドストエフスキーなど国内外の作家をモデルにした登場人物が、それぞれの著作にちなんだ特殊能力で戦うバトル漫画が原作で、4月にアニメ化された。物語は主人公の「中島敦」が入水自殺をはかった「太宰治」を助けるシーンから始まる。太宰の特殊能力は、ほかの人の能力を無力化する「人間失格」。

限定列車は「人間失格」のヘッドマークを付け、網棚の上の部分にアニメの太宰登場シーンを集めた画像集を展示。柱にはほぼ等身大の太宰が描かれている。

初運行では、太宰風のコートを着て記念撮影するファンの姿も。アニメを見て太宰治に興味を持ったという青森市立小柳小5年の工藤明日香さん(10)は、「見たことがあるシーンがたくさんあって楽しい」と喜んだ。五所川原市立一中1年の荒谷佳樹さん(13)は「これを機に、アニメを見てみたい」と話していた。運行担当者は「印象的な名称でつかみは上々。アニメの『聖地巡礼』で地域を盛り上げたい」と意気込んでいる。

10月は30日まで1日5往復。11、12月にもそれぞれ期間限定運行を予定している。

列車は、アニメとの連携で若い観光客を増やそうという県のキャンペーンの一環。12月28日まで、登場人物の等身大パネルが津軽を中心に各地に設置されるほか、コミックスや小説版を太宰の生家「斜陽館」に持参すると入館料が割引される。

(毎日新聞)

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. マレーシア
    今回はマレーシアで暮らすのにどれぐらいの生活費がかかるのか具体的な例をあげて見ていきたいと思います。…
  2. やはり、彼氏ができたら自分の手料理を食べてもらいたい!という願望を女性は持ちますよね!でも、実際肉じ…
  3. 子供の頃、家族で潮干狩りに行って、めちゃくちゃ楽しかった!という記憶がある方も多いはず。 お子さん…
  4. 塗るボトックスアルジルリンの6~10倍の効果があるといわれている、 美容先進国のスイスで生まれた「…
  5. サイクリング
    ちょっと体を動かしただけで汗ばむ季節になりました。こんな季節だから、外に出て何か新しくスポーツを始め…

カテゴリー

ページ上部へ戻る