宮沢りえ 熱愛報道のV6森田剛と絆の「手つなぎ沖縄旅行」

2016-11-1

20161101-00010001-jisin-000-1-view

10月24日月曜日の午後2時25分。東京・羽田空港発、沖縄行きの機内、前方の窓際席に並んで座ったカップルがいた。宮沢りえ(43)とV6の森田剛(37)だ。

りえはストローハットをかぶり、白いノースリーブにデニム。森田は長袖シャツとデニムで、2人お揃いの丸メガネをかけているのが印象的だ。沖縄までの2時間40分、森田はほぼ熟睡状態。りえも寝たり起きたりしていたが、2人は手をしっかり握ったままだった。

森田がようやく起きると、りえがもたれかかるように甘え、親しげに話している。終始ラブラブ状態だった。ややお疲れ気味の二人だったが、それには理由があった。この2日前からほぼ一緒に行動し、ハードスケジュールをこなしてきたのだ。

『週刊新潮』によると、10月22日の夜、東京・代官山の書店とカフェでデートをした2人は、日付が変わった23日未明に歩いてりえの自宅マンションへ。昼前の11時ごろ、森田はりえのマンションから1人出て、15時から国立代々木競技場第一体育館で開かれた歌フェスにV6の一員として出演した。客席には応援するりえと子供の姿もあったという。本誌が2人を見かけたのは、この翌日になる。

「りえさんは仕事があるときはベビーシッターさんを雇っています。お嬢さんはこの春から小学校に通われていて、月曜日は学校がありますから、シッターさんかお知り合いのところに預けて、2人でバカンスを楽しみに行ったのでしょう」(芸能関係者)

熱愛のきっかけは、8月9日から東京・シアターコクーンで上演されていた舞台『ビニールの城』での共演だった。ある舞台関係者は、こう説明する。

「この舞台は今年5月に亡くなった蜷川幸雄さんが演出する予定だったもので、いわば彼の遺作。蜷川さんは2人にとっても恩人ですから、稽古前から2人の入れ込みようはこれまで以上でした。普通は台本を手にしたままやる立ち稽古のときも、2人は完璧にセリフを頭に入れてくる熱心さでした」

劇中、森田が腹話術を披露するシーンがあった。稽古のときは3つの声を使いわけ、りえたちを笑わせていたという。

「剛さんは『ここどうしたらいいでしょう?』と普通なら演出家に相談に行くところをりえさんに相談して、彼女も手取り足取り、弟をかわいがるみたいに面倒みていました。本番中、りえさんが足をケガしたことがあって、素足で水に入るシーンでは、剛さんが本気で心配していました」(前出・舞台関係者)

千秋楽のカーテンコールでは2人とも大号泣。

「終わって袖に引っ込んでからも、2人は肩を抱き合って泣いていました。濃密すぎる2カ月間を過ごして、そのままプライベートでも離れられなくなってしまったんじゃないでしょうか」(前出・舞台関係者)

りえと言えば、09年に結婚した元サーファーの男性と、離婚協議が紛糾。3年半を費し、今年3月にようやく離婚を果たしたばかり。

「りえさんは3年前の同じ蜷川&唐十郎コンビの舞台『盲導犬』のときも、共演した古田新太さんや小久保寿人さんと噂になりましたが、あのときは離婚もまだでしたし、お母さんの光子さんもご存命でした。でも14年9月にお母さんも亡くなり、離婚も成立したということで、今回は誰に臆することもない“自由の身”。森田さんも交際が噂されたタレントとは別れたと聞いています。機内でも、堂々と手をつないでいるのも、二人の“本気度”が現れています。森田さんも、アラフォーですし、結婚に舵を切ってもおかしくないと思いますね」(別の芸能関係者)

夕方5時半、飛行機は那覇空港に到着。黒のバックパックを背負った森田は紙袋を抱え、手荷物カウンターに向かい、荷物をピックアップした。りえのところに戻ると腕を組んだり手をつないだりして、歩き出す。二人は周囲をまったく気にすることなく、夕闇の那覇の街に消えて行った。りえの娘にも慕われているという森田。2人の関係がさらにもう一歩進みそうな後姿だった――。

(女性自身)

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. いつの時代も男性にモテモテな清楚系女子。でも女子にありがちなのが清楚なのと暗いのを一緒にしてしまうこ…
  2. お金をかけずにゴールデンウィークを楽しむ
    せっかくのゴールデンウィーク、楽しみたいけどお金はかけたくない…という方もいるのではないでしょうか?…
  3. 星座
    人間は生まれた星座によって生まれ持った性質や行動パターンが備わっています。 それは生きていく中で形…
  4. ドクダミは森林公園などに遊びに行った時などに、道端に生えていたりしますし、自宅の庭にも自生していたり…
  5. 御朱印帳
    “御朱印”という言葉、聞いたことありますか? パワースポット巡りが流行ったのとあわせて、“御朱印集…

カテゴリー

ページ上部へ戻る