『くら寿司』が牛丼販売へ 大手チェーン初の試み

2016-11-4

20161102-00000310-oric-000-4-view

回転寿司チェーン「無添くら寿司」が2日、都内で新商品発表会を行い、4日から新サイドメニュー『牛丼を越えた、「牛丼」』を全国販売することを発表した。大手回転寿司チェーンとしては初の試みとなる。

これまでも「うな丼」「カレー」「ラーメン」など、回転寿司チェーンの枠を越えたサイドメニューを売り出してきた「無添くら寿司」。新発売の牛丼は、醤油、砂糖、みりん、酒、「7種類の魚介ダシ」を加えた特製ダレが魅力。特製ダレと国産玉ねぎの甘味が染み込んだアメリカ産のバラ肉が使用されている。全国379店舗の「無添くら寿司」にて販売。価格は370円(税抜)。

くらコーポレーションの商品開発部の松島由剛氏は「開発に6年掛かりました。2万杯の失敗をして、ようやく完成しました」と苦労を告白。田中信取締役副社長も「手間暇を掛けた本格牛丼」と確かな自信をにじませた。

この日の発表会には、お笑いコンビのますだおかだ・岡田圭右(47)の娘で、モデル・タレントの岡田結実(16)、ピン芸人のじゅんいちダビッドソン(41)も出席。新メニューがお披露目されると、岡田は「おぉ~!」と驚いた表情を浮かべ、じゅんいちも「お寿司屋で牛丼って、これはお寿司屋の伸びしろですね!」とギャグを交えて、その衝撃を表現した。

ひと足早く試食すると「めちゃくちゃおいしい!」と口をそろえた2人。終了後の囲み取材で岡田は、大ヒットを祈願して「開店ガラガラ! ワォ!」と、父のギャグを拝借して、笑いを誘っていた。

(オリコンスタイル)

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 中国の中で、最も魅力的な都市のひとつ上海。日本からの直行便も増え、海外旅行としても気軽に行ける都市に…
  2. 職場にお弁当を持ってくる男性も多くなりましたので、女性がお弁当を作っていないだけで見下された経験はあ…
  3. 近年、女の子同士で集まる会を女子会と言いますが、それの対象としてごく最近増えてきているワードが『男子…
  4. 運命
    みなさんは「運命の人」を信じますか? 私は運命論者でもなく、あまりそういったことに興味がなかっ…
  5. 今ではスタンダードになった炭酸美容。まだ、スキンケアでもシャンプーでも値段が高くて試せないと言う話を…

カテゴリー

ページ上部へ戻る