『真田丸』から来年の大河『おんな城主 直虎』に粋なエール

2016-11-14

20161114-00000300-oric-000-1-view

NHKで放送中の大河ドラマ『真田丸』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)は13日に第45回「完封」が放送され、残すところあと5回となった。第45回は、主人公・真田幸村(堺雅人)が「日本一の兵(つわもの)」と称えられる活躍をみせる大坂冬の陣がついに開戦。戦(いくさ)が始まる直前、幸村から来年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』へのエールを贈るようなシーンがあり、「さすが三谷さん、来年の大河ドラマまで宣伝するサービス精神を発揮!」などと、ツイッターの投稿も盛り上がっていた。

それは、真田丸の物見櫓に立つ幸村と高梨内記(中原丈雄)が、徳川勢を見下ろしながら交わした会話。

幸村「壮観だ」
内記「相手に不足はございません。あちらにも赤備えがおりますぞ」
幸村「あれは井伊直孝だ、かの井伊直政の次男坊だ」
内記「井伊でございますか」
幸村「向こうにも、ここに至るまでの物語があるんだろうな」
内記「一度、聞いてみたいものですな」

来年1月8日スタートの大河ドラマ『おんな城主 直虎』は、女優の柴咲コウを主演に迎え、戦国時代に男の名で家督を継いだ、遠江(とおとうみ/静岡県西部)井伊家の当主、井伊直虎(いいなおとら)の激動の生涯を描く。

直虎は、事実上の当主として、仲間と協力して国を治め、駿河の今川、甲斐の武田、三河の徳川と3つの大国に領地をねらわれる中、幼い世継ぎの命を守ってたくましく生き延び、その後の発展の礎を築いた。その幼い世継ぎこそが、後に徳川家康の重臣となる井伊直政。時代的には、『真田丸』よりも一世代分くらいさかのぼることになる。

(オリコンスタイル)

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. コンドミニアム
    ‘マレーシア’というと皆さんは何が浮かびますか? 私にとってマレーシアは、正直‘未開な国’とい…
  2. ブラックコーデ
    キーカラーがブラック…って秋冬は着やすいですが、春夏は敬遠する人もいるでしょう。 でもおすすめブラ…
  3. 養老保険とは?  生命保険のひとつに養老保険というものがあります。生命保険とは契約期間中に被保険者…
  4. さて、ぜひ住まいの運をUPさせたい、という女性の方はいらっしゃいませんか?そういう女性の方を対象に、…
  5. 朝目覚める女性
    明日こそは早起きしよう!と思って眠りについても、いざ翌朝になって目覚ましが鳴ると「あと5分・・・」と…

カテゴリー

ページ上部へ戻る