TDL 新エリアで会えるドナルド&デイジー 「キャンプ・ウッドチャック」本日オープン!

2016-11-22

223461

東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドは、東京ディズニーランドのウエスタンランドに、ディズニーのコミックブックに登場した「ジュニア・ウッドチャック」シリーズの世界をテーマにした新エリア、「キャンプ・ウッドチャック」が11月22日(火)オープンレストランやグッズを扱うショップのほか、キャラクターグリーティング施設にはドナルドダックとデイジーダックが登場。

「ジュニア・ウッドチャック」シリーズとは、ドナルドダックの甥であるヒューイ、デューイ、ルーイたちが野外活動を通して自然を満喫するグループ「ジュニア・ウッドチャック・オブ・ザ・ワールド」のメンバーとなって、アメリカ原生地を舞台に楽しく活躍するディズニーのコミックブックのこと。同シリーズをテーマとした新エリアの「キャンプ・ウッドチャック」には、東京ディズニーランドでは2つ目のキャラクターグリーティング施設となる「ウッドチャック・グリーティングトレイル」が登場。ドナルドダックとデイジーダックが同エリア限定のかわいらしいコスチュームを着て、ゲストを歓迎する。

また、飲食施設となる「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」も新設する。屋内ダイニングエリアや見晴らしが良いテラス席を含めた屋外席など、約440席を持つレストランとして登場する予定だ。キャンプをイメージして開発したメニューには東京ディズニーリゾートでは初登場のワッフルを使用したサンドや、アメリカなどでキャンプの定番メニューである“スモア”(=焼いたマシュマロとチョコレートを使った、キャンプファイヤーで人気のデザート)をイメージしたデザートなどを販売。世界観が広がるメニュー。

そのほか、「キャンプ・ウッドチャック」のエリア近辺には、新しい商品ワゴン「ハッピーキャンパーサプライ」も登場。オリジナルグッズも一部販売する。アメリカ河沿いの大自然を背景に誕生する新エリア、「キャンプ・ウッドチャック」!

※本施設のオープンに伴い、東京ディズニーランドのキャラクターグリーティング施設数は合計2施設、飲食施設数は合計52施設、商品販売施設は合計51施設となります。

※写真はすべてイメージです。過去の取材時に撮影した画像を再利用することがあります。

(C) Disney
《cinemacafe.net》

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 人が多いのが苦手という方にオススメの穴場スポット
    ゴールデンウィークといえば、渋滞や人混みは避けては通れない問題ですね。しかし、例年そこまで混雑しない…
  2. 女性で自営業者の方が仕事運をさらにUPしたいと思ったり、家事に携わる女性が縁起のいい家具が欲しいと思…
  3. トースト
    ○少しのアレンジで大変身! 朝食やブランチなどで食べることが多いトースト。玉子とベーコンを焼いてサ…
  4. みなさん、眼は悪いですか? わたし、視力は両目とも0.02しかありません。ほとんど見えない! …
  5. 雨の季節・・。 雨が降ると、気分までジメジメしてしまうのよね。 そんな時、雨でも元気にお出掛…

カテゴリー

ページ上部へ戻る