「ブラックフライデー」ってなに?日本でも、イオンなど大規模に開催

2016-11-25

news2923503_38

アメリカでクリスマス商戦へ向けて大規模なセールが行われる「ブラックフライデー」が日本でも始まりました。

流通大手のイオンは、「ブラックフライデー」を今年初めて開催。営業を1時間延長した店舗では、およそ1000円のTシャツを100円で販売するなど、全国のおよそ500店舗で、25日から3日間、セールを行います。

「こういうイベントが増えるといいな」

「ブラックフライデー」はアメリカでは感謝祭の翌日の金曜日のことで、その日からクリスマス商戦へ向けて大規模なセールがスタート。「売り上げが黒字になる」ことを意味します。

衣料品店のGAPでは、先着100人にセーターを100円で販売。元の価格が1万3000円近いものもあるなど、大幅な値引きが行われました。

「9900円が100円。大学生には本当にうれしいです」

消費が低迷する中、流通各社としてはアメリカのようなイベントに定着させたい考えです。

(TBS NEWS)

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. B型のダイエット食品
    血液型によって、食べる食材や運動の仕方を変えるとダイエット効果があるのを知っていますか? 今回は、…
  2. イエローコーデ
    春夏はビビッドカラーにもトライしたい!でもイエローって難しいのでは…と思われがちですよね。 イエロ…
  3. LCCとはローコストキャリアーのこと、コストをギリギリまで落として格安なフライトを提供する航空会社の…
  4. 日焼け止めを塗る
    冬が終わり、春から夏にかけてだんだんと気温が高くなってきますね。気温が上がると同時に強くなってくるの…
  5. デフォルトとは何か  2000年代に入ってから世界の金融システムが混乱し、様々な経済上の問題が発生…

カテゴリー

ページ上部へ戻る