日光東照宮の国宝「眠り猫」 修復終わる

2016-11-28

neko

大規模な修復が行われている栃木県の日光東照宮で、国宝に指定されている「眠り猫」の彫刻の修復が完成し、よみがえった鮮やかな姿がお披露目されました。
日光東照宮の国宝「眠り猫」は、坂下門につながる回廊にある江戸時代の彫刻で、彩色がはげ落ちるなど傷みが目立ってきたため、ことし6月に取り外され、およそ60年ぶりの修復作業が進められてきました。

28日朝、職人たちが修復を終えた「眠り猫」を元の場所に取り付け、よみがえった鮮やかな姿がお披露目されました。修復作業は江戸時代の技法で行われ、古い絵の具の洗い落としや下地作り、彩色などおよそ30の工程を経て、仕上げられたということです。

彩色の作業を担当した日光社寺文化財保存会の澤田了司さんは「昔の人の思いが込められている作品なので、緊張して作業に当たりました。これから末永く保存されることを望んでいます」と話していました。

日光東照宮では「見ざる、言わざる、聞かざる」で知られる「三猿」の彫刻の修復も行われていて、来年3月に公開される予定です。

(NHK NEWS WEB)

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ベビーマッサージ
    ベビーマッサージというものを聞いたことがありますか? 3歳くらいまでの赤ちゃんに行うマッサージで、…
  2. ビーチを歩くカップル
    今回はカップル限定と言うことで、俗に言う非リアの私は夢と妄想を抱きながらオススメをして行きたいと思い…
  3. むくみ
    普段、長時間の立ち仕事をしている方は、他の方より足がむくみやすくって困っているんじゃないかと思います…
  4. デフォルトとは何か  2000年代に入ってから世界の金融システムが混乱し、様々な経済上の問題が発生…
  5. 富士急ハイランドは、山梨県富士吉田にある遊園地です。絶叫系アトラクションが多いですが、子ども向けのア…

カテゴリー

ページ上部へ戻る