「逃げ恥」20分遅れも大幅UP 視聴率自己最高16・1% 

2016-11-30

20161129-00010001-etalent-000-1-view

女優の新垣結衣(28)が主演を務めるTBS「逃げるは恥だが役に立つ」(火曜後10・00)の第8話が29日に放送され、平均視聴率は16・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが30日、分かった。Jリーグのチャンピオンシップ決勝第1戦「鹿島×浦和」中継(後7・00)のため、20分遅れの午後10時20分からのオンエアとなったが、大幅2・5ポイント上昇で自己最高をマーク。ついに15%を突破した。

初回10・2%は、2014年4月期に新設された火曜ドラマ「火10枠」としては初の2桁発進。第2話で「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」(15年4月期)最終回の10・5%を大きく上回る12・1%を記録し、火ドラ歴代1位に。第3話12・5%、第4話13・0%、第5話13・3%、第6話13・6%と右肩上がり。第7話13・6%とストップしたが、第8話は2・5ポイントと大幅に数字を伸ばし、自己最高&火ドラ歴代最高更新となった。

原作は講談社「Kiss」で連載されている海野つなみ氏による同名漫画。求職中の妄想女子・森山みくり(新垣)が、独身会社員・津崎平匡(星野源)の家事代行として働くうちに、2人が従業員と雇用主という関係の「契約結婚」をしてしまう社会派ラブコメディー。エンディングで星野が歌う主題歌「恋」に合わせ、新垣らキャストが披露する通称・恋ダンスが話題に。また第6話エンディング直前に津崎がみくりに「突然キス」。SNS上で興奮、驚愕、悶絶、さまざまな声が上がり、話題騒然となった。

 第8話は、みくり(新垣)が突然、津崎(星野)の家から姿を消した。積極的なみくりに対し、拒絶するような態度を取ったことが原因だと考えた津崎は困惑。会社で2人の関係を見抜かれそうになり、悩ましい日々を過ごす。みくりの行方は家事代行に来てもらっている風見(大谷亮平)や仲の良い百合(石田ゆり子)も分からずにいた。その折、津崎は日野(藤井隆)から飲み会に誘われる。ひょんなことから津崎は、珍しく感情的になってしまう…という展開だった。

(スポニチアネックス)

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. レストランで「ワインでも飲もうか」という流れになり、ワインリストを手渡されたとして。 美味しくて料…
  2. ゴールデンウィークと言えばレジャーや旅行など、普段はできないことをやろう!という人が多いでしょう。し…
  3. カナダには、トロントやバンクーバー、モントリオールなど、日本人にも人気の観光スポットがたくさんありま…
  4. 暑さに負けず、流行にのって夏のおしゃれを楽しもう!- 楽しい夏がやってきましたね。 服装も、夏に…
  5. 群馬県前橋市にある赤城クローネンベルクは、赤城山麓を背景にドイツの街並みを再現した体験型テーマパーク…

カテゴリー

ページ上部へ戻る