Alexandros 川上洋平が映画初出演 英語教師役

2016-11-30

o0640045020161129_223912_size640wh_1299

ロックバンド[Alexandros]が主題歌を担当する映画『きょうのキラ君』(2017年2月25日公開)に、ボーカルの川上洋平が友情出演していることが29日、わかった。中川大志演じる主人公たちが通う高校の英語教師役。9歳から14歳まで海外に住んでいた語学力を生かして、英語のせりふを披露している。

同作は、映画化もされた『近キョリ恋愛』などで知られる、みきもと凜氏の同名漫画を映画化。学校中の女子が憧れる主人公を中川、ヒロインを飯豊まりえが演じるほか、葉山奨之、平祐奈が共演。『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』(10年)、『海月姫』(14年)などラブストーリーを多く手掛けてきた川村泰祐氏が監督を務め、[Alexandros]は主題歌「今まで君が泣いた分取り戻そう」を書き下ろした。

他人と関わることが苦手な“ニノ”こと岡村ニノン(飯豊)が、学校のクラスメイトで、誰もが憧れる“キラ”こと吉良ゆいじ(中川)に初めて恋に落ちるが、キラには誰にも言えない秘密があった。

当初、川上は日本語でせりふを言う予定だったが、川村監督のアイディアで急きょ英語に変えたところ、より演技が自然になったため、そのまま本番を撮影した。メガネをかけて撮影に臨んだ川上は「笑わないで観てください、すごく真剣に取り組みました。初の演技、たぶんもう観る事はないと思いますので、貴重な私の演技をぜひ楽しんでください」とコメントを寄せた。

(オリコンスタイル)

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 京都・寺町通にある「プティ・タ・プティ」というお店。 建物は伝統的な京町家、でもウインドウを覗けば…
  2. 昔は一歩外で出れば誘惑だらけだと言っていましたが今やネット通販も当たり前のように私達の生活に浸透して…
  3. 群馬県前橋市にある赤城クローネンベルクは、赤城山麓を背景にドイツの街並みを再現した体験型テーマパーク…
  4. なんだか、自分はいつも同じパターンで失敗しているとか、どうして同じような恋愛しかできないんだろうって…
  5. 海外の有名女性芸能人の中で注目されて、日本にもその効果が話題になった「ココナッツオイル」 キレイに…

カテゴリー

ページ上部へ戻る