上野駅に現れた「パンダPepper」の見た目がすごい!!

2016-12-1

l_tomomi_161201pepper08

東京メトロは12月1日から2017年3月31日までの期間限定で、上野駅にロボット「Pepper」を試験配置した。同社がPepperを導入するのは初めて。配置されたPepperは、上野のシンボルであるパンダに扮している。

配置場所は銀座線上野駅の上野公園方面改札口付近。設置時間は午前10時から午後5時まで。行先案内、駅周辺案内、無料Wi-Fi案内、Pepperとの記念撮影など、東京メトロ独自のアプリが導入されている。

対応言語は、日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、スペイン語、フランス語。通常モードと案内モードがあり、顔認識または胸に付いているタブレットをタッチすると、案内モードへと切り替わる。

パンダの装飾は東京メトロが独自に施したもので、ボディーのパンダ模様や笹のシール、頭部の耳が特徴。耳はしっかりと形を保ちつつも弾力性のある素材でできており、安全性に配慮されている。

(itmediaニュース)

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. やはり、彼氏ができたら自分の手料理を食べてもらいたい!という願望を女性は持ちますよね!でも、実際肉じ…
  2. 子供の頃、家族で潮干狩りに行って、めちゃくちゃ楽しかった!という記憶がある方も多いはず。 お子さん…
  3. 中国の中で、最も魅力的な都市のひとつ上海。日本からの直行便も増え、海外旅行としても気軽に行ける都市に…
  4. 世界的な歌姫、「ビヨンセ」が試して結果を出したと話題になっているという「マスタークレンズダイエット」…
  5. 弁当
    自分でお弁当を作って、職場や学校に持っていくという弁当女子も多いですね。自分のお気に入りの具材を詰め…

カテゴリー

ページ上部へ戻る