『ドクターX』第8話の視聴率は20.7%と好調!

2016-12-2

20161202-00000301-oric-000-1-view

女優の米倉涼子が主演するテレビ朝日系ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(毎週木曜 後9:00)の第8話が1日に放送され、番組平均視聴率が20.7%だったことが2日、わかった。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。

 第8話は、病院長の蛭間(西田敏行)が不在の中、副院長の久保(泉ピン子)は手術が極めて難しい肝臓がんの患者を受け入れる。その患者は、“最後の独身大物アーティスト”と称されるスーパースター・八乙女悠太(小西遼生)。八乙女の手術は、スーパードクターの北野(滝藤賢一)によって、ニューヨークでも1台しかないという最新機器とプロジェクションマッピング技術を使った最新の医療機器を使って行われることになった。

 ところが、八乙女の入院情報が世の中に流出してしまい、さらには内科部長・黄川田(生瀬勝久)が不用意に開いた添付ファイルから、病院内のコンピュータがウイルスに感染。手術中にプロジェクションマッピング技術が使えなくなってしまうという、あってはならない事態が続発する。大門未知子(米倉)によって患者は助かるのだが…。

私的感情で患者を受け入れた久保副院長、うっかりパソコンをウイルス感染させてしまった黄川田、社長の留守中に秘書に手を出してトップシークレットの情報をもらしてしまった西園寺(吉田鋼太郎)ら、一般的に起こりがちな企業リスクが題材になっていた。

 同ドラマは、初回(10月13日)の番組平均視聴率で20.4%を獲得し、今年放送された民放ドラマとしては一番の高視聴率でスタート。第2話(10月20日)は19.7%で、「第2シーズン(2013年10月期放送)の第3話以来の20%割れ」と話題に(ちなみに、第2シーズンのその後と、14年10月期放送の第3シーズンは全話20%超え)。第3話(10月27日)はプロ野球日本シリーズ中継延長のため50分遅れで放送されたが24.3%と今期最高を更新。

 第1シーズンから登場する鈴木浩介演じる外科医・原守が途中参戦した第4話は21.3%、遠藤憲一演じる海老名敬がゲスト出演した第5話と第6話は20.4%、21.5%、集団行動シーンが話題になった第7話は22.2%と高い視聴率を維持している(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

(オリコン)

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 京都・寺町通にある「プティ・タ・プティ」というお店。 建物は伝統的な京町家、でもウインドウを覗けば…
  2. 映画って楽しいですよね。 映画館の大画面で迫力満点の映像を楽しむのもいいし、お家で、リラックスしな…
  3. Malaysia
    私は韓国からマレーシアに移住しました。 まず、韓国人なのになんで日本語がしゃべれるかとよく聞かれま…
  4. UV対策
    「UVケア」と聞くと、お顔や肌の日焼け止めをイメージされるかもしれませんが、実は頭皮や髪の毛はお肌の…
  5. 一度は海外旅行、たとえば英語圏の国へ行って帰ってくると、「今度は英会話をもっと勉強してから行きたい」…

カテゴリー

ページ上部へ戻る