【鍋フェス】日比谷公園で「ご当地鍋フェスティバル」本日より 15万人の来場見込む

2016-12-2

1479949067

日比谷公園噴水広場で12月2日~4日、全国のご当地鍋や「アレンジ鍋」を提供するイベント「第3回『ご当地鍋フェスティバル@日比谷公園』」が開催される。

昨年は12万1810人が来場した同催し。今年は首都圏に住むファミリー層、日比谷周辺のビジネスパーソンやその家族、日比谷・有楽町が通勤経路となる人などを対象に、約15万人の来場を見込む。
会場では来場客の投票で「鍋グランプリ」を選定するほか、アイドルや大道芸人らのパフォーマンスも。

第1回、第2回の「鍋グランプリ」に選ばれた宮城県の「海のフォアグラあんこう肝鍋」のほか、静岡県の「マグロ兜鍋」、熊本県の「さくら鍋」、広島県の「牡蠣の土手鍋」、福岡県の「博多もつ鍋」などの出品を予定する。価格は未定だが、700円台が中心。

同フェスティバル実行委員長の柿沼正敏さんは「北風が吹いてくると恋しくなるのは温かな鍋料理。懐かしい故郷の鍋、家族だんらんの鍋、初めて食べた旅先での鍋など、鍋料理には誰しもほっこりする思い出があるのでは」と話す。

「日本各地の鍋に合う地酒も取りそろえている。全国の鍋をご堪能いただければ」とも。
開催時間は、2日=10時~20時、3日・4日=10時~17時。入場無料。雨天決行、荒天中止。

(銀座経済新聞)

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 背の高いあなたにオススメのファッション
    近頃の女子は平均身長が伸びて、スタイルもよくなったと言われますが、まだまだ167cmオーバーの女性は…
  2. 絵本を読む母と子
    食事への配慮はするけれど、まだ文字も読めない赤ちゃんに“心にも栄養を”と言われても、いまいちピンとこ…
  3. モテる
    あなたは今たくさんの男性からお誘いをうけていますか? 男性からモテると毎日がとても楽しくなりますし…
  4. 書道
    “美文字”という言葉は、もはや定着してきたこの頃ですが、なかなかきれいな文字って書けないものです。 …
  5. 朝起きて、今日も仕事だ~と気分がのらなかったり、友達や恋人、家族の問題であたまを悩ませていたり。社会…

カテゴリー

ページ上部へ戻る