「美容師」と「理容師」の違いは?

2017-7-13

生きているだけで髪は伸びるもので、筆者も先日床屋に行ってまいりました。
髪を切ってもらって、鏡を確認。やっぱり腕のいいお店だ……。と、ここで疑問が生まれます。

床屋さんって、美容師だっけ、理容師だっけ?
美容師と理容師って、何が違うんでしょう。設備? 人材? 雰囲気? それ以前に、どっちがどっちだ。そもそも違うのか?
気になった私は、ちゃんと真相を調べることにしました。

「美容師」と「理容師」との違い
美容師と理容師の違いは、法律によって厳密に決められています。
「美容師法」と「理容師法」というそのままな名前の法律が、それぞれ美容師と理容師が何たるかを定めています。
それでは、定義を探るため、それぞれの法律の内容を見てみましょう。まず美容師法。

「美容」とは、パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすることをいう。(美容師法第二条1項より)
美しくするから「美容」。「容姿を『美』しくすること」が仕事です。パーマ屋さんはこっちですね。

次に理容師法。
「理容」とは、頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整えることをいう。(理容師法第一条の二より)
整えることは「理容」。「整理の『理』」ですね。床屋さんはこっちです。

それぞれこのように定められており、法律的には全くの別物。共通点も多い職業ですが、厳密な区別がなされています。
ちなみに、それぞれの法律には「美容師でないと美容を職業にしちゃダメ」「理容師でないと理容を職業にしちゃダメ」という文意の条文があります。
つまり、基本的に美容師が顔をそったり、理容師がパーマをかけたりすることは、厳密には法律違反なのです。

でもそれって不便すぎない?
顔のそれない美容師に、パーマのかけられない理容師。これでは余りに不便。お客さんも満足しません。
そういうわけで厚生労働省は2016年、美容師が理容師免許を、理容師が美容師免許をそれぞれ取得しやすくなるよう、資格の取得基準を改める決定を出しました。ダブル資格者を増やそう、ということです。
美容師・理容師学校は通学の場合、それぞれ2年過程。つまり、今までは両方取得のために合計4年かかりました。
今回の緩和により、もう片方の資格取得が1年で済むようになるとのこと。つまり、最初の資格2年+もう片方1年の合計3年で美容師・理容師両方の資格が取得できるようになります。
この制度、早ければ2018年度に運用が始まるそうです。美容師・理容師両方の資格を持つ人材が増え、これまで以上に上質なサービスを受けられるようになるでしょう。

美容師・理容師両方の資格を取るには
実は、今までも4年かけずに美容師・理容師両方の資格を取得することは可能でした。どんなカラクリなのでしょう?
これまでの制度で必要なのは「合計4年」。つまり、美容師過程と理容師過程の期間を重ねれば、4年をかけずに両方の資格を取得することが可能なのです。具体的な方法は、同じ専門学校の昼間過程と通信過程への「ダブルスクール」。実際にこのような仕組みを取り入れている専門学校は、少数ながら存在します。

今回はそのような学校の1つである、鹿児島県理容美容専門学校(RIBI)に電話取材を行いました。

――今回の規制緩和をどのように捉えていますか。現行制度に有利な貴校の運営に影響は?
RIBI:「制度の緩和は、学校の運営には問題ないと考えています」

既に短期間での両資格取得の仕組みを整えているRIBI。「正直たまったもんじゃないのでは」と思っていた筆者には意外でした。そして――。
RIBI:「逆に両方の資格を取りやすくなることによって、それらの職業を目指す生徒たちのプラスになれば、それが一番です」

容姿をつかさどる美容師や理容師は、責任感が必要な職業。誇りある仕事として、より高みを目指すために両方の資格を取るのです。そんな生徒を応援することが、学校の一番の願いとのことでした。
美容師と理容師は、法律的には全くの別物ですが、互いに近づきつつあります。そんな両者を兼ねる、誇り高き人材が今後増えることでしょう。期待がふくらみます。

(ねとらぼ)

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. レッドコーデ
    この時期には絶対着たい「レッド」!! でもどう着こなそうか?と迷うカラーでもありますよねー! 今…
  2. 突然ですが、あなたの普段使いのバッグ、重いですか?それとも軽いですか? 実は、私のバッグは先…
  3. ネイルアート
    気軽に指先のオシャレが楽しめるネイル。でも、毎回ネイルサロンに足を運ぶと出費が地味に辛いな・・・だけ…
  4. 手ぬぐい
    一枚持つと、普通のハンカチでは物足りなくなる「手ぬぐい」。 使うほどに手触りも吸水量もよくなるし、…
  5. 洋服選び
    女性が「初夏に着たい!」といえば、柄のものが先ず浮かびますよねー!! 今回はデザインやテキスタイル…
  6. 朝に目覚めの一杯としてコーヒーを飲む人って多いですよね! そのコーヒーをダイエットできるコーヒーに…
  7. ワンランク上のバーベキュー
    寒い冬が終わればアウトドアシーズンの到来です。春先の4月末から夏場の8月末にかけてはやっぱりバーベキ…
  8. スイーツ
    ○見たら胸きゅん間違いなし! よそのお家にお邪魔する時に手土産を何にしようかと毎回悩みませんか?そ…
  9. 大流行中のプラセンタ。 みなさんはどのようなものを愛用されていますか? プラセンタと一口に言…
  10. なりたい職業
    皆さんは、小さな頃どんな職業になりたいと言っていましたか? 身近にはあまりいないような、ドラマや漫…

カテゴリー

ページ上部へ戻る