「抱かれたい男ランキング2017」 は?

2017-7-20

『週刊女性』2年ぶり4回目の人気企画「抱かれたい男グランプリ2017」、ここに開幕! 週刊女性ウェブ『週刊女性PRIME』ほかで6月中旬~下旬にアンケートを実施した。成人女性1200人の艶めく本音やいかに?
ここでは、各部門(俳優部門、ジャニーズ部門、お笑い部門、OVER50部門、外国人部門、そのほか)の得票数を合計した総合ランキングを発表!

1位:斎藤工/111票(前回4位)
前回4位だった俳優・斎藤工(35)が初のトップに!

「あの顔と声と身体。どんなシチュエーションでもかまわない」(50代・会社員)、「映画『昼顔』、とてつもない色気を感じました」(40代・主婦)、「カッコいい。エロ気とフェロモンがすごい」(20代・大学生)
名実ともに“セクシー俳優”の座をひとり占め。

2位:羽生結弦/104票(前回6位)
2位はフィギュアスケートの羽生結弦(22)。前回6位から、4回転のジャンプアップ!

「あの清くて美しい羽生くんのすべてを見てみたい」(20代・主婦)、「身体の線が美しいので裸体を見てみたい」(20代・自営業)などと美しさ、ストイックさ、しなやかな身体などを理由に挙げる女性多数。

3位:ディーン・フジオカ/86票(初登場)
前回はまだブレイク前だったディーン・フジオカ(36)が、3位に初登場。

「あの男らしく、落ち着いた雰囲気でリードしてくれそう」(40代・主婦)

4位:木村拓哉/84票(前回2位)
4位にやっとジャニーズが登場。前回2位だった俳優・木村拓哉(44)がこの位置とは、寂しい限り。

「木村拓哉が日本一カッコいい男だから!」(40代・主婦)、「最近の生きざまを見るにつけ、男だなと思う」(30代・会社員)

SMAP解散も何のその!? “ブレない” “芯がある”など、キムタクの信念に心酔する声も。

5位:ジョニー・デップ/81票(初登場)
5位には米俳優ジョニー・デップ(54)が。

「カッコよすぎ。船の上でやりたい」(20代・主婦)

6位:佐藤浩市/80票(初登場)
6位には、大人な俳優・佐藤浩市(56)が貫禄のランクイン。

「いくつになってもカッコいい! 渋い。色気がダダ漏れ」(40代・主婦)

7位:高橋一生、徳井義実(チュートリアル)/各71票(ともに初登場)
7位には今年上半期にブレイクした俳優・高橋一生(36)とお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実(42)が同時ランクイン。

「後ろからハグされながら、イケボでささやかれたい」(30代・公務員)

高橋の低音ボイスと笑いじわに女子はクラクラ。一方、徳井には、

「ちょっと変態で女好きだから、明るく変わったことをしそう」(30代・自由業)

9位:長瀬智也(TOKIO)/70票(初登場)
9位にはTOKIOの長瀬智也(38)が食い込んだ。総合でのトップ10入りは初。

「30代後半になり一段と男の色気が出てきた。テクニックもかなりのものかと♪」(40代・会社員)

10位:福山雅治/69票(前回9位)
10位には俳優・福山雅治(48)。前々回(’14 年)は2位だったが……。

「若いころから大ファン! 昼顔でもいい(笑)」(30代・会社員)、「大人として、ゆっくり楽しませてくれそう」(30代・会社員)

医師でコメンテーターのおおたわ史絵さんは、この結果について、

「正統派な二枚目が強い年になりましたね」
お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイさんは、

「“旬の人”がちゃんと入ってますね。高橋一生さんとか。こういうランキングって“福山・キムタク”ってイメージだったんですが、だんだん変わってきているんですね」

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ファッションには季節のトレンドを取り入れているのに、メイクはいつもと変わらない・・・そんなことはあり…
  2. ダイエットや健康に気を付けてエクササイズをするのはオススメですが、毎日1時間も2時間もかけてすること…
  3. 北海道の見所
    北海道は札幌雪祭りなどの影響からか冬のイメージが強いですが、実はゴールデンウィークでも見どころ満載な…
  4. 連休は家でゆっくり過ごしたい
    旅行や帰省、行楽地へ出かける人たちで、ゴールデンウィークは各地で混雑しています。人混みが苦手な方や、…
  5. 日本に一時帰国するたびに、日本の素晴らしさを再認識します。そしていつも感銘を受けるのは、サランラップ…
  6. 女性にとって憧れのウェディングドレス。どれを着ようかと選ぶときはまさに楽しくて仕方ないものです。ただ…
  7. 書道
    “美文字”という言葉は、もはや定着してきたこの頃ですが、なかなかきれいな文字って書けないものです。 …
  8. 脱毛 足
    今から1年前、念願だった脱毛に通い始めました! 昔から自分のムダ毛が本当にコンプレックスで、約…
  9. トースト
    ○少しのアレンジで大変身! 朝食やブランチなどで食べることが多いトースト。玉子とベーコンを焼いてサ…
  10. 東京という町が経済都市であるならば、京都は日本の文化都市。年間5162万人(2013年)外国人観光客…

カテゴリー

ページ上部へ戻る