結婚だけが幸せではない!独身女性が結婚しないと決めた5つの理由

  • 2015/8/18

今の時代は絶対に結婚しなければいけないというわけでもなくなってきました。都会であればあるほど未婚率は高く、必死で独身女性が婚活をしているかと思えば実際はそうでもなく、好きなことを好きなだけやりとても忙しくイキイキと過ごしている方もたくさんいらっしゃいます。そこで今回は結婚をしないと決めた理由を5つにまとめてみましたので少しご紹介していきましょう。

もともと子どもが好きではなかったので
とにかく自分のことで精一杯なのに子どもを育てるなんて考えられないし実はもともと子どもが好きではない、もしくは苦手で子どもにも上司と話すように敬語で話しをしてしまうという女性もいます。子どもが苦手で趣味や仕事で忙しい、とにかく今を生きているので後のことは後で考える結婚はできなくても構わないという意見でした。とにかく今が楽しいようで、後悔をしたくないという理由が強かったようです。

とにかく恋愛体質でひとりの男性を一生愛するのは難しかったから
いくつになってもひとりの男性だけも愛せる性格に変われることはなかったので相手に迷惑をかけないためにも安定より、いつまでも恋愛をしていくことに決めたという女性もいるようです。とにかく恋愛体質でどこへ行ってもモテてしまう、そして自分からも素敵な人を見過ごすことが出来ず声をかけてしまうので結婚は考えられないそう。

自分のためだけに自由にお金を使えるから
ショッピングが大好きで、仕事のストレスは買い物をして解消するのが当たり前。家庭に入って自由にお金が使えなくなることは耐えられない、生き甲斐がなくなってしまうという女性も少なくはないようで、特に都会に住んでいる方に多くみられます。自分がそういうタイプだとわかっているからこそひとりでいることを選べる、そこに女性の強さを感じますね。

仕事を制限されるのは耐えられないから
今まで仕事一筋でやってきて、結婚をするから突然辞めることや産休や育休を取って煙たがれるのは耐えられない。今の仕事が大好きでこれからもっとキャリアアップしていきたいという女性も今は本当に多いようです。結婚しても働きながら家庭を守ることは不可能ではないでしょうがみっちり仕事をするとなかなか難しいといえるかもしれません。

この人だ!という男性に出会えなかったから仕方がない
絶対に妥協はしたくないし、好きな気持ちがないままお付き合いもしてみたけどやっぱりダメだったと言う女性もいらっしゃるようです。綺麗事ではなく一生一緒にいるなら愛がなければとても難しいですよね。適当に勢いで結婚をしてすぐ離婚となればとてもダメージもでかくなります。

いかがでしたでしょうか。周りがどんどん結婚をしていくと、皆と同じでない独身女性を違うものを見る目で見てくる人もいますが自ら決めたのであれば誰も文句は言えません。ただただイキイキとしていれば問題ないのですから。もしあなたがどうしても結婚は嫌で、老後もひとりがいいと決めたならば是非参考にしてみてください。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. イタリア
    20代の頃とは違って30代からは少し大人の旅行をしてみませんか?大人の旅行と言っても色々とありますが…
  2. サイクリング
    ちょっと体を動かしただけで汗ばむ季節になりました。こんな季節だから、外に出て何か新しくスポーツを始め…
  3. やはり、彼氏ができたら自分の手料理を食べてもらいたい!という願望を女性は持ちますよね!でも、実際肉じ…
  4. コーヒー
    女の子って、カフェ好きですよね。 何を隠そう、私もカフェが好きで一人で入り浸ることもあります。 …
  5. San Francisco
    日本を離れて海外に住みたい女性が増えているという現実を皆さんはご存知でしょうか?「サンフランシスコの…
  6. アレクサはすっきりスマートで、ジャケットやレトロ感のあるワンピースが好きなようで、よく着ていますよね…
  7. 万年筆。使ったことありますか? なんか仕事デキる社会人って感じしませんか? 何を隠そう、デキ…
  8. 2015年の流行です。 トレンドのキーワードを5つピックアップしてみました。 【その1 昆虫…
  9. 結婚
    もう長くお付き合いをしていてそろそろハッキリと結果を出したい。 彼がその気でなくてダラダラと同…
  10. チョコレートケーキ
    みなさん甘いものはお好きですか?おなか一杯食べてもデザートは別腹という方も多いのではないでしょうか?…

カテゴリー

ページ上部へ戻る