身体や心が疲れた時には セルフリフレクソロジーがおすすめ!

  • 2016/3/7
リフレクソロジー

仕事や子育てなどで、心身ともにすりへってきたな~と感じている方は多いと思います。

そんな時、旅行に行ったり、スポーツをしたりなど、マッサージをしてもらったりと色々なストレス解消法がありますよね。

でも、自分で足裏をマッサージするセルフリフレクソロジーを行うと、自宅で簡単に心身ともにリラックスできちゃうんだ。

ここでは、自分で足裏をマッサージをするセルフリフレクソロジーの効果とやり方について、私の経験も含めながら、お調べしたことをご紹介しちゃいます!

最近疲れがたまってきたな~と思っている方は、ぜひこの記事を読んで、セルフリフレクソロジーを実践してみて下さいね。(^^)

疲れた時はセルフリフレクソロジー!その効果とは?

自分で足裏をマッサージするセルフリフレクソロジーにはどんな効果があるのかというと、足を優しくもむことにより、身体全体の血行が良くなり、代謝が良くなることによってむくみも解消され、身体や心のストレスも解消されますし、ダイエットにも効果的なんですよ。

また、足をもむことにより、身体の機能が改善され、リンパの流れもよくなり、免疫力も向上するなど体に良いことばかりなんです。(^^)

セルフリフレクソロジーのやり方とは?

まず、マッサージをする前に準備しなくちゃいけないのが、マッサージするときにあたると痛いので、爪は短く切っておくこと。
 
さらに、足裏にはクリームを塗って、マッサージしやすくしておきます。

最初にご紹介するのは、ストレス解消に効果的なセルフリフレクソロジーです!

足の裏の真ん中の少し上の部分の一番へ混んでいる部分を、深く息を吐いたりすったりしながら、ゆっくり指で押したり、戻したりを5回くらい繰り返します。これを両足ともおこないます。

これを夜に行うと、心身ともにリラックスすることができ、ぐっすりと眠ることができますよ。

次にご紹介するのは、肩こりに効果のあるセルフリフレクソロジーです!

まずさいしょに、足の表部分の小指と薬指の間から、足首に向けてゆっくり指でマッサージしていきます。

ここは、押すと痛みを感じる場合がある敏感な部分なので、あまり強く押しすぎないようにしましょう。

足の表のマッサージが終了したら、今度は足裏の同じく小指と薬指の間から足首に向けてゆっくり指でマッサージをしていきます。
足裏は足の表の時より、少し力を込めてマッサージすると、より効果がありますよ。
肩がガチガチにこっているときは、このセルフリフレクソロジーを実践すると、血行が良くなり、コリも改善されますよ。(^^)

<まとめ>

上記でご紹介いたしました、セルフリフレクソロジーのやり方は、どちらも簡単にできるものばかりなので、ストレスがたまって疲弊しているときや、肩こりがひどい時などに、夜、ゆっくりとご紹介している方法で、マッサージしてみて下さいね。(^o^)/

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 日々のストレスなどで自律神経を壊す人が増えています。特に女性心身のバランスをくずしやすいもの・・・今…
  2. シフォンケーキとコーヒー
    オンザデッキ バーラウンジ(福岡) 福岡県福岡市博多区博多駅南1-9-18 1F http://…
  3. 脱毛
    剃っても剃っても生えてくる無駄毛を我慢していましたが友達が脱毛サロンで処理したらとても楽になったとい…
  4. 英語を話す
    皆さんは突然の外人さんの訪問で英語が喋られたらと思ったり道で外人さんに話しかけられた時にアタフタして…
  5. 子供のかんしゃく
    晴れても雨でも嵐でも 育児は続くよどこまでも 子どものかんしゃくには、尾木ママになるべし<その1>…
  6. 分け目をかえるたびに、たまに、光り方がちがう毛が混じっていることが。個人差がありますが、早い方だと、…
  7. 老舗旅館の女将さんや、インタビューをうけるタカラジェンヌを見ていて気がついたことがあります。  そ…
  8. 国際結婚
    国際恋愛にあこがれたことはありませんか。外国人男性には日本人男性にない魅力があったりします。国際結婚…
  9. 入浴剤
    毎日の入浴を少しでも楽しい時間にするためにお気に入りの入浴剤を使うのは、心躍りますよね!! 今回は…
  10. 家で映画を見るカップル
    雨を題材にした映画は数多あります。 忘れ難い余韻を残す、雨、の映画たち。 アクティブな毎日を…

カテゴリー

ページ上部へ戻る